介護士として働くために必要なブラック施設の見極め方を知って欲しい

 

f:id:fukai19930806347:20180902164021p:plain

 

どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

現在は有料老人ホームで夜勤専属の介護派遣として働いています。

 

僕は介護士歴4年目の若造ではありますけど、4年の間に

という4つの形態の施設で働いた経験がありますけど、その中にはいい運営をしている場所もあればちょっと微妙なところもあるのは確かです。

 

基本的に医療福祉はブラックよりな職場が多いのですけど、介護も例外ではありません。

 

しかし労働者としては比較的働きやすい場所で働きたいものですよね??

 

今回はそういった介護士の方やこれから介護士になろうと思っている人に向けてブラックな施設の特徴みたいなのを書いていきたいと思っています。

 

 

家族や入居者を極端に持ち上げる施設

 

利用する側からしたらとてもありがたい話ですけど、その分の対応が介護職員に降り注いでやるべきことが増えていきます。

 

「なんでもやりますよ!!」といって相手の要求を全て受けてしまうのは現場のことを全く考えていない管理側の落ち度ではあります。

 

実際に介護施設は現場で介護する人のおかげで成り立っている部分があります。

 

利用者様や家族を第一で考えることは大切な視点だとは思いますけど、介護士は一労働者であって割に合わないことをさせられていると考えるとすぐやめてしまいます。

 

都内の介護施設だと半分以上が派遣社員で成り立っているところが多いので納得いかないことがあるとどんどん辞めていきます。

 

結局派遣でも辞めてしまったらその分のお金や時間をかけて新しく働いてくれる人を探すしかないです。

 

そういう意味で考えても介護士が不足している今は介護施設が労働者を搾取する事が難しくなっているような気がします。

 

 

だからこそ高い理想を掲げて介護しようとして介護士への負担を増やそうとしている施設はお金を人件費に多く投入しない限り衰退していくと思っています。

 

現場の人からしたら理想の介護を実現したいという思いを持っているかもしれないですけど、搾取されてまでする必要はないと思っています。

 

そのときはしっかり逃げていきましょう。介護派遣ならそれが充分可能です。

 

 

結局顧客満足度を上げるために少ない人材なので無理やり実現しようとする事が問題であると思っています。

 

良い施設はできることとできない事の線引きをしてその部分を家族や入居者に納得してもらえる施設だと思っています。

 

人の入れ替わりが激しい施設

 

まぁ多くの職場のブラックを見極める上でも同じことを言われているかもしれないですけど、介護は基本的に人の入れ替わりが激しい世界です。

 

特に都内の場合は派遣社員が多いので気に入らない事があったりさらにいい給料が提示されたら他の施設に行ってしまいます。

 

どちらにしろその施設の待遇や働き方について不満のある人が結構いるという事があるります。

 

もちろん完璧な職場なんてないわけだから、自分の中で妥協点を探して行くことが大事だと思っています。

 

でも人の入れ替わりが激しいという事は多くの人が不満を持って働いている事が多いので判断材料としては充分だと思っています。

 

僕も場合は派遣先が入れ替わりが激しいのですけど僕が夜勤専属という事もあったりしてデメリットを享受できていない事が多いかもしれないですね。

 

夜勤専属の働き方について知りたい方は別の記事を書いたので参考にして頂ければ嬉しいです。

 

 

介護派遣で働くことによって簡単に移動することが出来る事がブラック施設に引っかからない上で良いと思っています。

 

派遣に関しては事前に施設の情報を聞くことが出来るので(多くの施設に派遣された人の口コミがあるから)そこのところを参考にしてみるのも良いかもしれないです。

 

ケアマネージャーや相談員の質が悪い施設

 

最初の項目であげた「家族や入居者の言いなり」という状況を作ってしまう原因として施設の窓口になっているケアマネや相談員の質の問題が挙げられます。

 

