手に職をつけられる介護職はこれからのマストな選択になっていくと思うワケは?

 

f:id:fukai19930806347:20180909102651p:plain

どうも派遣介護士で月に9回しか職場に行っていないたんたん(@tantan4423)です。

 

今回は手に職をつけるにあたって「介護も選択肢に入れてみてはいかが?」という事を伝えられたらいいなと思っています。

 

介護といえば保育士と並んで薄月給の仕事の代表格として取り上げられています。

 

しかし介護は働く場所と働き方一つで充分生活することができます。

 

そのことは東京の介護派遣ではコンスタントに時給1500円なので給料が低いと嘆いている人は介護にチャレンジしてみてはいかがだろうか??に書きました。

 

今の世の中介護士という仕事は無くなることはないので、資格さえ持っていればいつでもどこでも働くことができます。

 

この安定感は普通の仕事ではなかなかないと思っています。

 

 

今している仕事が将来無くなってしまうかもしれないという不安はない

 

普通に会社に勤めていると世の中の需要が満たされなくなったら、会社の経営が厳しくなってきます。

 

そして会社がもし倒産したり、理不尽なリストラに遭ってしまった場合なかなか次の仕事をすぐ探すのは大変だったりします。

 

資格が必要な職人的な仕事なら次の仕事も見つかりやすいかもしれないです。

 

しかし現在いる会社が独占的に行っているような業務なら同じような仕事を探すことが難しいかもしれません。

 

特に今の時代は、物を作ってもなかなか売れないようになっています。世の中では「若者の消費が減少しているという話も出ています。

 

これから世の中から需要がなくなる仕事が多くなってAIに取って代わることもあります。

 

もちろんサラリーマンだけではなく、今現在ネットを使って食べている人も同様です。

 

時代に関係なく人に価値を与えられている仕事が生き残っていくのだと個人的には思っています。

 

そして同様に人に価値を与えるためのスキルを身につけることが安定して稼ぎ続けることができる為の秘訣だと思っています。

 

 

介護のスキルや資格を身につけると永続的に稼ぎ続けることができる

 

僕が安定している仕事だと思うのはどこに行っても同じような仕事があるということです。

 

自分が会社に入って身につけた能力がその会社でしか通用しなかったみたいな話もよく聞く話です。

 

しかし介護ではある程度の介護スキルさえ身につけてしまえば、全国どこにでもある介護施設で働くことが可能です。

 

その背景には全国に30万人の介護士が不足している現状があって、どこの施設でも「働きたいです」と言えば、「じゃあ何日から来れる?」と言われるぐらいです。 

 

こういうことが日本が少子高齢化の間起こり続けることだと予想されます。

 

なので今介護士のスキルを持つことは手に職をつけるようなものです。

 

世の中の需要を満たす仕事を覚えているというのはこれからの人生で有利になる条件でもあると僕は思っています。

 

その訳としてはこれから先AIが多くの人の仕事を奪うと言われているのですけど、介護士はAIに変わりにくい感情労働だと言われています。

 

人間と正面から関わる仕事ということもあって、なかなかAIの精度を持っても難しいと言われています。

 

そういった意味でも介護のスキルを身につけることによってこれから仕事がなくなっていくであろうこの世界で生き残っていくことが可能であると思っています。

 

AIの弱点に関してはAIの弱点を知れば仕事を奪われる心配をしなくてもよくなりますにまとめてますので良かったら読んでみてください。

 

 

介護士をお金を稼ぐ手段として考えてみても悪くはない

 

介護は賃金が低いイメージがすっかり定着してしまいましたが、僕はそうは思っていないです。

 

確かに僕が島根で働いている時は手取りが15万円でした。

 

しかしそれは僕の働き方が悪かったからでもあります。

 

介護士としてコスパよく稼ぐ為のポイントは

 

  • 東京近辺で働く(田舎で働かない)
  • 派遣を利用する
  • 夜勤の方が単価が高いの夜勤をする

 

