介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
ブラック施設について

ブラックな介護施設を見極める3つのポイントと対策を現役介護士が説明します。

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕は大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

僕は介護士歴4年目の若造ではありますけど、4年の間に

  • 特養(従来型)
  • 特養(ユニット型)
  • ショートステイ
  • 有料老人ホーム

という4つの形態の施設で働いた経験がありますけど、その中にはいい運営をしている場所もあればちょっと微妙なところもあるのは確かです。

基本的に医療福祉はブラックよりな職場が多いのですけど、介護も例外ではありません。

しかし労働者としては比較的働きやすい場所で働きたいものですよね??

今回はそういった介護士の方やこれから介護士になろうと思っている人に向けてブラックな施設の特徴みたいなのを書いていきたいと思っています。

最近厚生労働省が本腰をいれてブラック企業対策をしている

 

ブラック企業の存在が社会的に大きな問題になっていることもあって厚生労働省も対策に乗り出しています。

実際にである相談窓口(過重労働撲滅特別対策班)の設立されました。

実際にその相談窓口から大手企業の役員を書類送検をすることに成功しました。

この流れは介護業界でもあります。

だからこそ介護士も一労働省として個人でブラック施設対策をして自分の身を守る時代に突入して来たと感じています。

 

ブラック施設の3つの特徴

介護業界は他職種と比べてブラックなところが多くて

  • 給料が低い
  • サービス残業が横行している
  • 有給が取得できない

という施設が多く存在して、これから介護士に転職したい人や他の施設から転職したい人からしたらどのような施設を選べばいいのか?ということが難しいと思います。

実際に僕はホワイトな施設とブラックな施設に勤めた経験から見極めのポイントを3つほどお伝えできればいいと思います。

家族や入居者を極端に持ち上げる施設

 

利用者やその家族は介護施設からしたら大切なお客様ですが、過剰にサービスを提供してしまう施設があります。

利用する側からしたらとてもありがたい話ですけど、その分の対応が介護職員に降り注いでやるべきことが増えていきます。

「なんでもやりますよ!!」といって相手の要求を全て受けてしまうのは現場のことを全く考えていない管理側の落ち度です。

現場で介護する人のおかげで成り立っている部分があります。

利用者様や家族を第一で考えることは大切な視点です。

そういう意味でも介護士が不足してている今は経営者側が労働者を搾取する事が難しくなっているような気がします。

介護士の働き方は人手不足によって多様化されている どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

高い理想を掲げて介護しようとして介護士への負担を増やそうとしている施設はお金を人件費に多く投入しない限り衰退していくと思っています。

良いケアをしていてもケアをする介護士が減ってしまったら元も子もありません。

現場の人は理想の介護を実現したいという思いを持っているかもしれないですけど、搾取されてまでする必要はないと思っています。

顧客満足度を上げるために少ない人材なので無理やり実現しようとする事が問題であると思っています。

良い施設はできることとできない事の線引きをしてその部分を家族や入居者に納得してもらえる施設だと思っています。

そういう意味でも家族や入居者に対して施設側の方針を伝えて納得してもらおうとしていない施設はブラックです。

人の入れ替わりが激しい施設

 

多くの職場のブラックを見極める上でも同じことを言われているかもしれないですけど、介護は基本的に人の入れ替わりが激しい世界です。

特に都内の場合は派遣が多いので気に入らない事があったりさらにいい給料が提示されたら他の施設に行ってしまいます。

どちらにしろその施設の待遇や働き方について不満のある人が結構いるという事があるります。

もちろん完璧な職場なんてないわけだから、自分の中で妥協点を探して行くことが大事だと思っています。

人の入れ替わりが激しいという事は多くの人が不満を持って働いている事が多いので判断材料としては充分だと思っています。

ケアマネージャーや相談員の質が悪い施設

 

最初の項目であげた「家族や入居者の言いなり」という状況を作ってしまう原因として施設の窓口になっているケアマネや相談員の質の問題が挙げられます。

入居する前の説明を怠っていたり、家族がクレーマー体質だった時に施設側の方針をびって伝えられないという事が原因で現場に負担がかかってしまうケースです。

確かにこれらの仕事はとても多忙で多くの人と関わる機会が多いので疲れ切っている部分はあるのです。

介護士が意識高く働いても人手不足・低賃金は解消されない理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

