介護士で「仕事がきつい」と思っている人に伝えたい楽に働くための方法

f:id:fukai19930806347:20180916011230p:plain

  

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

 

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

 

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。
 

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

 

世間の介護職のイメージって結構悪いですよね。

 

 

みたいなイメージを持っている人が多いかもしれません。実際にこういう働き方をしている方は多いかもしれません。

 

実際に僕も島根の特養で介護士をしていた時はこの全部が当てはまっていました。

 

 

介護施設は良い悪いが分かれやすいのでこればかりは色んな施設を巡って当たりを引いていくことが大事だと思って

www.tantandaisuki.com

います。

 

上京して介護派遣で働くことになってから仕事に感じていた理不尽さを感じることがなくなってきました。

 

  

確かに僕の周りの人でも安月給なのにきつくて離職したり重すぎる責任で心を病んでしまうというケースは多いです。

 

以前の上司は優秀な人で仕方けど安月給すぎて退職して近くの工場に行ってしまいました。

 

 

でも介護職だからって諦めてしまうのも勿体無いと思います。

 

逆にこういう現状があるということよりも働き方次第でこれらの問題も緩和できるということをこの記事を読んで知ってほしいと思っています。

 

 

 

地方の正社員は給料も低いし仕事内容がキツイ

  

正規職員が良くないって言えるのは2月まで特養で正規職として働いていた経験があるからです。

 

みんな責任感の強い方が多かったので、自分の時間を犠牲にして施設や入居者様に貢献しようとしていた優しい人だと思います。

 

しかしそれを悪く言ってしまうと搾取されている状態であってその状態で働き続けていても生活はよくはならないです。

 

多くの人が体調を崩したりして、鬱になって仕事をどんどん辞めていって人手不足が更に加速しました。

 

その状態では入居者様も満足いく支援を受ける事ができないですし、職員も激務に襲われてしまいます。

 

僕の場合は時間内に全ての業務を終わらせて定時で帰っていたのですけど、ほとんどの人はサービス残業していました。

 

実際に僕たち介護士ができる事はいかに搾取されない働き方をするか?という事に尽きると思います。

 

介護職が頑張れば頑張るほど「これできるならもっと任せても大丈夫だな」と思ってタスクをどんどん投げてきます。

 

 

『やりがい搾取』をされない働き方をするための方法は別の記事で書いてありますので良かったら読んでみてください。

 

 

 

介護士は需要が高いのでもっと積極的に自分の理想的な働き方が実現しやすい

 

介護業界自体が圧倒的に人手不足なので職にあぶれるということがないのが強みだと思っています。

 

離職率が高い業界はその分給料が上がる可能性を秘めています。その件に関しても別記事にまとめていますので良かったら参考にしてみてください。

 

 

どの職場に行っても人手不足で悩んでいるし、僕が今の職場に派遣されたときもすごく感謝されました。

 

介護業界に関しては派遣で働いていると施設側よりも有利に動くことができます。

 

ちょっとしたわがままなら聞いてくれます。僕もこの間出勤日数を減らすようようにお願いしたら速攻了承してくれました。

 

そこを上手く利用して自分の条件にあった場所を片っ端から探していくのが良いと思います。

 

正社員になると施設側が「雇ってやっているんだ」みたいな傲慢な態度をとるパターンが存在します。

 

派遣の場合は職場に不満を抱えたら、すぐ他の施設に派遣してもらえばいいだけです。

 

その際に前の派遣先のダメなところとか良かったところを派遣会社に伝えます。

 

そのときの評価に合わせて派遣するのかしないのかを決めるので、安易なことをしたらこれから入ってくる人が派遣ですらいなくなってしまいます。

  

あとわざわざ退職届を出さなくても職場を変えることが出来るのは本当に大きいです。

 

職場を転々としてれば自分が働きやすいと思えるような職場は見つかってきます。

 

派遣で働いていると正社員という働き方が不毛かということを嫌ほど思い知らされました。

 

正社員だとなかなか辞めれないので比較検討がしづらくてズルズル沼に引きずり込まれていく事がある。

 

