介護にまつわる社会的問題

潜在介護士が現場復帰しないと考える理由を徹底解説します【制度次第】

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し老健に勤務しました。

今はフリーランスとして作家活動やマーケティングやアフィリエイトをしています。

でも時期には現場復帰するつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【完全版】『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリット・活用方法をまとめて解説このページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

先日以下のようなツイートをしました。

 

潜在看護師や介護士を現場に動員して欲しいという思惑がありますが、これはっきり言って「自己犠牲を求めている」という事ですからね

命の保証もできない中で結構無責任な要請だと思います

人の善意や使命感や責任感につけ込んで悪質だと看護師協会の動きを見て感じました。

 

今回は上記のツイートに関して解説していきたいと思います。

相当な国の制度の改変や給料向上がない限りは難しいと思っています。

業界の意には反する現実があります。

潜在介護士とはなんなのか?

 

潜在保育士というのは結構メディアに取り上げられて大きな社会問題になっています。

保育士だけではなくて介護士も多くの潜在的人材がいます。

・結婚や出産や育児を理由に介護士の仕事を辞めてしまった

・経済的な理由で収入の高い仕事に転職した元介護士

・現場経験はないけど介護福祉士や初任者研修の資格を持っている人

これらの人が現在介護現場に働かずにいます。

その数は膨大で現在介護士をしている数より多いのではないか?と思います。

それほど介護士という仕事の入れ替わりは激しいです。

本当にもったいない話です。

現場での経験や知識があるので教育的コストが低いですし、貴重な人材です。

現状の潜在介護士はどれぐらい現場に復帰したいのか?

 

潜在介護士を対象にした調査が2018年に行われました。

現在の就業状況を聞いたところ、「何の仕事にも就いていない」と応えた人が少なくなかった。介護職の経験がある人で40.9%、経験のない人で36.3%。また、現在働いている人に職業を尋ねると「専業主婦」が最も多かった。このため日本総研は、「潜在人材」には結婚や出産などで離職した女性が多いと分析している。
 
「潜在人材」に介護職として働きたいか問うと、「働きたくない」が半数以上にのぼっていた。ただし、「すぐにでも働きたい」「いつか働きたい」という人もいる。経験ありが47.3%、なしが35.6%だった。性・年齢別にみていくと、30代以下では男女ともに就業意向を持つ割合が5割超となっている。60代の男性の29.2%が「すぐ・いつか働きたい」と答えており、高齢層に関心を持つ人がいることもわかった。

 

「潜在介護士は現在何をやっているか?」という疑問に対して、介護職の経験がある人で40.9%、経験のない人で36.3%が、現在は何も仕事はしていないとのことです。

現在介護の仕事をしていない人の場合、他の仕事についているひとは6割程度しかおらず、残りは皆単純に働いていないという結果です。

個人的にこの結果は意外なものでした。

でもそれでも半分以上の人が他職種に流れていることにもなります。

この現在働いていない人の多くは専業主婦とのことです。

確かに以前の職場の同僚でも結婚を機に専業主婦になった人は多いです。

非常に日本的な感じですけど、共働きをするに当たって介護業界を選んでいたのか?というのは非常に気になります。

でもこのデータでは復帰したいという意見もあったので、大いに期待することができます。

結婚・妊娠・出産・育児で介護職を離職する人が多い理由【仕方なくないです】 どうもたんたん(@tantan4423)です。 現在はフリーランスとして生計を立てていたのですけど、出版の関係で時間が足りなくてフ...

潜在介護士が現場に復帰しない理由

 

 

ここでは潜在介護士が介護現場に復帰しない理由を解説していきます。

理由としては以下の通りです。

・現在の仕事の収入より下がってしまうから

・不規則なシフトが不都合

・コロナウイルスの影響でリスクの大きさを感じている

それでは解説していきます。

 

現在の仕事の収入より下がってしまうから

 

僕の知り合いの他職種に転職した元介護士の方と話すことがありますけど、以前よりも収入を上げた人は多いです。

そんな人が給料を下げるというリスクを負ってまで介護業界に戻ることはなかなか考えづらいです。

お金を理由に介護士を退職した人は仕事においてお金を大事にしています。

収入が下がってしまうことはその分生活におけるリスクが高くなってしまいます。

・今の家の家賃を払うのが苦しくなる

・人生設計に大きな支障をきたす

・結婚や子育てに対する見通しが外れてしまう

今現在の仕事に満足する人はわざわざ転職する必要ないです。

ましてや年収が下がる転職をする人は、リストラや倒産がない限りはしません。

お金を理由に転職した人は基本的に介護職に戻ることは考えづらいです。

介護士で給料が少ないので他職種に転職した尊敬していた上司を見て感じたこと どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

不規則なシフトで家庭のことが厳かになると思っているから

 

先ほど専業主婦になった人結構多い話をしましたけど、現場に戻って不規則な勤務をするとは考えられません。

それなら扶養の範囲に入ったほうがいいみたいなこともあります。

共働きで不規則な働き方をするには生活の形態を大きく変える必要がありますし、現状そこまで困ってない人は帰ってくることはないと思います。

もちろんシフト固定みたいな働き方もできるので復帰しやすいです。

でもそれ以上に無理して働いて家のことをするのは大変ではあるんですよね。

個人的には家のことをしたい人はシフト固定で高い時給で最低限度の出勤で抑えたほうがいいと思っています。

そういう意味では派遣は非常にオススメです。

既婚者で介護派遣をすることは悪くない理由を解説していきます どうもたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 最初の...