しかし結局現場との連携がうまく取れなかったりすると介護の統一性が無くなって結局本人の為にならない支援をする結果になってしまうケースがあります。

そして本来必要なかった業務を追加させられたりする事があったりするので、施設として出来ることと出来ない事をしっかり伝えて線引きをする必要はあります。

以前勤めていた施設では窓口である相談員が家族からの信頼を失っていって、現場に全部そのツケが回っていたというケースがありました。

ケアマネや相談員だけでなく業種間や家族との連携がスムーズではないと消耗する結果になってしまいます。

そういう部分は入ってすぐは分からなくて少し在籍したらだんだん分ってくる事ではあるので周りをしっかり観察しておいた方が良いと思います。

面接や訪問時にしっかり確認をすべき

先ほど挙げた施設の特徴って実際に中に入って見ないと分からないので「転職はガチャ」と言われることもあります。

実際にいいと思って入った介護施設は実はブラックだったということは結構あります。

そうならないためにも面接時や訪問時に施設の詳しい状況を聞くのがいいと思います。

  • 年間の行事日程について
  • 給料について
  • 平均の残業時間について
  • 年に何人の職員が入って出ていくのか?
  • 有給の取得率について

ここまで聞くのはどうかと思う人もいますけど、ここの部分の答えを濁してくる施設は多くの確率でブラックな労働を強いてくる可能性があります。

だからこそ最初の顔合わせの際にしっかりそこのところを確認すべきです。

聞いて落とされるのを恐る人がいますけど、基本は人手不足なので介護施設は人材を選定する余裕はないです。

それで落とされたなら他の施設を受ければいいでだけです。

労働者として労働条件や就業規約はとても大事なことなので逆に聞かない方がどうかと思います。

介護施設に直接雇用されない働き方をするべき

 

ブラックな労働をしない為に施設と近い働き方をしないという方法があります。

深く入り込んで働いていると何が正しくて間違っているか、客観的に判断し辛くなってしまいます。

  • 周りの人はサービス残業しているから自分もして当然だと思う
  • 人手不足で有給が取得できないから自分も取得できないと思う
  • みんな給料が低くても頑張っているから自分も給料が低くてもしょうがない

間違っている考えですけど、周りの人が同じように働いているとそれが普通に思えてくるんですよね。

だからこそそういう人とは距離を置いて働く事が案外大事なのではないか?と思っています。

介護派遣は良い選択肢だと思う

 

僕は派遣として介護施設で働いていますが、その職場の悪い風習を受ける事なく働くことができています。

派遣としていつでもそこから離れられるようにして多くの施設を渡り歩きながら経験を積んでいい施設か悪い施設かを判断出来たらいいと思っています。

派遣の方が時給が高めに設定されていて残業代を除くと派遣の方が多くのお金をもらう事が出来る謎になっています。

田舎(地方)の介護士は都市部の施設で働いたほうがいい理由どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

僕の場合は夜勤専属で働いていて普通の正社員より多くの金額を貰う事に成功しています。

介護業回は人手不足でどこも喉から手が出るほど介護士が欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリットやデメリットが知りたい方は別の記事に詳しく解説していますので良かったら読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

 

良い環境で介護士の仕事がしたい人は派遣で働くことをオススメします

介護士という仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

現役介護士が「きらケア派遣」の口コミ・評判・感想からメリット・デメリットを徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

さいごに・・・

 

介護士はやりがいの搾取をされるケースが多いのですけどそれからいかに逃げて、自分の納得するような職場で働くことは十分に可能です。

理由としては人手不足の職場が多くてなかなか貴重な戦力を無下に扱う事が出来ないですし、派遣として働くことによってブラックで働き続けるリスクは減ります。

実際に派遣なら次の場所に変えて貰えばそれで済みますし、繰り返していけばいつか自分の理想の職場に行き着くと思っています。

人手不足だからこそ戦略を持って職場選びをしていただきたいと思っています。

こちらの記事もおすすめ!