介護派遣は派遣切りをされたところで痛くもかゆくない理由と書いていきたいと思います

 

f:id:fukai19930806347:20180903003947p:plain

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

 

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

 

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

 

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

 

今回の記事はそんな僕が今している介護派遣についてです。

 

他業種では派遣は常に「切られるのではないか?」という不安と戦っているという話をよく聞きます。

 

もちろん僕も派遣として働いているのでそういう部分もあるかもしれないですけど、切られることに対しての不安は全くと言っていいほどないです。

 

 

介護業界は空前の人手不足で多くの人材が欲しい状態

 

現在は30万人以上の介護士が不足している現状で、どこの施設も介護士を求めている現状です。

 

人間的に相当な問題があって施設に過大な損害を与えるようなことがなければ派遣切りをされることはないとは思います。

 

僕のしている夜勤専従に関しては介護職が少ない夜を任されるので緊急時の対応や確実に業務を時間内にこなせる人材である必要があるので評価はされますね。

 

介護夜勤の内容が知りたい方は別の記事がありますので一緒に読んでみてください。

 

 

夜勤専属する人はそこまで多いわけではないので普通に働きたいと思ってる人は基本切られることは少ないと思います。

 

派遣の場合は施設側も職員に給料を払う以上に多くのお金を払って派遣してもらっているのですぐ切ってすぐ新しい人に来てもらうのは人件費がかさんでしまいます。

 

そういった人手不足と介護業界に多くのお金が回っていない現実から普通に働いていれば切られることはないです。

 

失業保険の点に関しては会社都合になりにくいので不利になりますけど、それよりも精神的に穏やかに働ける方が僕は大事だと思っています。

 

失業保険があったとしても派遣切りが頻繁に起こる業界だとプランを立てて生きていくことが難しくなってきます。

 

出来るだけ切られないような業界にいる方がいいと思っています。

 

人手不足というのは雇う側の問題であって現場で働く方は給料も上がりやすいですし、首を切られづらいので働きやすさは上がるのではないでしょうか?

 

介護の仕事は一度スキルや知識を身につければ重宝してくれる

 

介護士の仕事は手に職の状態です。

 

僕の場合は特養で3年がっつり常勤として働いていたので、他の施設出身の人よりかは現場におけるスキルは高い自負を持っています。

 

 

まだ介護福祉士の資格は持っていないですけど、近いうち試験を受けて取りに行きたいと思っています。

 

資格だけでなく実務での経験さえあれば基本的にどこの施設も自分のことを貴重な戦力として見てくれるようになります。

 

人手不足の状態と合わせたら首を切るという行為自体が、常勤で働く人が急激に増えて派遣が必要なくなったということがない限り起こりえないです。

 

まず介護士を始めるときに考えるのは給料よりもいかに短い期間でスキルを蓄えて必要な人材になるかということに尽きます。

 

給料に関しては自分の能力に自信がついて周りから評価されたときに高単価の案件にチャレンジしたり単価交渉すればいいと思います。

 

まずは現場で多くのことを学んだり研修へ積極的に参加して使えるスキルを蓄えていくことが大事だと思います。

 

先に給料をめがけていくと自分の能力が釣り合っていないときに派遣会社からさらに高い案件を紹介してもらえなかったりします。

 

最初の期間は修行だと思って歯を食いしばることが大事だと思います。

 

介護士は派遣としてコンスタントに欲しい額を稼いでいこう

 

介護派遣は切られないとはいえ正社員みたいに100%は存在しないので、そのぶん時給は高い印象です。

 

正社員だと時給換算すると最低賃金並みになっていることが多いです。

 

しかし都内の派遣介護の時給は1500円という高水準が当たり前の世界なのです。

 

 

よく世の中では「時給を1500円にしろ!!」という声がありますけど介護の仕事をすればその額は普通に稼ぐことができます。

 

それに加えて僕の場合は夜勤専属なので夜勤手当を含めると時給1800円以上で働くことができています。

 

もちろん常勤はボーナスがありますけどこれも額が支給されないとわからないし、その分毎月の給料が下がってしまいます。

 

ボーナスだと人件費削減で勝手に削られてしまうことがあります。結局残業ありきの働き方になりやすいので何が安定なんだろうか?と思ってしまいます。

 

僕がお世話になっているベネッセMCM は大手ということもあって高単価の案件を多く扱っています。

 

福利厚生に関しても厚生年金や社保という正社員で受けられる福利厚生は抑えてくれています。もちろん交通費も全額支給です。

 

担当のコンサルタントも介護の世界の事情もよく知っている方が多いので親身になって相談に乗ってくれます。

 

自分のライフスタイルに合わせた働き方を提案してくれます。

 

登録会に参加すると非公開案件がメールにて送られてきてこのときに特別単価の案件が回ってきます。

 

まずは登録会に参加して詳しく話を聞きつつ特別単価を探した方がいいと思っています。

 

詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

 

 
実際に使ってみて感じたことを記事にしましたので良かったら一緒にどうぞ。

 

逆にこれから介護を始めようと思っている方はかいご畑 に登録して派遣で働くことをオススメでします。

 

普通は10万円ぐらいする介護士が絶対に持っておきたい資格である介護職員初任者研修の資格を無料で習得することができます。

 

かいご畑の詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

 

 
介護職員初任者研修やかいご畑に関して詳しく知りたい方は別の記事がありますので良かったら読んでみてください。

 

戦略的にはかいご畑で資格を取得してからベネッセMCMで高単価の案件を探す流れです。

 

どちらの派遣会社も大きい会社なので万が一派遣切されたとしても他に自分を欲しがっている施設はたくさんあるので次の月には普通に働くことはできます。

 

介護派遣という選択をすることで自分のライフステージに応じて柔軟に働きかたを変えることができます。

 

自分の欲しい額を稼げるように出勤日数を調整しやすいので非常に僕はオススメしています。

 

さいごに・・・

 

今回の記事の要点として・・・

  • 人手不足すぎて切れない
  • 切られても他の案件がすぐ用意される
  • 介護士は派遣という選択を持っておけば自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる

そう考えると今の介護業界は働き手が強くなってきて施設側は思うようにいかない現状も見えてきます。

 

それを労働者側は活かさない手はないです。

 

搾取されて病んでしまうのは非常にもったいないです。せっかく需要のある業界で働いてるのでその恩恵をもっと受けるべきだと思っています。

 

派遣切りは他の業種だと大変なことですけど介護に関しては介護施設はそこら辺中にあるので心配する必要がないです。

 

そうなるためにもしっかり自分自身の価値を高めていくことが大事だと思っています。