夜勤がツライと思う介護士必見!!夜勤専従の僕が実際に行って効果絶大な対策

f:id:fukai19930806347:20180916114908p:plain

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

 

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

 

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。
 

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

 

「夜勤前になると憂鬱な気持ちになる・・・」

「夜勤がツライから介護士をやめようかなぁ・・・」

 

そう思っている介護士の方は結構多いかもしれません。

 

今回は夜勤が辛いと思う方に向けた夜勤を乗り切るための眠さ対策をこの記事で伝えていきたいです。

 

夜勤の仕事をしていると「夜勤ばっかりで体調崩さないの?」と他の職員から聞かれることが多いです。

 

夜勤が嫌で介護の仕事から離れたいという人も多いですよね。

 

でも介護で効率よく給料を手に入れるためには夜勤を多くこなすことが大切なんです‼︎

 

今回は夜勤をしていると絶対に襲ってくる眠気や疲れに対して介護夜勤を専門としている僕が対策と「それでも無理」な人はどうすれば良いのか?ということを伝えたいと思います。

 

  • 夜勤前後の眠さ対策
  • 夜勤中の眠さ対策

これらをしっかりしていれば夜勤も乗り越えることができます。

 

これらの方法について具体的に書いていきたいと思います。

 

 

夜勤前後にする眠さ対策(睡眠の取り方)

 

夜勤をするにあたって前後の睡眠の充実がとても大事だと僕は主張したいです。

 

下手をすると夜勤前なのに疲れてしまっているということが起こってしまいます。

 

特に介護職は勤務が不規則なので生活も乱れてしまいがちです。

 

そのために僕は夜勤の前後には以下のことを気をつけて睡眠をとるようにしています。

 

寝る時間はいつもと同じにする、遅く寝ない

 

「夜勤の時間は遅いので遅くまで起きて遅くに起きれば良い」と思うかもしれません。

 

しかし、遅い時間に起きてしまうと休憩時間になった時に仮眠がとれない事が多いです。

 

仮眠がとれないといくら寝だめをしていたところで一気に、疲れが押し寄せてしまいます。

 

仮眠時間も施設によって様々ですけど一般的には23時〜5時だと言われています。

 

遅くに起きてしまうと23時から休憩に入ってしまうと、睡眠が取れない可能性があります。

 

いつもと同じ睡眠をすることによって生活習慣が乱れないということがあります。

 

特に日勤と夜勤を繰り返す人からすると勤務が不規則になりやすいので、睡眠時間を固定する事によって後の勤務に支障をきたさなくなります。

 

普通の勤務に戻るためにはいつもと同じ時間に寝て、いつもと同じ時間に起きることを徹底するべきだと思います。

 

夜勤明けは数時間の睡眠をとって後は起きておく

 

夜勤明けは疲れて家に帰ってベッドにダイブしてしまうのは当然かもしれませんね。

 

僕自身も家に帰ったらすぐに寝てしまいます。

 

ここで気をつけたいのはその睡眠は2〜3時間にしておくということですね。

 

というのも僕も昔よく昼の12時から18時まで寝ていたことがあったのですけど、当然のことかもしれませんけど・・・

 

夜寝ることができません・・・

 

夜なかなか寝ることができなくなってしまうと生活習慣が狂ってしまって次の勤務に支障をきたしてしまいます。

 

最初の項であげた「いつもと同じ睡眠をとる」ことが出来なくなってしまいます。

 

夜に自然に睡眠を促すためには夜勤が終わって家に帰ったときに取る睡眠の時間をセーブするといいと思います。 

 

食事を摂り過ぎない

僕はいつも夜勤前の昼食はできるだけ少なくするか、食べないかをします。

 

食事を取り過ぎてしまうと眠気が襲ってきます。

 

それを回復させるためには昼寝をするのですけど、昼寝をしてしまうと夜勤中の休憩で寝られなくなってしまうことがあります。

 

夜勤始まりは夕食の誘導や食事介助やら忙しくなりがちなので、昼食の消化をしながらの激しい動きはきつくなってしまいます。

 

ご飯を食べないとパワーが出ないという気持ちは分からないことはないのですけど、体を動かす仕事の場合は少しお腹をすかしておくぐらいがちょうどいいと思っています。

 

 

夜勤中にする眠さ対策

 

先ほどは夜勤前後にする睡眠の話をしたのですけど、夜勤中にもできることはあります。

 

その方法は3つあって

  1. 食事を摂りすぎない
  2. 所々10分ぐらい瞑想する
  3. ストレッチをする

を意識して夜勤を過ごすようにしています。

 

おかげで夜勤のきつさもなくなってきました。

 

夜勤中にするべき3つの事の説明をしていきたいと思います。

 

食事を摂りすぎない

夜勤前にも食事を取り過ぎないように伝えましたけど、夜勤中にも食事は少なめにした方がいいと思っています。

 