入居する前の説明を怠っていたり、家族がクレーマー体質だった時に施設側の方針をびって伝えられないという事が原因で現場に負担がかかってしまうケースです。

 

確かにこれらの仕事はとても多忙で多くの人と関わる機会が多いので疲れ切っている部分はあるのです。

 

しかし結局現場との連携がうまく取れなかったりすると介護の統一性が無くなって結局本人の為にならない支援をする結果になってしまうケースがあります。

 

そして本来必要なかった業務を追加させられたりする事があったりするので、施設として出来ることと出来ない事をしっかり伝えて線引きをする必要はあります。

 

以前勤めていた施設では窓口である相談員が家族からの信頼を失っていって、現場に全部そのツケが回っていたというケースがありました。

 

ケアマネや相談員だけでなく業種間や家族との連携がスムーズではないと消耗する結果になってしまいます。

 

そういう部分は入ってすぐは分からなくて少し在籍したらだんだん分ってくる事ではあるので周りをしっかり観察しておいた方が良いと思います。

 

介護派遣で働くことによってブラック施設で消耗せずに済む

 

ここまで何度も言っているのですけど、ブラックな労働をしない為には施設と近く関わらないような働き方をする必要があると思います。

 

深く入り込んで働いていると何が正しくて間違っているかが、客観的に判断し辛くなってしまいます。

 

なので派遣としていつでもそこから離れられるようにして多くの施設を渡り歩きながら経験を積んでいい施設か悪い施設かを判断出来たらいいと思っています。

 

あとは派遣の方が時給が高めに設定されていて残業代を除くと派遣の方が多くのお金をもらう事が出来る謎の構図になっています。

 

僕の場合は夜勤専属で働いていて普通の正社員より多くの金額を貰う事に成功しています。

 

ちなみに僕はベネッセMCM でお世話になっていてこちらでは大手という事もあって多くの案件を抱えて高めの時給設定になっています。

 

都内なら1500円が普通になっていて、20日夜勤なしで働くだけで手取り20万円近くの金額を手に入れることが出来ます。

 

 

僕の場合は夜勤専属という事もあって多くの人間関係に悩まされることなく夜勤手当を含めた額をコンスタントに稼ぐことに成功しています。

 

その他にも社会保険や厚生年金が完備されていて普通の正社員と何も変わらない福利厚生を受けることが出来るのも大きいと思っています。

 

登録会に行って登録すると非公開の特別な単価の案件をメールで送って来てくれます。

 

その中には時給が1500円を超えるものが存在していて、更に時給アップが狙えます。

 

登録会を含めて詳しい情報は公式ページで確認してみて下さい。

 

 
実際に利用してみて感じた事を記事にしてありますのでよかったら読んでみて下さい。
 

 
あと無資格者で新しく介護をしたい人はかいご畑 で派遣として働くことによって介護士に絶対必要な介護職員初任者研修の資格を無料で取ることができます。
 
普通なら10万近くするのですけど働きながら無料で資格が取れるので初心者の方に非常にお勧めできます。
 
 
初任者研修について知りたい方は別の記事がありますので参考にしてみて下さい。
 

 

派遣で働くことの良い事としては施設と直接労働契約を結んでいないので施設側が派遣を無下に扱う事が出来ないことがあります。

 

基本的に定時で帰ることが出来ますし、残業代もきっちり付けてくれます。

 

そういう意味でも介護派遣は良い選択だと思っています。

 

さいごに・・・

 

介護士はやりがいの搾取をされるケースが多いのですけどそれからいかに逃げて、自分の納得するような職場で働くことは十分に可能です。

 

理由としては人手不足の職場が多くてなかなか貴重な戦力を無下に扱う事が出来ないですし、派遣として働くことによってブラックで働き続けるリスクは減ります。

 

実際に派遣なら次の場所に変えて貰えばそれで済みますし、繰り返していけばいつか自分の理想の職場に行き着くと思っています。

 

人手不足だからこそ戦略を持って職場選びをしていただきたいと思っています。