介護派遣の働き方

介護士の派遣切りはチャンス!?大幅な給料アップのチャンスだぞ!!

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

他業種では派遣は常に「切られるのではないか?」という不安と戦っているという話をよく聞きます。

もちろん僕も派遣として働いているのでそういう部分もあるかもしれないですけど、切られることに対しての不安は全くと言っていいほどないです。

今回は介護士の派遣切りは本当は美味しい話だということについて書いていきたいと思います。

現在、介護士不足で需要が高まっている

 

2025年に38万人以上の介護士が不足している多くの施設が少ない介護士を奪い合っている事から介護士の需要は他職種と比べて高いです。

人間的に相当な問題があって施設に過大な損害を与えるようなことがなければ派遣切りをされることはないとは思います。

実際に僕の派遣先でも契約を自ら切る人はたくさんいましたけど、切られた人は数少なかったです。

僕のしている夜勤専従に関しては介護職が少ない夜を任されるので緊急時の対応や確実に業務を時間内にこなせる人材である必要があるので評価はされているということになります。

介護夜勤の内容が知りたい方は別の記事がありますので一緒に読んでみてください。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

派遣の場合は施設側も職員に給料を払う以上に多くのお金を払って派遣してもらっているのですぐ切ってすぐ新しい人に来てもらうのは人件費が増えてしまう背景があります。

そういった人手不足と介護業界に多くのお金が回っていない現実から普通に働いていれば切られることはないです。

もし万が一切られたとしても失業保険を使う事ができます。

基本切られないので介護派遣の場合失業保険は自己都合で支給日が三ヶ月伸びてしまいます。

なので少し働かずに休みたいという人からしたら派遣切りはありがたいです。

とは言ってもほとんどの人は出来るだけ派遣切りにあうのは精神的によくないと思います。

なぜ精神的によくないかというと「次の仕事が見つかるか心配・・・」という事が主な理由だと思います。

しかし介護派遣の場合は最初に書いたように需要が高いので、今よりいい時給の案件が結構あったりするので切られたら給料が上がったみたいな事が普通にあります。

そう考えてみると介護派遣で働くことによって基本は切られなくて安心ですけど、切られても給料を上げることもできるのでとてもいい選択ではないか?と思っています。

介護の仕事は一度スキルや知識を身につければ重宝してくれる

 

僕の場合は特養で3年常勤として働いていたので、他の施設出身の人よりかは現場におけるスキルは高い自負を持っています。

なので個人的には介護士をこれから始める方にはキツかもしれないですけど、後々のことを考えて特養で働いた方がいいです。

【スキル】介護士が最初に勤めたほうがいい施設とその理由を解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

資格だけでなく実務での経験さえあれば基本的にどこの施設も自分のことを貴重な戦力として見てくれるようになります。

人手不足の状態と合わせたら首を切るという行為自体が、常勤で働く人が急激に増えて派遣が必要なくなったということがない限り起こりえないです。

介護士を始めるときに考えるのは給料よりもいかに短い期間でスキルを蓄えて必要な人材になるかということに尽きます。

給料に関しては自分の能力に自信がついて周りから評価されたときに高単価の案件にチャレンジしたり単価交渉すればいいと思います。

まずは現場で多くのことを学んだり研修へ積極的に参加して使えるスキルを蓄えていくことが大事だと思います。

先に給料をめがけていくと自分の能力が釣り合っていないときに派遣会社からさらに高い案件を紹介してもらえなかったりします。

最初の期間は修行だと思って歯を食いしばることが大事だと思います。

時給換算して稼ぎたい額を稼ぐことができる

 

介護派遣は切られないとはいえ正社員みたいに100%は存在しないので、そのぶん時給は高いです。

正社員だと時給換算すると最低賃金並みになっていることが多いです。

しかし都内の派遣介護の時給は1500円という高水準が当たり前の世界なのです。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

よく世の中では「時給を1500円にしろ!!」ということでデモをしているところを見ますけど、彼らこそ介護の仕事をすれば簡単に達成されます。

それに社会的に介護士が不足しているのでその助けにもなってくれると思っています。

それに加えて僕の場合は夜勤専属なので夜勤手当を含めると時給1800円以上で働くことができています。

介護は夜勤で稼ぐと言っても過言ではありません。

介護士で月収30万円を目指すためには夜勤専属になった方がいい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

もちろん常勤はボーナスがありますけど額が上がったり下がったりします。

個人的には給料が低くてボーナスが高いところは要注意で、経営が悪化したときに真っ先に削られるのがボーナスです。

給料は原則減らされる事がないのです。

正社員(常勤)の働き方は時給換算ではないので時給換算した時に最低賃金だったりします、それを残業で埋めています。

それなら残業が基本ない高単価の派遣で働いて残業しない時間に副業を入れてみるのはいかがでしょうか?

僕の場合はそれで収入が2倍になったので時間を安く切り売りする働き方をしなくてよかったと本当に思っています。

 

介護派遣で働く事で自分に合った働き方ができる

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

さいごに・・・

 

今回の記事の要点として・・・

  • 人手不足すぎて切れない
  • 切られても他の案件がすぐ用意される
  • 介護士は派遣という選択を持っておけば自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる

そう考えると今の介護業界は働き手が強くなってきて施設側は思うようにいかない現状も見えてきます。

それを労働者側は活かさない手はないです。

搾取されて病んでしまうのは非常にもったいないです。せっかく需要のある業界で働いてるのでその恩恵をもっと受けるべきだと思っています。

派遣切りは他の業種だと大変なことですけど介護に関しては介護施設はそこら辺中にあるので心配する必要がないです。

そうなるためにもしっかり自分自身の価値を高めていくことが大事だと思っています。

こちらの記事もおすすめ!