夜勤中に眠たくなりたくないなら、食事は軽く済ませる方が良いと思います。

 

しかし夜勤をしていると自然とお腹がすいてくると思います。

 

食欲と睡眠欲どっちを取るかは自由なのですけど、夜勤は勤務時間が長いので食事をするなら仮眠入る前までが良いと思います。

 

仮眠後に食事をしてしまうと、一番眠たい時間帯である朝の誘導時に何もできなくなってしまいます。

 

僕も夜勤の入りたては何回も失敗してしまいました。

 

なので食事は少なく食べなくてはやっていけない時は仮眠前に食べて後は我慢するようにしていました。

 

少ない睡眠時間で後の時間を動くためには空腹の方が良いと言われています。

 

多く食べてしまうと多くの睡眠時間を取らないと満足できなくなってしまいます。

 

短い仮眠時間を有効活用するためには、できるだけ空腹にするように心がけています。

 

所々10分程度のめいそうをする

 

めいそうって書いてしまいましたけど、何も考えずに目を閉じる時間を2時間に1回ぐらい持つようにしています。

 

思った以上に効果は大きくて、仮眠時間が過ぎてもまだ眠たい時がある時にスッキリさせてくれます。

 

はっきり言って1、2時間の休憩時間じゃ足りないです。

 

所々空いている時間を見つけたら目を閉じる癖をつけたら、朝の誘導や食事介助の際にダレないようにしてほしいです。

 

10分を侮ってはいけません。

 

夜勤ではその10分がとても大事なのです。

 

ストレッチをする 

 

介護の夜勤では待機をしている時間が長いのでデスクワークをする機会が多いです。

 

ずっとデスクでの作業をしていると体が凝り固まってしまいます。

 

体が固まってしまうといざ動く時に体が重くなってしまいますので定期的にストレッチをする時間を作ると良いと思います。

 

少し運動することによって脳もリフレッシュして眠気を感じなくなることもあります。

 

逆に激しい運動をしてしまうと体力が奪われて朝には力尽きてしまいますので気をつけて下さい。

 

 

夜勤として働きたくない人は派遣として日勤中心の勤務を組んでもらうことができる 

 

この記事では夜勤として働く人に向けて書いたのですけど、「夜勤が辛いから介護職を辞めたい」という夜勤自体が無理な人も多いと思います。

 

ここでパートや非正規で夜勤をしない勤務をするのもアリなんですけど、僕の場合は派遣を勧めたいです。

 

非正規やパートでは給料正社員と比べて給料に天地の差があります。

 

ただでさえ介護職は給料が低いのに、さらに下げられたらたまったもんじゃありませんよね??

 

そういう時に派遣では高単価の仕事が多いので、正社員よりも多くもらえるということも起こってきます。

 

介護の仕事のやる気があるけど夜勤の仕事が無理な人は変にその会社の社員として雇われるのではなくて派遣会社を通して勤める方が融通がきくことが多いです。

 

夜勤がしたくないのなら夜勤をしない希望をすれば良いし、その上で何曜日に出勤したいとかの希望もだしやすいです。

 

職場が気に入らなかったら契約を切って他の派遣先にいけば良いのです。

 

自分の都合に合わせて臨機応変に働き方を変えることができるのは派遣会社の良いところだと思います。

 

派遣と正社員を経験している僕からしたら介護は派遣の方が圧倒的に美味しいです。

 

 

ベネッセMCMでは案件の数が多いので選択肢を増やせる

 

僕も利用しているベネッセMCM では大手ということもあって案件の数が多いですね。

 

その分自分の都合に合わせた勤務がしやすい傾向があります。

 

一番の特徴は圧倒的に高い単価です。

 

定期的にキャンペーンを開催して夜勤一回30000円越えもごろごろあります。

 

東京の方では時給が1500円がデフォになっているので1日8時間働いて12000円で20日働いてそれだけで月収24万です。

 

これ施設の非正規やパートだと稼ぎ出せない金額です。

 

もちろん1500円より高い時給の案件もたくさんあるので、オススメです。

 

実際に利用してみて良かったことを記事にしてみましたので是非読んでみてください。

 

 

さいごに・・・

 

いかがだったでしょうか?

 

現在介護の夜勤がツライと思っている人は多いとは思いますけど、介護夜勤は比較的業務が少ないですし手当も出るので美味しいと思います。

 

眠気うまく付き合ってがっぽり稼いじゃいましょう。

 

それが出来なくても派遣なら給料を多く落とさずに自分にあった働き方をすることができます。

 

夜勤がツライと言って介護を辞めてしまうのはもったいないです。

 

これからどんどん需要も上がり給料も上がりやすい仕事です。

 

ちなみに介護夜勤の業務に関して知りたい方は別の記事がありますので参考にしてみてください。

 

 

ぜひ「夜勤がツライ」と思っている方がこの記事を読んで自分なりの介護士人生を送って欲しいと心から思っています。