ミニマリストがつまらない思われる理由は目的が明白になっていないからなのではないだろうかと思う

 

どうもミニマリストだけど、最近断捨離系統の記事を書いていないたんたん(@tantan4423)です。

 

今回は前回に引き続きミニマリズムについて考えていきたいと思います。

 

ミニマリストという生き方を実践してただの手段でしかなかったと感じた

 

ミニマリストの世間からの印象ってあまり良くないと僕は感じていて

  • 貧乏そう
  • つまらなさそう
  • 幸せに見えない

という意見が多いようです。

 

僕自身もミニマリストを名乗っているけど時間やお金を生み出す手段として活用しています。

 

世間が持っているミニマリストへのものを持たずに欲を去勢した人というイメージとはぜんぜん違うミニマリストでもあります。

 

普通にお金も好きですし、お金を使うことは楽しいですからね。

 

逆にお金自体を否定する考え方は現実をみていない子どものようにしか映らないぐらいです。

 

話が逸れてしまいましたが、ミニマリズムはあくまで手段でミニマリズムを通していかにいい人生を過ごせるかということが重要だと僕は考えます。

 

もちろんその目的を達成すればミニマリストを捨てても構わないと思っています。

 

 

 

ミニマリズムはあくまで手段。その先の目的にコミットしないといけない

 

f:id:fukai19930806347:20180523210634j:plain

 

僕はミニマリストを名乗ってブログを書いているのですけど、このブログの目的は『コスパのいい生き方』を多くの人に知ってもらいたいということです

 

そのために固定費の節約だったり簡単に手に職をつけてライフスタイルにあった介護という働き方の記事を書いています。

 

こういう記事を書いていると「ミニマリストじゃない」と言われることがあります。

 

僕からするとミニマリストである事実は変わらないですし、すべての欲を去勢することがミニマリズムではないと思っています。

 

逆にすべての欲を去勢しているように見えるミニマリストは単にシンプルな生活をしている人でしかないと思っています。

 

その姿が「幸せそうに見えない」と思われてしまう原因になっているかもしれません。

 

別に他人の視線を断捨離しちゃうのもいいかもしれないですけど、他人無視の姿勢は社会から孤立を招いてしまうのであまりオススメしないです。

 

ミニマリズムじゃなくても自分がマインドになっている考え方や思想にしてもそれを利用する目的がある方が現実に落とし込んで結果的に幸せになることが多いと思います。

 

結局他人から見て「結局何がしたいの?」って思われてしまう人は手段が先に行ってしまって目的があやふやになってしまっていることが多いです。

 

手段である宗教や思想や人物もそれを手段化が計れないと、依存度を高めてしまいます。

 

目的を持って行動している人は他人から見ても生き生きしています。

 

案外第三者からの意見って大事だと思う。

 

ミニマリストの肩書きに囚われる必要があるのか??

f:id:fukai19930806347:20180523211635j:plain

 

 

僕はもうミニマリストの肩書きを捨ててもいいとは思っています。

 

実際にミニマリズムは手段であって、仕事の整理をして多くの時間を生み出しました。

 

ただこのブログのタイトル的に捨てたら不都合が生じるし、そもそも僕の生活ぶりや欲はミニマムな部分がけっこうあります。

 

単なる合理的なことが好きなミニマリストのような気もします。

 

だからこそ目的のないミニマリズムに対して不信感というか宗教観を感じてしまう。

 

日々の中でミニマム化を図って効率化して、時間を生み出したとしてその時間を使う目的がないとなのためのミニマム化かよくわからないと思います。

 

その目的の部分の欲は失ってはいけないと僕は思っています。

 

減らすことに囚われすぎて、減らすことが目的になってしまっているパターンです。

 

みんながものを減らせば幸せになれるわけでもなくて、周りからの「貧乏そう」という声に耐えきれない人は不幸になってしまいます。

 

結局他人と比べて劣等感を感じやすい人とかは、消費の欲望を抑えられることができなかったりすることが多いような気がします。

 

ミニマリストは何かと掛け合わせた時に初めて強みを発揮すると思っています。

 

例えば僕の場合はブログと介護の仕事とミニマリズムを掛け合わせて生きています。

 

逆に意識的に何かに掛け合わせた方がいいと思ってすらいます。

 

方向性だけでも定まっていれば、良い方向に循環していると思っている。

 

ミニマリストが「貧乏そう」という言葉に対する回答を持っているのか??

 

f:id:fukai19930806347:20180523211739j:plain

 

ミニマリストが世の中に浸透してきて数年の月日が経ってきたけど、そろそろミニマリストの僧侶みたいなイメージを払拭した方がいいと思っていまうs。

 

なんかシンプルライフのイメージが強くなってきてしまっているけど、もっと本質的に思考の話になってもいいような気がします。

 

ミニマリズムは単なる合理化だ。「何を大事にして何を捨てるか」を考えて自分の好きなことに時間を使おうということです。

 

なので目的のためにミニマリストを使っている人からすると「貧乏そう・・・」みたいな言葉に対して自分の行為が手段であることを言えます。

 

しかし目的がないと自分が何のためにミニマムライフを過ごしているかよくわからなくなってしまいます。

 

そうなってくると自己を肯定することができなくなってきて「やっぱりお金がないとダメ」と一転して金の亡者になってしまうケースがあります。

 

結局軸がない人は手段が目的化してしまって、何がしたのかよく分からなくなってしまうのはどの界隈でも同じだと思っています。

 

軸がない人は搾取され続けてしまいます。

 

まずは自分の軸を作った上で手段を選んでいきたいと思っています。

 

 

目的意識を持って生きることが大事

 

なんか意識高い系の記事になってしまいましたけど、ある程度の方向性や一貫性を持って生きていくことは自分を見失わないためにも大事だと思っています。

 

思想とか宗教とかもそれを信仰している自分に酔っているのは勿体ないと思います。

 

あくまで自分にとって有意義な人生にするための手段として捉えてほしいです。