いろんな施設の業務を経験すれば介護技術や知識を重ねることが出来るので、どこでも通用する人材になることが出来るのが大きいです。

 

特養は技術を付ける手段としては優秀だと思いますので、1回は勤めた方がいいと思っています。

 

 

介護派遣の良いところは融通を利かせてくれるところ

 

僕が派遣で夜勤専属の仕事をしている理由としては

  • 単価が高い
  • 自分の時間を多く持てる
  • 早く起きなくていい
  • 面倒くさいコミュニケーションが少ない

ということがあります。

 

特にお金という部分には強く拘っています。

 

介護職ってボランティア精神みたいな感じですけど、僕は基本的に少ない労力で最大限のお金を手に入れることを考えています。

 

そういう意味で単価が高くてそこまで辛いことが少ない夜勤専属という道を選びました。

 

介護夜勤に関して知りたい方のための記事がありますのでぜひ読んでみてください。

 

 

介護士はお金さえ多く貰えれば、精神を病んだりするようなことが明らかに減ると思っています。

 

介護士がストレスをためないような働き方に関しては別の記事がありますので良かったら読んでみてください。

 

 

お金は精神安定剤に等しいです。

 

だからこそ、ただでさえストレスが多くついてしまう介護士はストレスの少ない環境に身をおくようにして、最大限の賃金を得る事をするべきだと思っています。

 

その労働とお金のコントロールが出来るのは派遣やパートだと思っていて、正社員だとそれを許してもらえないような状況になっています。

 

でも労働において自分自身をコントロールするってすごく大事なことです。

 

少し給料が下がってもそれを優先するべきだし、介護派遣なら逆に給料が多いという謎の状況が発生しています。

 

東京ならコンスタントに時給1500円です。正社員だと時給換算するとそのような額にいくことはあまりないです。

 

 

自分で労働をコントロールしながら自分でほしい額を稼ぐというスタイルは派遣ならではの特権なので生かさない手はないではないでしょうか。

 

そもそも派遣は高単価なところが多いですから、自分にあってなおかつ給料が良いところはたくさんあります。

 

 

 

オススメ介護派遣の会社は??

 

 

冒頭に書いたのですけど僕は今現在ベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっています。

 

以前は地方の正社員で働いていましたけど、都市部で働いてから給料が10万円近くアップしました。

 

10万円ってすごいですよね!いくら地方と都市部の家賃が違うといえどさすがに10万円も差はないです。

 

僕の場合は夜勤専従として働いているので派遣の中でも多くもらっているのですけど、それでも都内の派遣の時給は高単価です。

 

福利厚生に関しても

  • 交通費支給
  • 社会保険の加入
  • 厚生年金の加入

という正社員と同じような扱いを受けることができます。

 

中には特別案件という普通より単価が高い案件があるのですけど、登録会に参加すると非公開案件がメールで送られてきます。

 

さすがに現場でのキャリアが長ければ派遣会社も信頼してくれて高単価の案件をどんどん出してくれると思います。

 

あとは人がたくさん入れ替わりする時期に時給が上がったりします。詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

 

 

実際に利用して感じたことを記事にしていますので一緒に読んでいただけるとリアルを知っていただけると思っています。

 

 介護派遣ならキツイ職場に当たった場合でもすぐに他の派遣先に変えてもらう事ができます。

 

もちろん介護派遣でも地方の方だと単価が低いので都市部以外で介護の仕事をする事はあまりオススメしません。

 

金額的な意味でもですし、施設の数が少なくてキツイ特養が多いのでなかなか逃げる事ができないのがネックだと思っています。

 

 

  

さいごに・・・

 

介護に対してのブラックなイメージって、正社員で一生懸命頑張っている人受けている理不尽なことが多いです。

 

僕が派遣として今の施設に入ってから、特に不満もなく働くことができています。

 

他の派遣社員の人をみても心に余裕を持って働けている印象があります。

 

雇われ先が施設ではなくて、派遣会社なので施設側も雑に扱うことが出来ません。

 

介護はこれから需要が広がってくるのに、貴重な人材がいなくなってしまうのは勿体無いです。

 

それなら派遣で緩く賢く稼いだほうが得策だと僕は思っています。