介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護士の生活について

「介護士は結婚できない」と思って諦める必要はない理由を書いていきます。

どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。

派遣介護士として夜勤専属という働き方をしていて月に10回程度しか職場に行かない生活を送っています。

介護夜勤は本当オススメする仕事なので気になる方は別の記事を読んでいただけれうと嬉しいです。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析しますどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

今回は介護士の結婚について考えてきたいと思っています。

以前介護士は出会いを求めている男性からしたら最適な仕事かもしれないと思う理由という記事を書いました。

しかし付き合うことができますけど介護士の低い給料じゃ結婚できないと思っている人は結構多いような気がします。

今日はそんな方に向けた記事になります。

男性介護士の半分以下は独身

 

現在の男性の生涯未婚率は23.37%です(2015年調べ)

一方男性介護士の未婚率は48%という他職種と比べて高い水準になっています。

なので一般的に考えると介護職は給料が低いから生活できないという思いがあって結婚を踏みとどまる男性が一定数存在するという事です。

実際に独身の介護士は僕の周りにいますし、その中で結婚願望がある人も多く婚活をしている人もいます。

しかし年収が低いことによって結婚市場で苦戦する事があるそうです。

僕の職場の既婚者の介護士の方は意外に多い

上にあげたデータとは別に僕の今の派遣先の職員のほとんどが既婚者になっています。

先日僕と同い年の方も結婚をしていました。

給料が少ないからって結婚ができないという考え方自体が非常にもったいないと思っています。

別に結婚して良い場所に住んだり、高い買い物をするなど自分の身の丈に合わない生活をしない限り介護士の給料で破産することは基本的にないと思っています。

実際に介護士じゃ結婚できないと思って業界に入った若者も簡単に結婚したりしています。

逆に結婚で大切なのはお金をたくさん稼ぐことではなくて相手を見つけて手に職をつけてどこでも働ける状態になることだと思っています。

介護士は実務経験と資格さえあれば日本全国で永続的に働くことができる職業です。

結婚しても収入が途絶えることが基本ないので安心ではないか?と思ったりもしています。

手に職をつけられる介護職はこれからのマストな選択になっていく理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

そういう背景もあり介護士は結婚しても幸せになれないみたいに思い込んでいるのはそんだと思っています。

実際に多くの介護士が結婚して幸せに生活しています。

この事実から介護士は結婚できないわけでもないし介護士の給料でも結婚後は楽しくやっていけるということがわかると思っています。

結局うまくやっていけるかいけないかってお互いの性格や生活能力的な部分の方が大きくてお金はその上であったらいいという位置づけかもしれないですね。

介護士同士の結婚も多い

 

さっきの項目を読んで「片方の収入が高いから何とかなっているんじゃないの?」と思っている人がいます。

いまの職場でも前の職場で介護士同士の結婚も結構多いです。

そもそも社会人になると出会いのきっかけも減るので職場内結婚も増えてくると思うのですけど介護士も例外なく多いです。

その時は違う部署離されることが多いのですけど、二人働いていれば生活することも十分に可能だと思っています。

子供ができて片方が仕事量を減らせば少しきつくはなるのですけど、生活が破綻することはないです。

しっかり固定費を抑えた生活をしていれば大丈夫だと思います。

  • 格安スマホの導入
  • ネットショッピングの利用
  • 家賃のグレードを下げる

は結婚していなくても意識して取り組んだ方がいいと思っています。

しかしここで付け加えるとしたら、単価が極端に低い介護の職場を選ばないことが大事だと思っています。

実際に給料が低い田舎の介護施設だと家賃を節約するためにどっちかの実家に入ることが多かったりします。

それは育児をする上でも大変ありがたいことかもしれないですけど、親なのに自立できないという謎の状況が発生しやすいです。

自分たちで限られたお金でやりくりすることは大切なことだと思いますし、心理的にどっちかの実家にお世話になるって嫌な人が多いと思います。

そのためにも介護士でも稼げる働き方をする必要があると思っています。

収入が低いからこそ結婚する必要があると思う

 

なんか結婚にはお金が必要と思っているかもしれないですけど、そんなことないです。

あなたは結婚したら相手に働かずに専業主婦になってほしいと考えているのでしょうか?

はっきり言ってそれは無理ですし、諦めたほうがいいです。

介護士は給料が少ないから結婚できないと思う男性は「自分が家族を養っていかないと」と思っている人が多いですけど、それはたくさん給料をもらっている人ができることです。

そもそも結婚ってお金がかかるものではないですし、書類に記入をすればする事ができます。

逆に収入が低い介護士だからこそ、結婚して共働きをして収入を2倍にしたほうがいいと思います。

それができないという女性だったら結婚しなくていいんじゃないでしょうか?