コロナウイルスの影響でリスクの大きさを痛感した

 

これはここ最近の考え方ですけど、コロナウイルスによって働き方における考え方は大きく変わりました。

「自分を守るためにはリスクの低い仕事をする」ということが大事ということです。

多くの介護士や医療従事者が死の危険もある感染症の危険にさらされています。

その状況で「介護士に戻りたい」という思いを打ち砕かれた人も多いです。

現在介護士として働いている人も「リモートのある仕事をしたい」と思っている人も多いです。

そんなリスクのある仕事をしているのに、不規則で低賃金というのは潜在介護士は今まで以上に戻りたくないと思います。

こればかりは時代の流れによりもので仕方ないと思います。

介護士はリモートワークできるスキルを別に身に付けた方がいい話介護士はリモートワークが出来るスキルを身につければ選択肢が広がり、安心して生活できるようになります。具体的なスキルや出勤をしないといけない仕事に依存しない方がいい理由を解説しています。...

潜在介護士に現場復帰してもらうためにはお金です

 

「潜在介護士に現場復帰して欲しい」というのは介護現場からしたら切実な願いです。

しかし現実的には厳しいと思います。

少なからず今の現状から変化することで状況も変わってくると思います。

収入を理由に介護職を離れた人は介護職の収入が上がって今の仕事より高くなれば戻ってくる可能性もあります。

「お金で動くなんて介護士失格」と思う人もいますけど、現実問題世の中お金です。

お金が潤っていない業界は人手不足になりやすいですし、どんどん衰退していきます。

業界の質は中の人間の優秀さだけではなくて数を揃えられるのか?ということに尽きます。

高い年収が潜在介護士を現場に戻してくれます。

介護士不足の問題はお金があれば一発で解決する理由を解説します どうもたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 最初の...

 

一回離れた人材を復帰させるのは困難です

 

個人的にはお金以外の物で潜在介護士を現場に戻すのは難しいと思います。

それほど多くの人がお金をモチベーションに労働をしています。

お金がないことで大きなストレスに変わりますし、ストレスで人間関係が破綻するところを多くみてきています。

介護士の労働環境の悪さや人間関係の問題はお金に起因しているのではないか?と思います。

そういう現場にお金なしで復帰するのははっきり言って難しいです。

逆にお金なしで現場復帰してくれると思っているのは、大きな勘違いです。

お金がないならその分の労働量を少なくするとか、シフトに融通を利かせるということをすべきです。

今の崩壊した現場に人を戻したところですぐ離れていきます。

そもそも今いる人材を大事できない時点で戻ってくる人がかわいそうです。

戻ってくる人の不安を潰せないと人材は離れていきますし、帰ってこないです。

そういう施設はたくさんあります。

戻る場合は介護士を大切にしてくれる施設を探すことが大事です。

以下の記事はその時の参考になると思います。

【まとめ】絶対に働いてはダメなブラック介護施設の21の特徴を徹底解説このページでは働かない方がいい「ブラック介護施設の特徴」について解説しています。この記事で紹介する項目が多く当てはまる施設で介護士が働くと不幸になってしまうので、この記事を読んで避けて欲しいと思っています。...

 

現場復帰した人は施設選びに時間を使おう

 

介護職は比較的低賃金で整っていない福利厚生で働いている人が多いのですけど、中にはしっかりした給料と福利厚生がある施設も存在します。

なのでそういう施設に行き着くまで転職を重ねる事をオススメします。

「転職を何回もすると履歴書に傷がつく」という声があるのですけど、その時は派遣を使っていろんな施設で働いてみるのがいいと思います。

中の職員に年収や福利厚生の事を聞いて「ここいいな」と思ったら派遣会社に「ここで正社員で働きたい」

僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。

その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。

特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。

僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。

僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

【完全解説】介護派遣のメリット・デメリットを実体験から書いていきますこのページでは介護派遣を活用して年収をアップさせた経験から、介護派遣のメリット・デメリットや上手に活用する方法を解説しています。...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

【完全版】『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリット・活用方法をまとめて解説このページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

マイナビ介護職

マイナビは転職の王道中の王道。
 
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
転職に安定性を求めたい人はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 
 
マイナビ介護職の特徴

  1. 大手で非常に安心できる
  2. キャリアカウンセリングが非常にありがたい
  3. 大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側の信頼が絶大

大手の安心感が欲しい人は「マイナビ介護職」がオススメです。

「マイナビ介護職」について詳しく知りたい方は別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

『マイナビ介護職』の評判・口コミはどうなの?現役介護士が解説します『マイナビ介護職』の「評判」や「口コミ」や「サービス概要」を現役の介護士の視点でまとめた記事です。転職エージェント選びをしている方は参考にしてみてください。...

 

 

 

きらケア介護派遣

 
きらケアは転職の王道中の王道。

 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【まとめ】『きらケア介護派遣』の口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...
 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・潜在介護士は多いけど、戻ることは期待できない

・何故離れたのか?ということを考察して要因を解消しないといけない

・一番の対策方法はお金

・復帰したいけど不安材料が多い

潜在介護の復帰も大事ですけど、いかに離職させないような経営の方が大事です。

潜在介護士がここまで多いのも大きな問題ですし、何かしら介護士という仕事に不安があるのでしょう。

その問題を解決せずに人を集めるのはきてくれる人にも失礼です。

でも中には介護士のことをしっかり考えて運営している施設もあります。

そういう施設を探し当てれば復帰後も心地よく働けると思います。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

 

正社員として働きたい介護職の人は「マイナビ介護職 」をお勧めします。

 

マイナビ介護職に無料登録