介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護士の収入アップ

介護士は頑張っているからこそお金のための労働をした方がいい

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCM公式ページ

 
今回はタイトルに書いてあるようにお金のために介護士をすることについて書いていきたいと思います。
 

お金のために介護をすることが悪く思われる風潮

 
多くの介護士さんが都内で夜勤専従をしている理由としてはお金のためです。
 
 
介護の経験があるのでその介護でいかに稼げるかを考えた結果都内で派遣会社を通して夜勤専従をするという選択は非常に合理的だと思います。
 
 
しかし介護業界というかサービス業界って効率よくお金を稼ぐのは悪だという風潮があります。
 
 
実際に高齢者の命を預かっているわけですから責任はあると思います。
 
 
なので真面目に働いて低い給料にも我慢して国や施設の言いなりになることが絶対的な善として考える介護士は結構多いと思います。
 
しかし僕の場合は
 
  • 残業は絶対に断る
  • 有給は絶対使い切る
  • 給料以上の働きはしない
  • 定時に絶対帰る(仕事が終わっていなくても)

という施設からしたら迷惑極まりない介護士ですが

  • できない仕事は断る
  • 一つ一つの業務をこなすスピードや効率を上げて絶対に終わらせる

という感じにやっているので時間内に業務が終わらないということはありません。

確かに人を相手にしている仕事なのでそういう働き方をしている僕みたいな人は許されないのもわかります。

介護士の世間的な価値をあげたいと思っている人からしたら邪魔な存在かもしれません。

真面目な人の存在は世間から「安い給料でたくさん働いてくれる便利な存在」と思われる原因にもなります。

なので介護士がしっかりした対価をもらうためには必要以上に働かないということが大事だと思っています。

経営者が搾取してくるのならこちらも企業から搾取するような働き方をする事が大事だと思っています。

介護士の働き方は人手不足によって多様化されている どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

真面目に働く事が介護士の評価には繋がらない

 

実際に態度の問題と言っても、僕みたいな感じでゆるく働いていてもクビになることはないし、やることはしっかりやっています。

そもそも介護士の価値を認めさせようと思った時に「高い意識で仕事をしよう」となりがちです。

しかしそれだけだと安い給料で頑張ってくれる都合のいい存在にしかなりません。

実際にどこの施設も介護士が欲しい状態なので需要はあります。

たくさんのお金を払ってでも介護士に来てもらいたいという現状が今の都内での介護派遣にはあります。

介護士の派遣切りはチャンス!?大幅な給料アップのチャンスだぞ!!どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

介護士が真面目に働いたら絶対に評価してくれるという思い込みは捨てましょう。

勘違いして「プロ意識を養おう」みたいな感じで価値を高めようとしていますけど、単に都合のいい労働力でしかないです。

施設や国からしたら人権コストは安いに越したことないです。

安いコストで真面目に高いプロ意識を持って働いてもらった方がいいので、そう言う風にマインドコントロールされているに過ぎないのです。

自分の価値を高めていくためには介護士自体がもっとお金に執着した働き方をする必要があると思っています。

労働者の意識としていかに少ない労力で最大限のリターンを手に入れられるか?という意識が必要だと考えています。

その考えで働く介護士が増えると施設や国も対価を上げざるを得ない状態になります。

給料が少ないと感じたら介護士は労働量を意識的に減らした方がいい

 

今の介護士は本当頑張りすぎです。

その頑張りに対する対価も低いのに、そこまでする必要はないと思います。

それは一般的に美徳として考えられることかもしれませんが、多くの介護士が不幸になる考え方です。

労働に対する対価が少ないと生活することも大変ですし、生活難が原因でストレスが溜まり他の職員や利用者様に対して不利益を被ってしまっては意味がありません。

介護士の給料がなかなか上がらないことも考えると、給料の低い今そこまで頑張る必要があるのか?と疑問に感じて欲しいです。

施設側やお客様からしたら介護士に頑張ってもらいたいかもしれないですけど、あくまで仕事は生活を継続してくための手段でしかないです。

頑張れば頑張るほど評価されて対価が上がっていくなら頑張る価値はあるかもしれないです.

しかし現状において今いる場所で消耗してしまうのはどうか?と思ってしまいます。

自分たちで頑張って価値を上げるというよりかは頑張りすぎずにもっと介護士の数が欲しいという需要を生んで賃金を上げるための交渉をした方が良いのかな?と思ってます。

都合の悪い介護士が増えた方が対価が上がる

 

労働者側からすると社会から介護士がどう思われているか?とか現場の人数が足りないとかそういうことは考えなくても良いと思っている。

与えられた仕事をすぐこなす事だけして後は自分の好きなように動いて良いと思っている。

結局人手が足りないのを個人の努力や過労によって補おうという考えが悪いはどうかと思います。

搾取しようとする経営者側の考えに労働者が乗せられて都合のいいように使われてしまうのはもったいないと思っています。

逆にいくら頑張っても貰える給料が同じなら比較的エコな動きをして最大限に給料をもらうような働き方を自分で構築していった方が良い。

東京だと時給1500円を派遣で働くことによって得ることが出来るのできます。それで自分の必要な額を最小限の労働で得ることができます。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができるどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

介護士という仕事は社会的には意義があるかもしれなけど、そこで働く人からしたらあくまで生活するための賃金を稼ぐ手段でしかないです。

問題なのはお金の為に働くことを善としない「あるべき介護士論」に囚われている人は一定数いるということです。

この人たちは介護士という仕事に対して「お金よりやりがいを持つことの方が大事に決まっている」と他人に経営者側に都合のいい人でしかないです。

介護士だって生活があります。そのためにお金のための働きをしてもいいと思っています。

僕が派遣化介護を当サイトで薦めている理由としても介護という仕事をお金を稼ぐための手段として割り切った方が稼げるし、無駄な事で消耗しなくて済むからという部分があります。

基本的に派遣介護士は施設からしたら人件費が高いし、色々な要求をしてくるやっかいな存在ではあるが、人手不足の中の苦肉の策ではあります。

しかし都合の悪い存在になった方がに自分のライフスタイルに合った働き方も実現しやすいです。

さいごに・・・

 

こういう感じの記事を現役介護士が書いてしまうのはどうかと思いましたけど、きれいごとを言って搾取されながら介護してそのストレスで裏でぐちぐち言って人より全然いいと思っています。

実際に介護現場での人間関係のもつれの原因として仕事でのストレスを他の職員やゲスト様にぶつけたりしている部分があります。

しかし僕みたいに派遣としてお金のために介護をしている人は自分の納得いくような働き方をすることが出来ている人が多い為ストレス少なく働くことが出来ています。

もう少し肩の力を抜いて労働者としての権利を守る為の働き方をしてみてはいかがでしょうか?

関連記事