「男は妻と子供を養ってやっと一人前」みたいななプライドは捨てればいいと思います。

そもそもこの言葉が言われ始めた時代は収入が高く普通に男1人の収入で生活できたのですけど、今はそんな時代ではありません。

男1人の収入で生活するのは難しい時代になって、昔でいう1人前ではない男性が増えているのです。

だからこそ夫婦で協力して働いて生活していく必要があると思います。

低収入の低い介護士だからこそ結婚は有効な手段だと思います。

僕自身も今月の生活費が10万以下で収まっているのは安い地域で彼女と同棲しているからです。

子供ができれば話は別かもしれないですけど、2人働く事で生活に余裕は出てきますので有効な手段だと思います。

介護士も働き方によって収入をアップさせることが十分可能

 

僕は実際に夜勤専属という働き方をしていますけど、夜勤専属の仕事は普通に働くようも夜勤手当が入ってくるので給料が5万近く多くもらえるような感じになっています。

「介護は夜勤で稼げ」と言われるぐらい介護士の夜勤手当は大きいと思っています。

逆に夜勤をせずに介護で稼ぐのは管理職になるぐらいです。施設によっては管理職よりも夜勤専属の方が稼げるケースだってあります。

介護士で月収30万円を目指すためには夜勤専属になった方がいい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護職ってなぜか正社員で働く方が給料が低いんですよね。

正社員はボーナスという存在があるのですけど、残業やボーナスを含めて夜勤専属と同じぐらいだと考えると、夜勤専属をしてそれ以外の時間で収入源を作った方がいいと思います。

僕の場合は夜勤専属の派遣をしつつブログアフィリエントで月に5~10万円あたりの額を稼いでいます。

副収入があると一気に生活が楽になります。

収入を上げたい介護士は副業にチャレンジしてみてはいかがですか?どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。 現在は派遣にて夜勤専属という働き方をして生活をしています。 しかし介護士の給...

もちろんその時間を他の職場と掛け持ちをして安定的に収益を上げていく選択をすることもできます。

掛け持ちをしたい人はこちらの記事を読んでいただけると嬉しいです。

介護士は掛け持ち・Wワークをあまりオススメしない理由どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

僕の場合は労働自体の時間を増やしたくなかったので好きだったブログをマネタイズして副収入を得ている状態です。

介護士は働き方をライフスタイルに合わせられるし働く先も多く存在するので給料さえなんとかすればいいと思っています。

そのための方法論としては夜勤専属を収入の柱にしてそこに掛け持ちや副収入などの収入を合わせれば安定性は増してくると思っています。

夜勤専属のショート夜勤(21:00~7:00)とかなら家の用事とかもしっかりこなすことができるので結構オススメだと思っています。

あと派遣の良いところとしては会社側の都合に振り回されることが皆無だということです。

 
自分の予定を会社に覆されるということが基本的に存在しないのでストレスフリーに自分の家のことに集中することができます。
 
 

結婚をする最大の障壁がお金の部分であって薄月給と言われる介護の仕事は結婚は無理と思われています。

しかし働き方によっては結婚も可能な収入を得ることが介護派遣なら可能です。

こういった選択肢があると知っていれば柔軟なライフスタイルを形成することが可能だと思っています。

 

結婚しても大丈夫な給料と良い労働環境で働きたい人は派遣がいいかもしれない

介護士という仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

現役介護士が「きらケア派遣」の口コミ・評判・感想からメリット・デメリットを徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

結論:給料が低いから結婚は諦めるべきではない

 

なんか結婚するためにはお金が必要みたいな事を思う介護士が多いかもしれないですけど、そんな事はないです。

別に今は共働きの時代なので自分より稼げる人と結婚するものありですし、2人で働いて世帯年収をあげればいいのではないでしょうか?

結婚に必要な事はお金ではなく結婚する相手を見つける事です。

介護士を理由に結婚できないと思うのは結構ですけど、それは介護士だから結婚できないんじゃなくて結婚できない人だから結婚できないだけです。

結婚したい人は収入が低くても結婚できますし、共働きで幸せに暮らしています。

だからこそ介護士ということだけで結婚を諦める必要はないと思います。

こちらの記事もおすすめ!
介護士の生活について

引越しの多い介護士さんは大手の介護派遣会社を利用すればライフスタイルに合わせた働き方ができる

2018年8月5日
介護士の働き方のこれから
どうで現役介護士ののたんたん(@tantan4423)です。 現在は東京の23区内にある有料介護施設にて夜勤専従として働いています。 3 …