介護士が仕事を休めない現実について月に一回有給を取得している僕が思ったことを書いてみる

 

f:id:fukai19930806347:20180906141055p:plain

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

 

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

 

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

 

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

 
今回は介護士がなかなか仕事を休めない問題について思っていることを書いていきたいと思っています。
 

施設には高齢者がいるので仕事を休みづらい現実

 

介護士で仕事を休むということは現場にいる高齢者のことを見捨てる後ろめたい感じになってしまうかもしれません。

 

実際に介護士が一人休むことによってその分補充をしない限りは一人の高齢者の支援に関わる時間も減っていくのは事実です。

 

介護じゃなくて保育でも1日休んだだけでお菓子を持ってきて「おやすみいただきすみません」と一言を添えています。

 

気持ちはわからなくはないですけど、さすがにそこまでやる必要性はないような気がします。

 

それほど人手不足ということもあって一人の介護士にかかる負担と責任が増しているように思えます。

 

相手は人間なので無下にしたくないという気持ちは分からなくはないです。

 

そもそも数人休んだだけで現場が混乱してしまうような施設が多くの高齢者を受け入れて介護をするということ自体がどうかと思っています。

 

やっぱり離職率を下げる意味でも、新規参入者を増やす未来のことを考えてももっと気楽に休みを取れる環境を職場が作っていくべきだと思っています。

 

介護士が仕事を休んだからといって責任は問われない 

 

そもそも仕事を休むということは労働者としての権利です。

 

なので権利を行使したら責任を問われるということが起こってはいけません。それが当日や前日に休むことになったとしても。

 

誰かが休んだことによって大きな問題が起こった際はその現場の穴埋めをしなかった施設側の責任であって個人に対して向けるものではないと思っています。

 

ちなみに休んだだけで責任を背負うように脅迫された場合は即労基に行って報告したり証拠を残して脅迫罪として訴えるのもいいと思います。

 

労働者は給料を得るために仕事をしているわけであって、施設の都合のようように扱われるために職場に行っているわけではありません。

 

有給が支給されているならそれを使うのは労働者の義務であり、権利ではあります。もちろん仕事を休むことは法律的には反していません。

 

もちろん休む時は連絡を入れてください。

 

介護士は責任感が強すぎるからなかなか休むことができないし、休んだ時に罪悪感を抱いてしまうかもしれません。

 

労働者に心地よく働いてもらうための有給なのに、休んだら心地悪くなってしまうのは意味がないと思います。

 

まず職場で休みを取りやすい雰囲気作りをしていくべきだと思います。

 

いくら福祉の仕事だと言っても休みを取れない雰囲気は壊していくべき

 

僕は島根で正社員で働いている時からほぼ毎月有給は消化していました。

 

なかには有給を40日MAX溜め込んで次の年に20日消している、ベテラン介護士がいました。

 

有給は働かずしてお金をもらう制度です。時給1500円の人の場合は年20万円という大金をドブに捨てるようなもんです。

 

それを会社が取らせてくれないということは会社が一ヶ月に渡る給料を盗もうとしているのと同じです。

 

現場が大変とかそういう問題ではなくて、基本有給を拒否することは違法です。それを切り離して考えた方が休みやすくなると思います。

 

ちなみに誰か一人が積極的に有給を消化し始めると「あいつ羨ましい」となって他の人も有給を取るようになります。

 

僕が積極的に有給をとっていたら近くの若い人はみんな有給を一気に取り始めました。

 

結局誰かが休んでいい思いをしているのをみると「あいつだけずるい。俺もする!」という人が出てきます。

 

もちろん中には「あいつだけずるい。頭おかしくない?私こんなに頑張っているのに」って思う人もいるかもしれないです、

 

でも休む人が増えてくれば休むことが当たり前になってくるので職場の風通しもよくなると思っています。

 

介護派遣なら気軽に休みを取ることができる

 

休みを取ることにきをそこまで使いたくないと思う人は派遣介護士で働くことをオススメしたいです。

 

冒頭に書いたのですけど僕は今現在ベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっています。

 

派遣という立場なので給料をもらうのも有給をもらうのは施設ではなく派遣会社のほうです。

 

派遣なので有給をとった時に派遣先の人に変なことを言われたりしたらすぐ他の施設に行くことが可能です。

 

派遣会社側も別に派遣先で働いているので有給申請したら拒否する理由がありません。

 

大手なので案件の数が多いので、休みに寛容で自分を必要としてくれる施設の数はとても多いです。

 

福利厚生も社保と厚生年金を受けることができるので常勤で働くのとそんなに差がありません。

 

時給にしても1500円が普通なので20日働けば手取りで20万をいただくことができます(夜勤をすれば夜勤手当分増加する)

 

都内での介護派遣の美味しさについては別の記事に書いてありますので良かったら一緒に読んでみてください。

 

 

中には特別案件という普通より単価が高い案件があるのですけど、登録会に参加すると非公開案件がメールで送られてきます。

 

あとは人がたくさん入れ替わりする時期に時給が上がったりします。詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

 

 

実際に利用して感じたことを記事にしていますので一緒に読んでいただけるとリアルを知っていただけると思っています。

 

 

介護派遣だと休みが取りやいですし、時給も高くなって普通に窮屈な思いをしながら働くより合理的だと思っています。

 

休みを取るか取らないかは自分次第

 

基本自分が「休みます」と言わないと休みを取ることができません。

 

それをお客様(入居者)がいるということで後ろめたさを感じる必要はないです。

 

入居者を入れているのは施設側ですし、支援をするために十分な人材を補給していないのも施設の落ち度です。

 

誰も休まないことを前提に業務を作っているのもどうかと思います。

 

誰かが休んで問題が起きたら施設側の責任です。個人がそこまで考える必要ないですし、誰にも文句をいう資格はないです。

 

結局介護士側がいいように施設に搾取されているだけです。そうならないためにも自分の権利はしっかり主張した方がいいと思います。