年々増加する認知症に対して介護士は綺麗事で語ってはいけない理由

 

どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

今回は高齢化が進む日本においてこれから増加するであろう認知症の方について考えていきたいとも思います。

 

近年、認知症の方による交通事故や暴力事件など社会問題になっています。

 

これからも認知所患者による事件はどんどん増えていくと思います。

 

僕自身も仕事で多くの認知症患者との関わってきて病気への理解を深めて、関わっています。

 

それでも自分の想像以上の行動に出てくるのが認知症患者です。

 

今回書いていきたいのは「人格の尊重」とかそういう理想臭い話ではないです。

 

介護や保育という福祉業ってまだボランティアみたいに思っていて「奉仕の心」ありきなのだと思います。

 

今回の記事は「もっと現実をみろ」という現場でお金目当てで介護の仕事をしている人間の意見です。

 

 

 

一人の「人格の尊重」するために多くの人間が命の危険と向き合っている現実

f:id:fukai19930806347:20180520191857j:plain

 

はっきり言って介護士が書いてはいけないことかもしれないですけど、現実問題綺麗事だけでは済まされない現実があります。

 

「人格の尊重」とか言っているけど、一人の人格の尊重のために多くの介護士や一般人の命の危険が脅かされています

 

これに関しては家族や介護士がなんとかできるものではない。

 

介護施設での傷害事件に関しては施設側の対応が悪いことが多いです。

 

もちろん介護士側の対応が悪いこともたまにあるのですけど、大体が利用者が予想外すぎる行動をした場合か施設側のリスクマネジメントが欠けていることが多い。

 

そもそも一人の認知症患者を守るための周りの人が被るリスクが多いという問題がある。

 

介護士は仕事でやっているので全然大丈夫なのではあるけど、そのリスクを下げる役割を持っている施設側が機能していないケースが結構多い。

 

最近はモンスターペアレントならぬモンスター家族みたいな人たちも出てきている。

 

お金を払ってもらっている立場から意見が言えなくて、他の職員や利用者へのリスクを被っていることが結構見られる。

 

施設という立場上、職員と利用者さんをたくさん抱えているので一番リスクの少ない方法を取っていくべきだ。

 

一人一人の人格を尊重したかったらグループホームみたいに少人数の利用者を募って個別的に介護ができた方がいいと思っている。

 

結局民営化して利益を追求するので、多くのお客を集める。

 

そこにコストカット的な意味やそもそもの介護士不足で充実なサービスが提供できないのは当たり前だと思います。

 

多くの認知症患者に関する事件や、個別の尊厳という問題は施設や、介護保険を運用する国に問題があると思ってはしまいます。

 

綺麗事を語る前に仕組み作りをしっかりするべきだと思っています。

 

同時に親の介護に関してはどんどん施設に任せるべきだと思います。

 

 

介護士不足、低賃金の問題があるけど求められるものが多い

 

f:id:fukai19930806347:20180520192158j:plain

 

30万人以上の介護士が不足している現状に起因しているのは、低い給料と劣悪な環境だと思っています。

 

もちろん僕がこのブログで語っているように働き方一つでこれらの問題は全然解決できます。

 

 

しかし現状稼ぐ手段とし戦略的に介護士をしている人なんでそんなにいなくて僕は少数派だという自覚はあります。

 

なので正社員で働いている人は、施設側から多くの要求を求められています。

  • 各利用者のケアプランの作成の協力
  • 月の各利用者の記録のまとめ
  • 委員会活動
  • 研修への参加の強制

これらの仕事を現場での利用者との関わり以外で行わないといけないとされるものです。

 

正社員だと他職種に比べて給料の水準が低いので、残業ありきの働き方になってしまう。

 

残業があればまだいいのですけど、残業代すらまともに出ない場所がいま現在多く存在している。

 

常勤介護士が少ないから一人に求められる仕事の量が増えて、それが嫌で仕事を辞めるか派遣介護士になるというループです。

 

僕個人としては人手不足になれば派遣の価値が上がってもらえるお金が増えていくのはいいのですけど、まぁ社会的に考えると大きな損失なんですよね。

 

介護士に奉仕の心よりも一労働者としての意識を持った方がいい

 

f:id:fukai19930806347:20180520192317j:plain

 

介護士には奉仕の心が大事みたいだと思われていますけど、僕の場合はお金を稼ぐ手段として考えている側面が強いです。

 

もちろん満足のいく給料をもらっているのでそれに似合った分の専門性を活かしたケアをしているつもりです。

 

サービスを売るのでその価値を金額化するのは難しいので、安い給料なのに頑張ってしまう人が多いです。

 

僕自身も経験が少ない時はまずはスキルを現場で身につけるためにお金のことはあまり考えずにがむしゃらに働いていました。

 

スキルがついてどこの施設でもある程度できるようになってから、給料に似合わない労働はしないと思うようになりました。

 

介護の仕事は好きではあるのですけど、それよりも家にいてブログを書いたり好きな人とあったり睡眠時間の充実の方が大事だと思っただけです。

 

介護士は全てを仕事に捧げるのが当たり前」と結構思っている介護士が多いです。

 

まずは自分自身が雇われている立場ということと、お金をもらうために頑張っているとううことをもっと自覚するべきなのではないか?と僕は思っています。

 

介護を綺麗事で語るのはいいけど、もうそう次元ではない

f:id:fukai19930806347:20180520192409j:plain

 

もちろん命を預かっている責任はあるけど、そこまで過大視しなくてもいいと思っています。

 

  • 各利用者のケアプランの作成の協力
  • 月の各利用者の記録のまとめ
  • 委員会活動
  • 研修への参加の強制

 って直接利用者様に関わってくることではないので、そんなに優先させてすることではないです。

 

まずは介護をする側の人数を揃えないと街で事件を起こす老人は増える一方だし、困る人が多くなってしまう現実があります。

 

逆に上に書いたことが苦痛で介護職を辞めた人は結構います。

 

それを「利用者様のため」と綺麗事をいって現状を解決しない姿勢はどうかなと思います。

 

介護施設は在宅介護している家族を救うシステムです。

 

在宅介護で無理心中したり、ストレスから過ちを起こしてしまわないようにするのがまず最初です。

 

冒頭の話に戻るけど、犯罪を起こす認知症患者が街に解き放たれていること時点、介護施設が足りていない現実だと思っています。

 

そしてその箱を作るための介護士の数は足りないところか、過酷な労働や安い給料によってどんどん離脱しています。

 

介護士の処遇改善はどんどんこれから行われていくと思う。介護処遇も一応上がっている。月8万アップの法案も出ているぐらいです。

 

 

からしたら今まで通り夜勤介護派遣で賢く稼いでいきたいと思っています。

 

介護に関して綺麗事を言いがちな人は現実から逃げている節があるのでこのような記事にしてみました。

 

まとまらない文章ですみませんでした。