ベーシックインカムは働ける人のためのものであり、働けない人はさらなりジリ貧になる

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

久しぶりにベーシックインカムについて思っていることを書いていきたいともいます。

 

ベーシックインカムについて知りたい人はこの本を読めばベーシックインカムの事は完璧‼︎波頭亮さん著『AIとBIはいかに人間を変えるのか』を分かりやすくまとめてみました。を読んでいただけると嬉しいです。

 

僕自身はベーシックインカムについて賛成の意見で、理由としては僕は現時点で働ける人間なのでベーシックインカムが入れば単純に手に入るお金が増えるからです。

 

はっきり言って貧困対策という観点でのベーシックインカムよりかは、さらにAIを普及されて生産性を上げて生きやすい世の中に成って欲しいと観点が大きいです。

 

でもよくよく考えるとベーシックインカムはあくまで強者を増やための政策であって手に職がなかったりその時点で仕事がなかったりする人からするとさらにジリ貧になっちゃうんですよね。

 

 

富の再分配の観点からすれば合理的

 

f:id:fukai19930806347:20180306011521j:plain

 

富の細分化がこの国の抱えている『働いているのに貧困』問題に対して有効な策ではある。

 

現在日本は他の国と比べて高い比率で高所得になれる国である。

 

しかしお金自体の総量はなかなか変わらない性質があるのでその分今まで中間層の所得の人が低所得者転落するようになってきた。

 

ベーシックインカムはその人に対して、現金を支給することによって貧困を防ごうというものだ。

 

実際に今の高所得層は高い税金を払ってしまってはいるけど、その分お金を溜め込もうとう部分が強くてお金が流れていかない。

 

そもそも欲しいものを一回買ってしまえば、もう買う必要がない。

 

ベンツを1人が複数台保持する意味なんかまったくない。

 

そういう意味ではその溜め込む分を国民全体に流して所得を平らにしようとするのがベーシックインカムではある。

 

 

現在収入を得られている人はベーシックインカムの恩恵が大きい

f:id:fukai19930806347:20180521140605j:plain

 

実際に今の収入にベーシックインカムの推奨額の7万円が追加されたらどれほど豊かになるだろうか?

 

僕の場合はもっとお金の余裕を作ることもできますし、夜勤に2回分削ってもいいかもしれませんね。

 

現在定期的な収入がある人からしたら臨時収入が増えて家計が一気に楽になります。

 

単純に所得の押し上げになるので生活自体は良くなると思います

 

 

手に職がない人間は職が無くなる可能性がある。

f:id:fukai19930806347:20180602163227j:plain

 

 

僕はベーシックインカムについては弱者救済と言っても『働いても弱者』になっている層を救う制度かなって思っている。

 

現在仕事がなくて生活保護を受けている人からしたら生活保護ベーシックインカムにすり替わって支給額が7万円になったらジリ貧になるかもしれない。

 

個人的の生活保護費は現状支給しすぎだと考えている。

 

理由としてはいくら支給してもどうしようもない人間もいるという点がある。

 

もちろん生活費を慎ましく使っている人が多いということもあるけど、それより働いている人間の給料より生活保護費が高いのはさすがに問題がある。

 

給料が低いという意見が出ているけど、その給料だって企業によってまちまちだしそれを全部国のせいにするのはかわいそうだ。

 

それなら国民全員に死なない分のお金を支給するほうがいい。

 

頑張って生きている人が報われる社会であるべきだとは個人的に思っている。

 

僕がベーシックインカムを推奨するわけとしては、自分が介護という誰にも奪われにくい仕事をしていることも関係している。

 

高齢化に伴ってこれから介護士はどんどん需要が高まってくる。

 

そのなかでAIによって仕事を奪われた人が新しく介護士を始める人は増えると思う。

 

ちなみにベーシックインカムとAIとセットで語られることが多くてAIが仕事を奪ってしまって失業者が増えるのでベーシックインカムでその人の生活を保障しようというものではある。

 

でも働いている人間もベーシックインカムをもらうことができるので、これから働いて一定的な収入を得られる人間はどんどん強くなると思う。

 

そこで僕は介護士という仕事を今からしている関係で新しく入ってきた人材より多くの経験をしていて多くのスキルや知識を身につけていることもあって負ける気はしない。

 

だからこそ仕事を奪われる心配はあまりしていない。僕が飽きない限りはずっと介護の仕事をすることができる。

 

このように手に職を身につけることがベーシックインカムの時代において優先課題ではないだろうか??

 

奪われる仕事に関する記事もありますので合わせてどうぞ。

 

 

需要のある仕事で価値を与えられる仕事をしてお金をもらいたい

 

 

 

 

社会の犬みたいな発言ですが、実際にお金を得る方法が自分でも納得できているのでいいと思います。

 

自分でもお客さんに対して目に見える形で価値を与えていますし、お客さんに感謝されてもらうお金で食べるご飯はやっぱりうまいっす。

 

別にお金はお金だし、ご飯の美味しさは変わらないと思うけどそれほど自信をもってお金を使えます。

 

僕の場合は人に奢ってもらったご飯とかって申し訳なさみたいなのが先行して美味しくいただけないことがあるんですよね。

 

労働は自分が元々持っているお金を使うことの抵抗を取っ払ってくれるのがとてもいいと思っている。

 

そもそも今している仕事が別にそんなに嫌なわけではないですし、実際に仕事でお客に感謝されるのは嬉しいですよね。

 

僕の場合は自分が納得するほどのお金をもらっていることもあって不満みたいなのが全くないんですよね。

 

だからこれからも価値を与えてそれでお金をもらって美味しいものを後ろめたい思いをせずに食べたり飲んだりしたいと思っています。

 

ベーシイクインカムはそういう僕みたいな働いている層に対してジャストミートする案でもあるので早く取り入れてほしいなと思っています。