介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護夜勤のススメ

介護夜勤をする上で楽な施設かどうかを見極める方法を現役夜勤専従介護士の経験から伝えます

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。
 

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCM公式ページ

 
 
今回は僕が今実際に働いている介護夜勤についていかにして楽な案件を見つけているのか?ということについて書いていきたいと思っています。
 
 
夜勤に関しては別の記事で詳しく書いていますので一緒に読んでみてください。せっかく働くなら心身ともに負担の少ないほうが良いと思います。
 
 
 
夜勤は体力勝負になるので日勤で働くよりさらに慎重になって職場選びをしたほうが良いと思っています。
 
 

高級志向の施設(有料老人ホームなど)

 

資金回りの良い施設は人件費や設備費に投資されるので働きやすい環境が用意されている事が多いですし。

 

その施設が充実しているかを判断する材料としては

  • 入居金1000万円代
  • 月額30万円以上

という感じに入居者様に多くのお金をもらって運営している施設は高級志向が強いと思います。

実際に僕の派遣先もその高級志向の有料老人ホームで大きな会社の社長さんやその世界では有名な方もいます。

面会に来る人で僕でも知っているぐらいの有名な芸能人がくる事もあります。

施設の形態的には多くの資金を入居者様からもらえるのは

  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者住宅

という風になっていて、お金を多く払ってもらっているので入居者様を満足させる為の意識が高いのできるだけ一人の介護士が一人の入居者様にあたる時間が長いです。

そして介護士がいなくなったら困るので給料払いや有給も取得率も良いです。

逆に国からのお金に依存していて、入居者様からお金をたくさん取れないシステムになっている

  • 特養
  • ショートステイ
  • デイサービス
  • 老健

みたいな施設は機材などの投資や人件費にお金が取れなくて人手不足で介護士は給料が少なくて激務、入居者様も手厚い介護が受けられないという事があります。

なので基本的に資金繰りの良い施設で働く事が良い職場を見つける為の条件であるのは間違いではないと思います。

休憩時間

 

夜勤専属としての休憩の体制はだいたい三つあります

  • 1時間(16時間勤務)
  • 2時間(15時間勤務)
  • 90分(15、16 時間勤務)

もちろん休憩時間が短いと勤務時間が長くなる傾向があるのでそこは稼ぎたい人は1時間休憩が良いと思っています。

僕は1時間の時給を犠牲にして休みたいと思っているので2時間休憩の施設で働いています。

中には1時間明記の施設でもその時間より多く休めるようにしてくれる施設も中にはあります。

これは事前情報で聞く事ができないので自分が良いと思う方を選んだほうが良いです。 

1時間と2時間で回復具合は全然違うので僕はたくさん休めたほうが良いと思っています。

担当フロアの入居者の数と介護度

 

夜勤は基本的に少人数の介護士で対応します。なので一人当たりの介護士がみる入居者様の人数は大事な要素です。

僕は今現在25人のフロアを二人で見る体制のところで働いています。もちろん休憩の兼ね合いもあって25人を一人で見ることもあります。

施設によって自分一人で見る入居者様の数が多かったり少なかったりするのでそこも派遣会社が知っている情報なので聞き出したほうが良いです。

派遣という緊急時の対応に不安を感じている施設もあるので複数で見る体制のところが多いと思っています。

ちなみに特養や老健みたいな施設は介護度が高くて、急変の多い入居者様が多いので忙しくなりがちですし、最初に書いた通り資金繰りが悪くて一人が見ることもあります。

個人的には

  • 夜勤にナースがいるのか?
  • 夜勤に正社員の職員がいるか?

ということも気にしたほうが良いです。

基本的に派遣よりも常勤のほうが各入居者様のことを詳しく知っているので状態の変化について敏感です。

一人だと責任が全部自分のところに行くので責任の分散的にも複数の職員でフロアを見たほうが良いと思っています。

もちろん自分が見る入居者様の介護度によって負担が変わってきますので平均介護度が事前情報で手に入ります。

やっぱり自立の人が多ければ多いほど介護者の負担は少なくなるので気にしたほうが良いと思います。

もちろん中には介護度が低いけど転倒の危険があるような人や性格に問題のある方がコールを連打することがあるので一概には言えないです。

おむつ交換などの介助の頻度が下がってくるので個人的には良いと思っています。

詳しい夜勤の仕事の記事もありますので良かったら読んでみてください。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析しますどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

これらの情報は事前に派遣会社から集めよう

 

この記事では何度も言っているのですけど、 とにかく派遣会社に情報を集めることが大事です。
 
  • 施設の形態
  • 休憩時間
  • 入居者数、介護度
 これらの情報は派遣会社に聞くことができます。
 
 
例えばどんな職員がいるのかとか入居者の質とかの情報は実際に働いてみないと分からないです。
 
 
しかし今回書いたことは派遣会社に言えば教えてくれることなので、今回書いた記事を参考にして施設を選んでいただくことをオススメします。
 
 
あと派遣だと内部に入らないと分からないことで不満が出てきたときに他の派遣先に移れるので非常に安心ではあります。
 
 
最悪自分が納得する施設に巡り合うまで動き続けるのもアリだと思います。
 
関連記事