現場で多くの命を看取ってきた僕が思うあるべき「看取りケア」とは?

f:id:fukai19930806347:20180914165629p:plain

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

 

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

 

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。
 

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

 

特別養護老人ホーム(基本亡くなられるまで住むことになる老人ホーム)に勤めている2年の間に実際に看取ってきた利用者様は数え切れません。

 

目の前で苦しみながら亡くなられた方もおれば、生を全うした如く笑顔で最期を迎える方など人様々な最期をこの目で見てきました。

 

歳を取ってくると徐々に体が弱ってきてご飯も食べなくなり、やせ細っていきます。

 

自然の定理だと分かっていても、それまで一緒に過ごしてきた家族やその最期の場所で巡り合った僕達介護士からしてもとてもつらい現実です

 

昨日まで一緒にお茶して話していた利用者様がだんだん弱っていく姿をみるのはいくら多くの人を看取ってきた経験がある僕らでも感じるものがあります。

 

現実を受け入れた上でいかに本人らしい最期を迎えられるかということ考えれば本人に最期まで寄り添うということが非常に大切だと思います。

 

今回は看取りケアについて僕が大切にしていることについて共有していきたいと思います。

 

 

看取りケアとはなんなのか?

 

看取りケアとは余命わずかである利用者様に対して行う介護です。(看護も含まれる)

 

ガンなどの病気によって年齢や体力から治療が不可能だとその利用者様の担当医師が判断し指示したときに始められます。

 

基本看取りケアは延命治療はしないので、痛みや不快感を和らげたり心のケアに努めていくことが主になってきます。

 

場所によって看取りケアをしない施設があるのですけど、大体の施設では行います。

 

5/2追記:今現在は東京で有料老人ホームで派遣で働いているのですけど原則看取り介護は行わないようです。

 

 

介護士が看取りケアのときに出来ることは??

 

介護士は医療行為が基本的に出来ないので医療の面からのサポートをすることが出来ません。

 

しかし介護士は近い距離で利用者様と関わっている人なので、家族の次ぐらいにその人のことを分かっている存在なのです。

 

その人がどのようなことをすると喜び、どういったことが好きなのか??

 

一番近い距離で利用者様と関わってきているからこそできることがあるはずです!!

 

「もう看取りになってしまったからできない・・・」ではなくその人が残っている力でその人ができることやっていただくことだっていいです。

 

今まで以上にその人に寄り添った関わりをすればそれでいいと思っています

 

例えばオムツ交換する際は足や腕をマッサージするだけで安心されるかもしれません。

 

中には親戚や介護職員全員集めてパーティーをしたという話も聞きます。

 

実際にうちの施設ではこういったことをしています

  • 家族様との時間を過ごす
  • その方が好きな食べ物だけを食べていただく
  • 手を握って話しかけたりマッサージなど触れ合う機会を多くつくる

 

他にも常にキレイにいていただくために清潔保持をしたり、好きな音楽を流したりその方が安心して過ごせる環境作りをすることも大切です。

  

看取りケアをする上で一番大事なことは?

 

介護士は食事、排泄、入浴の3大介助というイメージが強いと思いますが、実は利用者様の心のケアが一番の仕事ではないかと思っています。

 

もちろんその3つの介護も必要ですけど、施設ってその人が最期まで生活する場所でもあるのでその生活をいかに充実させられるかが大事だと思っています。

 

その方にも元住んでいた家や家族がいて多くの方から愛されていた人なのです。

 

人達がわざわざうちの施設に来ていただいているので最大限のおもてなしをするべきだとおもっています。

 

そして人生最後の時間をうちの施設で過ごしてよかったって思えるように僕はいつも利用者様に関わっています。

 

その方のニーズを引き出してサポートするのが介護士の仕事です。

 

その姿勢を持っていれば、看取りケアになられた利用者様に対してもその人らしいく過ごしていただける手助けができるのではないでしょうか??

 

自分がされて嫌な介護は他人にしない意識を持つ

 

気持ちがない人はその人のニーズを引き出すことも出来ないし、利用者様と良い関係を気づくことは出来ません。

 

僕は看取りケアになる前の元気なときに一緒にお出かけに出たり(ショッピングモールで一緒に服を買ったり、カフェでお茶したりした)できるだけ楽しいことをするようにしている。

  

介護の基本は自分がしてほしいことをして、されて嫌なことはしないという超簡単なことだ。

  

普通に人間として接していればいいと思います。

 

自分が余命宣告されたときにどうして欲しいかを想像する

 

実際に命のやり取りを日常から行っている僕は実際に余命宣告されたらどういった最期をどうしたいかということをよく考える。

 

まだ20代でそんなこと考える必要はないのかもしれないけど、いつ体調を崩してしまうかもわからない。

 

余命宣告されてから考えるじゃ遅い。

 

もたもたしていると自分の命の火は消えてしまう。そのためにも1年に1回でもいいから考える時間をとるべきだ。

 

それを文章に書いておくだけで残された家族は何をすべきかがはっきり分かってくる。

 

何事も準備さえあればなんとかなるのだ。

 

看取りケアはしたくない人は派遣で働くと良いと思う

 

看取りケアは非常に最後のケアと言われるぐらい責任が重大です。

 

その責任の重さが嫌な人は案外いると思います。

 

そういう人たちには派遣として働くことをお勧めします。

 

僕自身はベネッセMCM という派遣会社にお世話になっていますがとにかく単価が高くて福利厚生が充実している。

 

ここで自分看取りケアをする責任に耐えきれないのならその趣旨を派遣会社に伝えて職場探しをしてもらうことも可能です。

 

僕の場合は看取りケアは大丈夫でしたけどたまたま派遣された施設が看取りケアをしない場所で看護師も多い場所だったので非常にストレスが少なく働けています。

 

ベネッセMCM の場合は単価が高いので薄月給と言われる介護士でも東京で十分な生活を行うことができています。

 

ぜひ気になる方は公式サイトから見てみてください。登録会に行けば非公開の求人をもらうことができて良いですよ。

 

 

ベネッセMCMを利用した感想もありますので良かったら読んでみてください。

 

 最後まで快適に過ごして頂こうとする意識が大事

 

看取りだからって気構える必要はまったくないと思います。

 

確かにとても悲しいですし責任はあります。

 

それよりもその人らしく快適に最期を過ごしていただけるかどうかではないだろうか??

 

そのためには心からの関わりが必要不可欠だし、これからも介護士という仕事をするにあたってこういった気持ちを持ち続けて関わっていけたらと思います。