介護派遣の働き方

常勤介護士が派遣介護士を見下したりする事があるけど気にしなくていいです

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

派遣という仕事をしているとよく「ずっと派遣をしていくつもりなの?」という言葉を聞きます。

「余計なお世話」だとは思いますけど、ぶっちゃけ常勤介護士は派遣介護士の事を見下しているのは事実です。

そもそも自分たちが良い環境でいい給料をもらって働けているなら他の職員がどう働いていようが関係ないですからね。

今回は介護士さんの正社員思考に疑問を呈する記事にしていきたいと思います。

時給換算すると派遣のほうが多くの額をいただいている事実

介護派遣の時給は都内で1500円が普通になっていて比較的に高額です。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

その一方で常勤の介護士の給料を働いた時間分で割ってみると最低賃金並みになってしまう現実があります。

もちろん常勤には

  • ボーナス
  • 多くの残業

によって給料を補っているのですけど、それでも働いた時間に応じて給料がもらえているのは介護派遣の方です。

夜勤専従という働き方は月に長時間の残業をしている常勤の人よりも多くの給料をいただく事ができます。

介護士は夜勤で稼ぐのが鉄板です。

介護士で月収30万円を目指すためには夜勤専属になった方がいい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

やっぱり働くなら少ない時間でたくさんの金額を稼ぎたいですし、そのために自分で働き方を工夫した結果介護派遣を選択した方も多いと思います。

そう思えば常勤が介護派遣を見下す風潮があるのは完全に雰囲気だけということになりますね。

時給が高いという事はその労働市場における価値が単純に高いということであるのは事実です。

実際にSOSを出している施設への救世主的役割が派遣なので受け入れ態勢がしっかりしていないと派遣をストップさせられてしまう可能性もあります。

そう考えると常勤からすると「自分はこんなに頑張っているのに楽している人より給料が少ないんだ?」と不満があるかもしれないですね。

介護派遣は決められた時間に決められた業務をこなせばそれでいい

介護派遣は細かいことを考える必要がないです。

とにかく素早く与えられた仕事をこなせばいいわけですから、変に周りの人間関係を考えながら動いたりする必要はないです。

基本的に派遣は周りの職員との強いつながりはないので、チームプレイという意識よりかは個人としての能力が問われる感じになります。

もちろん派遣はプロフェッショナルという前提で派遣されるので期待を裏切らないような働きをするべきだと個人的には思っています。

といっても特養で1年勤めたぐらいの経験があれば十分に他の施設でも通用すると思っています。

介護士が最初に勤めたほうがいい施設とその理由を解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

でもそれさえ出来てしまえば基本的に文句は言われないですし、何か言われても「やることはやったので」といえば大丈夫です。

派遣社員は直接施設に雇われていないので無下に扱おうとする人がいた時点で派遣会社と施設の間の信頼問題に関わってくるので、基本的に守られています。

同じ場所で違う条件で働いている人をみて愉快に思わない常勤介護士は多いとは思います。

実際に常勤介護士はいろんな職種や人間関係に板挟みになっていることが多いです。

本当に必要かわからない作業を上から「やれ」と言われたからやっていることに対してフラストレーションを溜めているかもしれないですね。

それに加えて最初の項目に書いたように基本的に派遣の方が働いた時間に対しての給料が高いので、嫉妬の対象になってもおかしくないでしょう。

常勤だから=社会人として一人前ではないという思い込み

 

多くの大人が勘違いしているかもしれないですけど、正社員になったら立派な大人みたいな考えやめませんか??

