ブログのプロを名乗っていた人がツイートを貼り付けただけの記事を量産してなんとも言えない気持ちになった

 

どうもなんだかんだ言ってブログを書くことが大好きなたんたん(@tantan4423)です。

 

実際にブログを書き始めてから一年半ぐらいが経過していますけど、時々書かない日もありました。

 

それでもブログを書くことが単純に楽しくて、そのおかげで多くの人とつながることもできました。

 

あくまで趣味に過ぎないのですけど、ブログを通じて交流が生まれたり収益が発生したりとブログが僕に与えてもらったものは大きかったと感じました。

 

実際にここまでブログを楽しめたのは僕自身が安定的な収入を本業の介護からもらってあくまで趣味という位置を守り続けていたからだと思います。

 

一方でブログを書くことをプロと自称している人のブログを見てみると・・・

 

ツイートを2〜3個貼り付けて一言添えて終わり・・・

 

 

本当にプロなのか?純粋に疑問が巡ってきました。

 

今回はそんな余計なお世話な記事です。

 

義務的にブログを書いている感がある

 

ツイートを数個貼り付けて一言を書くぐらいなら別にブログにする必要も無いと思うんですよね。

 

逆に内容が薄くても毎日更新することに意味があると思うのは分かります。

 

ファン的にも毎日ブログを更新していた方が嬉しいでしょうし。

 

でもプロのブログなのにそんなに手を抜いたブログを書いてどうするの?って個人的に思う。

 

それなら他の多くのブロガーの方がちゃんとしたブログを書いています。

 

ツイッターのアウトプットをまとめたという事も分かるのですけど、周りの人間がこぞって同じ方法でブログか言えるか分からないようなものを投入し始めたのは変ですよね。

 

逆にブログ以外ですることが増えてブログを書くことが減ったと思います。

 

ブログで稼ぐよりブログを手段にして集まった人お金をターゲットにしてお金を落としてもらう方が安定はするんですよね。

 

そうなると信者ビジネスをしている人っていうイメージになっちゃうんですよね。

 

まぁ別にいいのですけど、ブログで記事を書いていた方が多くの人に本当に価値を与えていたと思います。

 

単純に「この人は落ちてしまった」とその人たちのブログを読んでふと考えてしまいました。

 

その人がどんなビジネスするかは僕には関係無いですけど、まぁ昔の面白い記事を知っている人からしたら残念でしか無いですよね。

 

プロなら熱い文章で人の心を揺らして欲しい 

多くの人の心を動かしてそれをお金に変換しているのは単純に凄いと思っています。

 

そういう記事を書くことができるのに何故、ブログに情熱が全然伝わらない義務感しか伝わらない文章を書いちゃうのは単純に残念です。

 

そういうことを言うと「勝手に期待して勝手に裏切られるなよ」みたいなことを言い始めますけど、実際にブログが客観的に見てもつまらなくなっていますからね。

 

せっかく多くの人が自分の文章で集まってきているのでその文章を磨いてどんどんファンを魅了して欲しいなと思っています。

 

せっかく面白い記事を書くことができるのにもったいないと単純に思っています。

 

単純にブログを好きで書いていたというよりかはブランディングの手段でしか見ていなかった説が大きいかもしれないですね。

 

肩書きは勝手につけることができますからね。

 

単純に好きでブログを書いていて収益化しなくてもアホみたいに書いてしまう僕からしたらやっぱりプロのブロガーもそういう人物であって欲しかったという勝手な期待をしていました。

 

単純にネタが切れてしまったという事もあると思います。

 

ブログってある程度ジャンルを絞りすぎるとネタ切れを起こしやすいので常に複数のジャンルと掛け合わせて発信することは大事です。

 

僕自身がそれができているか疑問ではあるかもしれないですけど、あくまで趣味で自分の好きなことやオススメすることを紹介している感じなのでまぁ気が楽ではあります。

 

だからこそ余計なおせっかいであるこんな記事を書いているかもしれませんね。

 

結局ブランディングをするための手段でしかなかったと思う

 

ブログは自分を売っていくにあたっていい手段であることは間違い無いです。

 

僕もブログを経由して多くの仲間を作ることができました。

 

 

僕の場合はブログは仲間集めと言わないと気が済まない厄介な性格の落とし所として利用していました。

 

最近は二つの目標が達成されつつあるのでマネタイズという遊びに傾いている感じですね。

 

でも本質的にはお金というよりかはブログを書くことによって自分の欲求を解消したいという思いが強いです。

 

実際にブログがあるおかげで今楽しく生きることができていますからね。

 

人生の補助装置としては最高のツールと思いますね。

 

お金が稼げなくてもまぁ書きますね。

 

多分お金が目的ではなくて自分の性格の性質からしてブログが非常に相性がいいと感じています。

 

ブログはマネタイズやストレス解消、日記用など様々な用途で使うことができるので使い勝手がいいですよね。

 

僕の記事を読んで「本当にブログが好きなんだなぁ」って感じづらいかもしれないですが実際はブログを書かないと死んでしまうような人種ではあるんでしょね。

 

だからこそ最近までマネタイズを気にせずに書き殴りまくっていました。

 

でも最近マネタイズの記事を書いていても思った以上に抵抗がなくて楽しく書けているのは大きいです。

 

自分でブログのプロと名乗っておきながら、急に内容が薄くなるのはなんか残念ですけど、ブランディングとしては全然ありだと思っています。

 

 

ブログ1本で食い続けていくことが単純に難しくなっているかも

 

ブログで単純に広告収入で食べていくことは単純に難しくなってきていると感じます。

 

実際に個人というよりかはアフィが法人として戦うのを前提としたものになってきてどこかのお宝ワードを狙っていくのは労力が必要です。

 

なので今まで積み上げたファンにお金を落としてもらおうという方向性に行ったのが最近の有料noteやサロンの流れかなって思っています。

 

実際にそれで食べていける人が増えて新しいお金の稼ぎ方みたいな感じですけど、クローズドにしてお金を集める一方でオープンなブログがスカスカになっているのはどうかな?って思ったりします。

 

もっと自分の魂を込めた記事を出して多くの人の心を動かす力を持っていると思います。僕自身もそういう記事が読みたいです。

 

まぁそういう事いうと「お金を払っていないくせに・・・」みたいな事言ってきて、話が平行線になってしまいそうなのでこれにて終わります。