僕は現在東京で介護派遣で夜勤専属をしていて月に9回の出勤で手取り25万ほど頂いています。

 

 

 

介護士の多くは正社員で働いてしまって、少ない給料と過酷な労働環境によって挫折してしまうことが多いです。

 

しかし介護派遣を利用することによってホワイトな労働を実現することができます。

 

先ほど書いたように介護士が不足している施設が多いので、仕事先に困ることがありません。

 

東京なら介護士の強みであるシフト制を上手に活かして、自分の稼ぎたい額を自分のライフスタイルにあった出勤で稼ぐことができます。

 

中にはダブルワークを活かして月に50万近くの収入を得ているツワモノもいます。

 

ダブルワークに関しての話もありますので良かったら読んでみてください。

 

 

僕みたいに夜出勤して二日分働いて、職場に行く回数を少なくしつつ夜勤手当分多く給料をもらうような働き方も可能です。

 

この働き方の多様さこそ介護の強みであって、それは東京近辺で介護派遣をすることによって簡単に実現します。

 

 

介護士の働き方として派遣はぜひ選択に入れておきたいところですね。常勤になることはいつでもできますし。

 

 

資格を持っていない人、持っている人へのおすすめ派遣会社

 

僕がおすすめしている介護派遣会社は資格を持っているか持っていないかによって大きく変わってきます。

 

資格を持ってる人はベネッセMCM 

資格を持っている人は高単価の案件を多く取り扱って福利厚生が需実しているベネッセMCM をおすすめしています。

 

僕自身も入っている派遣会社で大手ということもあってとにかく案件が多いです。

 

あとは厚生年金と社会保険に加入することができて交通費ももちろん全額支給です。

 

単価としては夜勤一回で27600円という介護士からすると良い案件で働くことができます。

 

登録会に参加すると、非公開の案件をしてくれます。詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

 

 
実際にベネッセを使った感想を記事にしましたので是非読んでみてください。
 

働きながら資格を取りたい人は『かいご畑』

かいご畑 を無資格者に勧めるわけは、介護士を始めるにあたって必要な介護職員初任者研修を無料で取得することができることがあります。

 

ちなみ介護職員初任者研修は誰でも取ることができるぐらい難易度が低い資格になってます。

 

介護職員初任者研修に関しての記事もありますので良かったら読んでみてください。

 

 

僕自身も介護士を無資格で始めた人間なのですけど、初任者研修の資格を取るために8万のお金を実費で払って取得しました。

 

当時は「何で職場は研修費を出してくれないんだろ・・・」って思っていましたけど、他の介護士の人から聞いても実費が当たり前だそうです。

 

しかしかいご畑では無料で取得することができます。お金をかけずに一生ものの資格とスキルを手に入れられるのはすごく大きいと思います。

 

気になれば公式ページを確認してみてください。

  

 

ちなみに派遣では施設側もプロを求めているわけなので、資格なしだと派遣してくれません。

 

なので、資格を取得するまでの間は看護助手として働く人が多いそうです。

 

看護助手の業務はほぼ介護職と一緒ですが、多くの医療現場を経験できるので介護施設に入った時に業務が楽に感じることが多いそうです。

 

無資格者にオススメする戦略

 

僕がおすすめする戦略としては

  1. かいご畑で介護職員初任者研修取得
  2. ベネッセで高単価の案件を探す
  3. 派遣先で評価を得てさらに単価を上げていく

という戦略がいいと思っています。

 

そうすれば最小限のコストで一生もののスキルを身につけることができると思っています。

 

手に職をつけたことの安心感があればリスクを負って好きなことしやすいですし、仕事自体社会からとても求められているものでもあるので他者評価も得やすいです。

 

まずは手に職をつけるところから人生プランを立ててみるのもいいと思います。

 

そのための手段としての介護士はいい選択肢なのではないか?と思っています。