正社員でも給料が少なかったら意味ないですよ。

特に介護士に関しては正社員で働くよりも派遣で働いた方が時給換算した時に高くなります。

その事実を知っていなかったら単に損しているだけです。

知っているのに「正社員は偉い」根拠のない自信のために現状を打破しようとしないのは思考停止以外の何者でもないと思っています。

わざわざ雇われて仕事をする理由として「楽しく生活するため」というものがほとんどだと思っています。

時給が低いと多くの時間を犠牲にしないと生活をすることができないし、それなら時給をあげて少ない時間で最大限の収入を得ようと思えないのがよくないと思っています。

常勤からすると派遣は「大人として一人前じゃない」みたいなことを思っているかもしれないです。

はっきり言ってろくに働き方を考えずに「正社員なら認めてもらえる」と考えて現状に満足している方が明らかに自立した大人のあり方ではないと思っています。

派遣をしている方はとてもお金に関してシビアな方が多いです。

僕も含めて介護という仕事に対して「お金を稼ぐ手段にすぎない」と考えをもっていてそれをクリアしていたうえで自分のスキルアップややりがいを見出しています。

介護業界の現状同じ場所でいくら頑張ってもそこまで給料が上がるわけではないのです。

積極的に環境を変えて金払いのいいところで働くフットワークの軽さもこれからの働き方で大事なことだと思っています。

僕の場合は本業の介護夜勤は月に8~9回に抑えて(手取り20万~23万ぐらい)後の時間をネットを使った副業を取り入れています。

介護士の副業に関して思ったことを書いていますので良かったら読んでみてください。

派遣介護士に副収入ができて一気に生活が楽になった経験を話していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今は月に全て含めて40万円ぐらいの収入を得ることができています。

雇われて働くともらえる額に限界があるので副業と掛け合わせて収入アップを狙っていくといいと思っています。

今は働き方も多様化しているのでそこに目を向け自分の満足のいく生活を手に入れて欲しいと思います。

家族がいるからこそゆるい働き方をするべきではないのか?? 

 

よく「家族ができたから仕事頑張らないとね」と言われるけど意味不明です。

家族ができたからこそ時間を使うために残業なし・休日出勤なしみたいな働き方をすべきではないか?と思っています。

その頑張るというのがお金稼ぎを意味するなら副業を育てていくとか介護なら夜勤を多く取り入れるのがいいと思っています。

一つの仕事を頑張ってももらえる額は限界がありますし、そもそも介護士自体が収入が少ないです。

なので大切な人を守るためにも家にいる時間を増やす必要があります。

労働で必要以上の時間を犠牲にする働き方から徐々に脱却する必要があると思っています。

僕の場合は夜勤が月に八回くらいで月に14日ぐらい休みになってます。8日ほど夜に家にいないことがありますけど自由な時間は多いです。

それが正社員だと家族いるのに残業を強いられて、その残業がないと家族が暮らせないみたいな状態になることが度々あります。

結局それで家族のための時間を確保できなかったら、生活するためだけの労働になってしまいます。

家族のためを思うなら自分の時給をあげることです。時給が上がればその分時間を作り出すことができます。

時間を作り出すことができれば選択肢が増えるので、さらに収益をあげたり家族サービスを充実させることができます。

そういう意味では介護士の派遣という仕事はいいと思っています。

介護士自体人手不足で多くの施設が派遣だろうと喉から手が出るほど欲しいと思っていると思っています。

介護士の働き方は人手不足によって多様化されている どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

そういう意味では結婚したら正社員ではなくて高単価の派遣に流れて多くのリスクに対応できるように時間を作る方向に持って行った方がいいと思っています。

 

ライフスタイルに合わせた働き方ができるのは派遣の専売特許

派遣の場合だと自分のライフスタイルに合わせた働き方がしやすいと思います。

それに加えて派遣は働いた時間そのまま給料になるので自分で働く量を増減させて収入をコントロールする事が可能です。

介護士に多いサービス残業をしてしまった途端にその地域の最低時給を下回ってしまうということも普通にあります。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

さいごに・・・

まとめてしまうと常勤介護士が派遣介護士を下に見ている件については単純に

  • 楽に働いて時給が高いのが気に入らない
  • 自分の給料を時給換算したことない人
  • 正社員じゃないと一人前じゃないという根拠のない思い込み

が原因ではないか?と思っています。

実際に働く側からしたら毎月生活できる給料が振込まれればいいのでできるだけ最小限の労力で稼ごうという意識を持っていた方がいいと思っています。

結局雇われて働いている以上頑張りがそのまま給料に反映されるわけではないので、労力は最小限がいいと思っています。

そのために派遣を選んでいる人はしっかり自分の働き方に向き合っています。

このサイトをみて派遣を始めた人は常勤からの目を気にせずに自分のやるべきことに徹して欲しいと思っています。

こちらの記事もおすすめ!
介護派遣の働き方

【介護派遣あるある】「出勤日数減らして生活できるの?」という余計なお世話を言う人たちに伝えたいこと

2019年3月30日
派遣介護士の最強の働き方
どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。  …