介護士で時給1500円を手に入れるために一番簡単なのは都市部の介護派遣で働く事

f:id:fukai19930806347:20180903160456p:plain

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

 

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

 

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

 

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

 

今回は都内の介護派遣の時給が高水準だということを伝えたくてこの記事を書きました。

 

世の中では「アルバイトの時給を上げろ‼︎」と言っている人たちがいます。その人たちが満足する時給ってだいたい1500円らしいです。

 

それだけ世の中の人たちが安い単価で働かされてる現実としてあります。

 

僕自身も以前は時給800円ぐらいのコンビニバイトを学生の時にしていましたけど、さすがにバカバカしくなってしまいました。

 

しかし今では一般的には低賃金と言われる介護業界で時給に1500円という単価で仕事をしています。

 

今回はそういう最近需要が上がってきている介護業界のお金の話をしていきたいと思っています。 

 

 

介護士不足が起こっているので派遣の時給が上がっている現状

 

東京の介護派遣の時給が1500円が普通になった背景としては深刻な介護士不足があります。

 

高齢化で高齢者が増えていく一方で介護職の従事者は増えることはなく、現在は約30万人の介護士が不足していると言われています。

 

このように今介護士は世の中から求められている職業でもあります。

 

そしてあらゆる企業が介護事業に資金を投入して有料の介護施設を建てました。

 

以前は国からの助成金を頼りにするしかなかった特別養護老人ホーム(通称特養)が多かったのです。

 

しかし最近都内では有利用者様から多くのお金をもらうことで運営する「有料老人ホーム」が増えてきました。

 

多くの有料老人ホームでは特養より充実した資金から職員の待遇にお金を回すことができて他の介護施設より給料水水準が高いです。

 

なので昔と違って介護は稼げない仕事では無くなりつつあると個人的には思っています。

 

しかしこれは都市部の派遣として働いている介護士に限った話だと後付けで言いたいです。

 

介護をするなら絶対に都市部がいいです。その理由は次の項目で説明します。

 

 

介護士は地方で働いてはいけない

 

僕が介護という仕事を多くの人に推奨していますけど、これらは都市部に限った話です。

 

実際に僕は地方で常勤として働いていた経験がありますが、今都市部で働いていてその違いを強く感じています。

 

その違いに関して詳しい話は別の記事で書いてありますので良かったら読んでみてください。

 

 

田舎での介護の仕事は今でも低賃金でも一人暮らしすらできない水準の給料をもらって実家暮らしを余儀なくされている人が多いです。

 

僕も田舎で介護の仕事をしている時は、手取りで15万ぐらいしかもらうことができませんでした。

 

しかし都市部で夜勤専属の介護派遣を始めたら手取りで25万くらいはもらえるようになりました。

 

夜勤専属の業務内容やメリットやデメリットが知りたい方の記事がありますので良かったら一緒に読んでみてください。

 

 

業務内容もどちらかというと今現在のほうが明らかに楽です。

 

以前特養に勤めていたのでその時に養ったスキルや経験が今の業務を楽にさせていると思います。

 

新しく介護を始める方は最初は介助量の多いきつい施設で働けば耐性がついてどこに行っても働きやすくなるのでオススメです。

 

 

低水準の給料と過酷な労働環境では家族を養っている人からしたら働く意味ないです。

  

都市部に行けば家賃も上がりますが、手取りで5万円以上の開きがあるので以前より良い生活できると思います。

 

田舎では介護の職場の数の選択肢も狭くて、少ない数の職場を介護士が取り合っている状況なので給料が抑えられます。

 

介護士の正社員の時給は最低賃金と同じぐらい少ない

 

僕が介護の仕事に関しては派遣で時給換算して働いたほうが良いと思っています。

 

理由としては

  • 自分で稼ぎたい額を決めることができる
  • 労働を抑えることも可能
  • 高単価の案件がよく紛れている
  • 自分に合わない時にはすぐ辞めれる
  • 鬱陶しい人間関係に巻き込まれない

ということがあります。介護の仕事の嫌な部分である

  • 人が不足してなかなか辞めさせてくれない
  • 残業が多い
  • 給料が低水準だけど辞めるの大変
  • 女性社会でめんどくさい人間関係に巻き込まれる
  • 不規則な勤務

の部分を介護派遣は全て解消してくれます。

 

介護派遣は派遣会社が自分を守ってくれるので、施設側も派遣社員を無下にすることなんかできないです。

 

もし派遣社員に対して酷い対応をした時にはすぐ契約を切られ人手不足が進み、悪評を派遣会社に伝えられてしまいます。

 

そういう現実があるのでみんな慎重に関わってくれます。

 

その流動性が高い働き方のおかげで理不尽な思いをすることも少ないです。

 

なので人手が少ない今だからこそ介護士は自分のライフスタイルにあった働き方を実現することが可能です。

 

 

僕自身は夜勤専属という働き方をしているのですけど、勤務の回数を減らしてもらう対応をこの間してもらいました。

 

普通に正社員として働いていたら絶対に無理な話です。

 

加えて常勤になる人が少ないので、派遣を雇うしかないような状況なので、高いお金を施設側が払わないといけないです。

 

介護士にはぜひ介護派遣は知っておきたい選択肢だと思います。

  

ブラック施設に対しても派遣で働くことで被害を最小限に留めることができます。

 

これから介護を始めようと思っている方にオススメの派遣会社

 

でも介護職になるのってハードルが高いように思われている部分はあると思っています。

 

資格が必要な仕事ですし、資格取得にはお金もかかります。

 

僕も無資格で介護職を始めたので、介護職員初任者研修という資格を8万円をかけて取得しました。

 

介護士不足の現実もあって、このお金を払うことが大きなハードルになっています。だって8万円って大きな額ですからねぇ

 

しかし介護派遣会社のかいご畑 では働くことで初任者研修を無料で受けることができます。

 

しかし資格がないとなかなか介護施設に派遣させていただけないので最初は看護助手として病院で働くことになると思います。

 

このかいご畑を生かした戦略として無資格者は

  1. かいご畑で看護助手として働きながら初任者研修の資格を取得
  2. 単価の高い案件が多いベネッセMCM に移行する
  3. 経験を重ねて信頼を重ねて単価交渉をする

というルートがコストパフォーマンスが良いのかな?って思っています。

 

無資格の方はまずはかいご畑に登録してみることをお勧めします。

 

かいご畑の公式ページは以下のボタンからいけますので是非確認してみてください。

 

 
初任者研修の有用性の記事も書いてありますので是非読んでみてください。

 

 

時給を上げる運動に参加するぐらいな働く環境を変えることによってすぐに時給を上げることができるのでまずは行動あるのみだと思っています。

 

介護士は都市部に出て介護派遣で効率よく稼ごう! 

介護士は割に合わない仕事だと思われていますが、割に合わない働き方を避けるように稼いでいけばいいと思います。

 

常勤だといくら働いても夜勤の回数や残業の時間以外で給料に変化を加えることができません。

 

しかし介護派遣だと他の施設とのWワークをすることもできますし、夜勤専属みたいにさらに稼げる働き方を選ぶことができます。

 

僕みたいにたくさん働きたくないから出勤は最小限にして生活費を削減するものいいと思っています。

 

その時間を使って好きなことをしたり、他の収入源の確保をしてみるのもいいと思っています。

 

こういう働き方は比較的の賃金の高い場所で働く必要があります。

 

都内はシェアハウスなど安い物件も案外ありますのでそれをうまく使って自分にあった生活を手に入れてみてはいかがでしょうか??