介護士のイメージをぶち壊す!!介護士はお金を稼ぐ手段として優秀である理由

 

 

どうも介護派遣にて夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。

 

介護士や保育士の福祉業の給料の低さが社会的に問題になっています。

 

確かに中には生活保護以下のお金をもらって、生活することを余儀なくされている方がおられます。

 

僕自身も介護士と保育士を経験しているのですけど、過去は実家じゃないと生活できないという人を多く見てきました。

 

しかし今は介護士は働き方によって効率良く自分の稼ぎたい額を稼ぐことができる職業だと思っています。

 

今回は介護士のお金の話について記事を書いていきたいと思います。

 

 

介護士は地域によって相場が天と土地の差がある

f:id:fukai19930806347:20180515180538p:plain

 

僕自身も給料が少なくて、保育士をやめて介護士になってスキルを蓄積して東京に出て行きました。

 

現在は月に9回ほど夜勤に出勤して月収はだいたい27万ぐらいです。

 

夜勤は1回で2日分働いた扱いになるので、実質の労働日数は18日になっています。

 

月の平均の休日は12日〜13日です。

 

普通に正社員として働くよりも多くの休みをもらいながら地方で働いている時よりも8万ぐらい多くの給料をもらっています。

 

夜勤という仕事ということもあるのですけど、東京は他の地方と比べて単価が桁違いに高いです。

 

時給換算しても地方の介護のパートの人の時給は800円〜900円ぐらいですけど、東京だと1500円以上が当たり前になっています。

 

この賃金差は家賃差を考慮しても広がりすぎなんですよね。

 

地域によって賃金がこんなに違うというのは大きな問題だとは思うのですけど、今のところは介護士をするなら都会に出たほうが良いのは確かです。

 

介護士は薄月給だ」っていう多くの介護士は地方で働いている人だと予想します。

 

介護士と言っても働く場所や条件によって自分の満足する給料をもらうことは可能です。

 

そのための一番大切なことは東京に出ることだと僕は言いたいです。

 

東京近辺で働けば生活に困らない程の給料がもらえる

f:id:fukai19930806347:20180530170001j:plain

 

先ほどの項で書いたように、東京近辺で介護士として働く人は自分の給料の低さをそんなに意識することはないと思います。

 

逆に介護士シフト制という性質上、自分の都合の良いように労働をコントロールしやすいです。

 

僕も夜勤だけの仕事で月の労働時間を大幅に削減しています。

 

少しぐらい労働時間を減らしたところで生活に大きな影響を及ぼすレベルではないぐらいの給料をもらえている自負はしています。

 

僕自身は家賃の少ないところに住んで余剰資金を作って貯金をしたり投資にお金を回しています。

 

高額介護派遣とシェアハウスなどの低い固定費の生活を組み合わせることによって一気に生活に余裕が生まれます。

 

僕が実際に毎月余剰資金をしっかり生み出している節約術に関しては下記の記事を御覧ください。 

 

 

働く場所によって介護でも全然食べていくことができると思います。

 

さらに都心部を中心に介護士不足がさらに加速することも考えられるので、介護士への需要も増してきてそれに比例して給料が上がることは充分に考えられることです。

 

 

介護士でもお金を稼ぐコツは高単価の介護派遣にある

f:id:fukai19930806347:20180521140605j:plain


 

介護士は稼げないと言われています。

 

奉仕の心がないと出来ない仕事なので稼ごうという気持ちが薄いのだと感じています。

 

「介護という人に奉仕する仕事でお金を儲けることは悪いこと」と思っている介護士はずっと薄月給のままだと思います。

 

僕は介護という仕事は好きなんですけど、あくまでお金を得る手段であることは変わりません。

 

なので自分が持っているスキルを最大限自分に還元させたいという思いがあります。

 

ここで僕が目をつけたのは介護派遣という働き方です。

 

人手不足の介護業界は30万人以上の介護士が不足していると言われています。その現状もあって介護士の需要も高まって給料も上がるのが普通です。

 

