介護施設の行事が面倒くさい人がいかに避けていくか具体的な方法を書いていきます

 

f:id:fukai19930806347:20180602164429p:plain

 

どうも施設の年間行事の日にいつも希望休か夜勤を入れて回避していたたんたん(@tantan4423)です。

 

今回は常勤介護士が毎月のように頭を悩ましている年間行事について書いていきたいと思っています。

 

僕も以前は常勤介護士の時に年に複数回悩まされていました。

 

担当になった行事に関しては自分で一から計画をして協力者にお願いしたり、多くの職員に行事の説明をしてどのように動いてもらうか指示したりします。

 

当日は自らが司会をしたり、会の反省を多くの職員から集め記録にまとめて上層部に提出して反省会をする。

 

「こんなのやってられないよ・・・」って普通になりますね。

 

普段の勤務から人がいないのに行事に人を割いている暇もないですし・・・

 

でもしないといけない事なので頑張ってしまうんですよね。

 

しかし働き方次第でそんな面倒臭い年間行事をなんとか回避する事ができます。

 

今回はその方法について書いていきたいと思います。

 

 

その1:常勤介護士(正社員)にならなければ、行事の起案をしなくてよくなる

 

f:id:fukai19930806347:20180602163227j:plain

 

基本的には年間行事の企画実施に関しては正社員の仕事になります。

 

確かに非正規や派遣にそういう仕事をさせてしまっても施設の事を把握していない場合があるので不適任な事は多いと思います。

 

僕自身も正社員の時は、「なんでこんな事をしないといけないんだ?」と思いながら励んでいました。

 

しかし現在派遣になってからは、行事に関しては基本的にノータッチです。

 

介護士って基本現場仕事なので、現場外の行事の企画に関しては夜勤か時間外で行わないといけないです。

 

その時に残業代が出るところもあれば出ないところ(出ないところのほうが体感多い)があるのですけど、大きな負担になってしまいます。

 

実際に行事の企画実施をしてみた事は何回もありますけど、多くの場所に気を使う事が多いですし、規模が大きければ大きくなるほど一人にかかる労力は大きくなります。

 

多くの介護施設が人手不足で悩んでいるのに人手や労力の必要な行事をする必要があるのだろうか?

 

疑問にはなるところではありますけど、季節感を感じていただくためには大切な事ではあります。

 

せめて開催するなら複数人の担当を付けて、時間内で完結する事が大事かな?って思っています。

 

しかし常勤が減って派遣が増えていて職員の半分ぐらいが派遣が埋めつくている中でできるのだろうか?って疑問になります。

 

派遣だと給料の水準も高い上に利用者と直接関わらない書類などの仕事がないのでストレス少なく働く事ができます。

 

行事にしても常勤という働き方を選ばないだけで関わらなくなります。

 

こういう風に意図的にコントロールできるのでイベントごとが嫌だと感じている人は働き方を再び考えるのもいいと思います。

 

ストレスを抱えて働いている介護士にはストレスの多い介護士に伝えたい。働き方一つで大幅な改善になりますも一緒に読んでほしいです。

 

その2:担当がついていない行事は希望休や夜勤を入れる

f:id:fukai19930806347:20180602163606p:plain

 

もし正社員の方だったら行事の担当者じゃない場合は、その日に希望休を入れてしまう事をお勧めします。

 

少し変な目で見られること事があるのですけど、嫌ならしょうがないと思います。

 

 だいたい1ヶ月前にシフトの希望休が出されると思いますので、行事もその時にはすでにいつするかはわかっています。

 

それで他の職員も希望休を入れて休んでいたし、僕自身もたまにそうやっていました。

 

今では派遣で夜勤専属になって、行事に参加するという事がなくなったので気にしなくなったのですけど、正社員だと絶対に参加しないといけないものだと思い込んでしまいます。

 

うまく避けつつ、周りの人ともうまくやっていく器用さが必要なので大変だと感じます。

 

その3:起案も行事参加もしたくない人は夜勤専属の派遣になる

 

f:id:fukai19930806347:20180602163707j:plain

 

以前は正社員でバリバリに行事の起案から実施までやっていたのですけど、現在はそんな事はありません。

 

派遣で夜勤専属になったので、そもそも夜に行事をする事は皆無ですし派遣に起案や実施を求められる事は無いです。

 

その他に正社員がめんどくさいという委員会活動にしても、めんどくさいと思われる事を回避することができます。

 

派遣の場合だと基本的に利用者と関わる事が多くてその他の業務が皆無なので働く側からすると気が楽かもしれません。

 

僕も派遣になってめんどくさいと思う業務が減って気持ちに余裕が生まれました。

 

介護士のメインの仕事は利用者様と関わる事ですし、人手不足から他の業務を占める割合が高くなってしまうのはどうかと思います。

 

介護夜勤の仕事に関しての記事もありますので良かったら読んでみてください。

 

 

僕は夜勤専属という仕事をして月9回の出勤で25万以上の給料を得る事ができています。

 

もっと夜勤の回数を増やせば稼げる金額も上がるのですけど、そもそもガッツリ働きたいわけではないので、この回数がちょうどいいと思っています。

 

ちなみに僕がお世話になっている介護派遣はベネッセMCM です。

 

こちらではキャンペーンが頻繁に実施されていて1回の夜勤で35000円という破格な案件も存在します。

 

僕もこちらの案件をハイエナしている最中ですww

 

福利厚生も充実していて、社会保険、厚生年金、交通費全支給も完備されているホワイトな派遣会社です。

 

詳しい事は公式ページで確認してみてください。

  

登録会に参加すると非公開の求人を見る事ができて、そこにキャンペーン価格の案件も多く存在します。

 

 実際に利用してみた感想を記事にしていますので合わせてご覧になってください。

 

 

こないだも一緒に夜勤をした正社員が委員会の仕事が全く思っていなかったので夜勤の時間をフルに使って作業をしていました。

 

そのせいでコンビを組んでいる僕の仕事量が増えてしまいました。

 

結局その他の仕事を多くする事によって、利用者様と直接関わる時間を削ってしまうのなら、なくてもいいんじゃない?って思ってしまいます。

 

利用者様と関わる以外の仕事が嫌で派遣になったり、介護士自体をやめてしまう人が結構多いのです。

 

もう少し正社員の負担を軽くするように業務改善は施設側はしたほうがいいのかな?って思いました。 

いかにしたくない事に関わらないかがストレス軽減につながる。

 

介護士が現在30万人不足している中で業務改善と給料改善は必須の課題でもあるのですけど、個人の働き方の重要性もあると思います。

 

介護士はメンタルが強くないとできない』という事が言われるのですけど、メンタルを強くするよりもメンタルに優しい働き方を選択するほうがもっと大事だと思っています。

 

介護施設の行事は人でも少ない事もあってカツカツの状態にあって、かかるストレスが大きいです。

 

なので行事に関わらないような働き方の選択は結構大事だと思っています。