介護夜勤のススメ

介護夜勤での夕食や夜食で気をつけたいことやオススメの食品、施設食について

どうも夜勤の入り前にこのブログを書いているたんたん(@tantan4423)です。

今回は介護夜勤をする上でどうしても悩まずにいられない夕食に何を持っていくか問題であると思っています。

働く施設によってはお金を払って利用者様と同じご飯を食べることができたり夜食が支給されることもあります。

しかしそうではない施設が数多くあるのも事実です。

僕の所はパンが一つ支給されるのですけど、さすがにそれだけだとお腹が空いてしまいます。

ということで介護夜勤の食事で気をつけていることやどんなものを食べているかということを書いていきたいと思っています。

お腹をいっぱいにしないぐらいの量にする

 

介護の仕事は力仕事で他の職種と比べても体力が必要とされる仕事です。

夜勤の場合でも例外でもなく、転倒の危険がある利用者様のセンサーコールが鳴ればダッシュでその方の部屋にいくことはたびたびあります。

介護夜勤の業務に関しては別の記事がありますのでよかったら読んでみてください。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

そうなってくると「力仕事だからたくさん食べとかないと・・・」という気持ちになってたくさん食べるようになってきます。

大量摂取してしまうとその消化に時間をかけてしまって強い眠気に襲われたりして思うように体が動かなくなります。

しかし16時間のロング夜勤において休憩時間は多くても2時間なのでその時間じゃ夜勤中の体力回復が思うようにいかないことが多いです。

そうならないように基本的にはお腹いっぱいには食べずにお腹が少し空いている状態を保つようにはしています。

そうしていれば眠気によって仕事のパフォーマンスを下げる可能性がなくなってきます。

インスタント食品を持って行くことをやめる

 

男性に多いのですけど夜勤にカップ麺を持ってくるのは個人的にオススメしません。

基本的に炭水化物を撮ってしまうとそのぶん眠気が強くなってしまいます。

ただでさえ夜勤の仕事は健康的によくないのに、体に悪いものの代表格であるカップ麺を食べるのはどうかと思っています。

夜勤中だけでなく日常生活ではカップ麺を食べないようにしています。

不規則な勤務の多い介護士だからこそ、食べるものには気を使いたいところですね。

カップ麺はお湯を注ぐだけでできるのは気軽ですけど、個人的には湯を入れて待っている時に利用者様のコールが鳴ったらその時に麺が伸びてしまうのもマイナスポイントです。

基本的に夜勤の仕事中にご飯を食べることが多いので、待機をしながら夕食を食べることになるので基本業務優先です。

そういう点から考えてもカップ麺は夜勤をするとには融通の利かない食品だと思っています。

個人的オススメ夜勤のご飯は??

僕は基本的に夜勤の時に食べているものはいつも同じです。

  • ゆで卵2個(コンビニで120円ぐらいで売っている)
  • バナナ1本(コンビニで120円)
  • おにぎり1個(夜勤入りの日の昼食で余ったご飯で作ったもの)

簡単に言ってしまえば筋トレをする人が持っていく食材です。

基本的にパンが施設から支給されるのですけどそれには手をつけずに家に持って帰って次の日の朝食として食べることが多いです。

単に何を持っていくかを考えるのがめんどくさいということもあります。

これらを食べていれば夜勤中を普通に乗り越えることができるので変える必要があるとは思っていません。

このメニューにしたのは簡単に買うことができるからです。コンビニ行けばバナナもゆで卵もあります。

介護夜勤というハードな仕事をするから炭水化物を摂取するのではなくて体調を崩しやすいので普段から不足しがちなタンパク質を摂るという考えです。

本当ならプロテインやサラダチキンも追加したいところですけど値段が跳ね上がることや満腹度が上がってしまうことも考慮するとそこまで摂取する意味もないのかな?って思っています。

夜勤専属はご飯を用意してくれる施設を探したほうが良い

 

今僕が働いている派遣先の施設ではパンのみが出てくるのですけど、本当はご飯のことを考えなくて良いように利用者様と同じものを食べれる方が気が楽で良いです。

その分1食で300円ぐらいかかりますけど、結局自分で買ってしまうことを考えればやすいように感じます。

しかも高齢者が食べるものなので非常に食事のバランスが良くて手作りなので満足度も高いと思っています。

そういう情報を考えた上で夜勤専属を生業としているしている人は選んでみても良いと思います。

そもそも夜勤専属自体派遣でしかできないのでそのご飯の件に関しては派遣会社が詳しく知っているので聞いてみるのも良いかもしれないです。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

僕の場合は少ない労働量である程度稼いで低い生活費で生活をするスタイルをとっていますが、そこの部分をしっかり理解してくれています。

自分のライフスタイル合わせた働き方をする上で派遣会社選びは大事です。

そういう意味でもベネッセMCMは大手ということもあってコンサルの質が高いような気がします。

僕自身も多くの派遣会社に登録して選択肢を増やして良い案件を探しているのですけどベネッセMCMの安定感はハンパないと思います。

今回はご飯の件で派遣の話になりましたけど、夜勤専従にとって夕食問題は結構悩ましいものであって、できれば用意してくれれば嬉しいです。

とくに独身男性の僕からしても一定のお金を払ってもご飯は用意して欲しいです。

夜勤の回数が10回以下なので一ヶ月の食事代だけでも3000円もいかないので積極的に利用していきたいです。

次の派遣先では夕食が出てくるところを選びたいですね。

実際に使ってみた感想は別の記事にありますので一緒に読んでみてください。

【評判、口コミ】介護派遣会社ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しま...

ベネッセMCMの詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

ベネッセMCMを登録する

 
 
 

最後に・・・

 

夜勤専属をするにあたって夕食の問題は切っても切れない問題です。

一人暮らしをしていなくて誰かと一緒に住んでいたとしてもご飯を作るのは負担ですし、ロング夜勤だと出勤の時間が16時とかになるので夕食にしては早いのでめんどくさいです。

なので自分で用意するかお金を払って提供してもらうべきだと思っています。

この記事を読んで夜勤をするときの参考にしていただければ嬉しいと思っています。

こちらの記事もおすすめ!