そして介護士が不足しているので施設は多くの介護士が欲しいと思っています。

 

なので高いお金を払って派遣社員を雇うのです。

 

本当なら常勤がいれば良いのですけど、正社員だと一気に仕事の難易度が上がったりして自分で労働をコントロースしづらくなってしまいます。

 

介護士の3K(きつい、汚い、危ない)と薄月給のイメージって完全に正社員の働き方なんですよね。

 

実際に正社員は派遣の僕より長い時間働いていますし、委員会など利用者と関わる以外の時間を労働に費やしています。

 

しかし僕のほうが給料は高いです(派遣先の正規社員に聞きました)

 

介護で搾取されずに効率よく稼ぎたい人は絶対に派遣社員が良いと思います。

 

介護は人手不足なので正社員だろうが、派遣社員だろうが仕事がなくなることはないので安定していますし、これからも僕が死ぬまではこの状況は続くと思っています。

 

 

 

無資格者、有資格者別オススメの介護派遣会社

 

介護士は保育士みたいに資格を独占している業界ではないので、無資格者でも参入しやすい業界になっています。

 

しかし介護派遣を始める際は、資格がない人間を即戦力が欲しいと思っている施設に派遣することは厳しいと思います。

 

なので介護士をするための資格を取得することによって介護の仕事をすることができます。

 

その資格が『介護職員初任者研修』というものです。この資格を取得するためのハードルは結構低くて、講座を受けていれば基本取得できます。

 

今までこの資格を取れなかった人を僕は知らないぐらい簡単な内容になっています。

 

 

しかしこの資格って自費で受けないといけなくてその費用が8万〜10万なんですよね。

 

自己投資としてはすごく良いリターンを得られる資格なんですけど、その金額を一気に用意しなくちゃいけないのが嫌で介護士にならない人も結構いますからね。

 

そういう方にお勧めしたいのがかいご畑 という介護派遣会社です。

 

こちらの会社は働きながら無料で介護職員初任者研修を受けることが可能です。

 

もちろん資格がない状態じゃ介護職はしづらいかもしれないですけど、看護助手をしながら働くということもできます。

 

看護助手の仕事は介護士に準ずる部分があるのでスキルを身につけるのにも最適です。

 

看護助手の仕事をしながら介護職員初任者研修の資格を取得して介護士の仕事を始めてみるのがコストのかからない方法だと思います。

 

無資格者で介護職に興味のある方は公式サイトを確認してみてください。

 

 
介護職員初任者研修を取得した人が次にすることは高単価の仕事をすることだと思います。
 
そこでおすすめなのがベネッセMCM です。
 
大手ということもあって案件数や単価の高さは業界トップです。
 
今現在は時期的に案件の単価が上がりにくいのですけど中には1夜勤35000円の案件もあります。
 
35000円なら8回夜勤入って月収27万ですね。
 
僕は夜勤専属で働いているのでベネッセMCMみたいな単価が高くて福利厚生が充実(社会保険、厚生年金完備)の環境はありがたいです。
 
実際にベネッセMCMを使ってみた感想は記事にしてありますので、読んでみてください。

 

 
公式サイトへ登録をして登録会に行けば未公開の求人を紹介してくれます。
 
気になる方はまずは登録してみてください。登録するにあたっての時間も短いので忙しい人でも助かりますよね。

 

 
 

さいごに・・・

 

介護士は働き方が多様なので、お金を稼ぐための手段としても優秀であると思います。

 

給料に関しても働き方次第です。

 

無資格から始められる仕事で安定している仕事はあまりないと思っています。

 

介護は成長事業なので会社が倒産して路頭に迷うみたいなこともありません。

 

介護をすることは世の中へ対しての貢献なので、社会的にとても意義のある仕事だと思っています。

 

もっと介護派遣という働き方の良さを多くの方が知って介護士で辛い思いをする方が減ってくれれば良いなと思っています。