介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護派遣について

介護士の正職員が「介護派遣になりたい」という相談を受けた背景と僕が感じたこと

どうも介護派遣で夜勤専従として働いているたんたん(@tantan4423)です。

最近夜勤をしている時に一緒のフロアをみている僕と年が近い正職員の方が「介護派遣ってぶっちゃけどう?」みたいな事を聞いてきました。

どうやらその人は正職員としての働き方に疑問を持っているようで、「生活するお金がだけあれば良いのにそんなに無理して働く必要があるのか?」と思っていたそうです。

確かに正職員の介護士さんはいつも残業していて、毎月の給料は夜勤専属をしている僕より低いようです(ボーナスでトントンかちょっと正職員が多いぐらい)

その方も他の派遣介護士の方にお金の話を聞いて気持ちが揺らいでいる様子でした。

僕はブログで介護派遣に関する紹介もしていることもあって介護派遣に関しての情報をできる限り伝えました。

派遣介護士への需要が正社員の中で確実に広がって彼女みたいな正職員がこれからも増えてくると僕は思っています。

今回の記事では介護派遣になりたい正職員について書いていきたいと思います。

ベネッセMCMで仕事を探す

介護士が仕事に求める「やりがい」「お金」の比率が変わってきている

 

介護士や保育士を長くしている人とかって稼ぐための手段というよりかは「自分のやりたかった仕事」として捉えている事が多いです。

少ない給料でも「好きな仕事をしているから大丈夫」となる事ができるかもしれません。

「稼がなければいけない」という気持ちが薄いので好きな事を仕事にできて低い給料にも我慢できているかもしれません。

しかし最近の介護士の動向を見ていると多くの施設が正社員よりも派遣社員が多いという事実があります。

介護士という仕事に対してやりがいよりも堅実にお金を稼ぐ事に趣を置いているように感じます。

例の相談してきた人も介護士の仕事は嫌いではないけど、そんなに無理して働く必要がないという事を言っていました。

それほどブラックな労働が横行している業界でもあるので、比較的若い人を中心にブラックな働き方にアレルギーが出ているように感じます。

僕より年下の子でも介護派遣として働いている人も結構います。

理由を聞いたら「介護士として稼ぐなら派遣が最適解」という事を言っていました。

確かにお金がないとそもそも生活を満足にしてく事ができないですし、仕事は自分が幸せに生きてく上でのサブウェポンに過ぎないです。

介護派遣をしているからって介護の仕事が好きじゃないとかそういう話ではなくて、好きな介護で消耗しないために介護派遣という生き方を選んでいるだけです。

「やりがい」というのは自分が生活にある程度困らないお金をもらった上で成り立つものだと思っています。

そういう意味では介護士自体の意識がどんどん変わってきて、業務改善とかもどんどん進んでいくのではないかと期待しています。

 

人と関わる仕事だけどやりがいの搾取が横行しすぎている

 

介護士にしても保育士にしても人と関わる仕事というなかなか価値を数字として出す事ができない仕事になっています。

なので少ない給料でたくさん働かされる事が多いかもしれません。

まさに『やりがいの搾取』と許されない事なのですけど、その現状に泣き寝入りしていてはいけないと僕は思います。

僕の場合は以前正社員で搾取された田舎の介護施設を退職して上京しました。

介護士が『やりがいの搾取』をされないためにいかに逃げていくかを書いています。どうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 最近よく耳に聞く「やりがいの搾取」 この言葉は数年前に社...

収益を重視している有料老人ホームで夜勤専属で現在は働いているのですけど給料は月に10万円近く増加しました。

基本的に僕は施設に直接雇われる事があまり良くない事だと思っています。

施設との距離が近すぎてしまうと同調圧力によって残業、やりたくない仕事を断れないみたいな事が発生してきます。

もちろん所属していればある程度の生活を保証してもらえる事はあるのですけど、そのぶん施設に尽くす必要が出てきます。

僕は施設によって自分の時間をコントロールされる事が嫌である程度自分で働き方を選択できる派遣を選びました。

必ずどの業界も抜け道みたいな働き方があると思うのでそれを模索したほうがいいと思います。

介護派遣はやりがいの搾取をされずにコンスタントに稼げる抜け道

 

僕が介護派遣を勧める理由としては

  • 時給1500円が普通
  • 自分の好きな働き方ができる(時短勤務、夜勤なし、夜勤のみなど)
  • 嫌になったら他の派遣先にいける

ということが主にあります。

一部で「時給を1500円に上げろ!!」とデモをしていますけどその人たちは介護をすればいいと思います。

介護士で時給1500円を手に入れるために一番簡単なのは都市部の介護派遣で働く事どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

僕はそこまでたくさん働きたくないので夜勤専属をして深夜料金の多くもらってその余分仕事の日数を減らしています。

もっとお金が欲しくなったら勤務の回数を増やしてもいいですし、Wワークをするのもありかもしれません。

介護士は掛け持ちが掛け持ち・Wワークで収入を上げる事ができるけどあまりオススメしない理由どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

それぐらい働き方を自分でコントロールできるという事が介護派遣のいいところです。

僕の場合は固定費を下げて月に10万円あれば楽しく生きていく事ができるので、そんなにお金に依存しなくてもいいと思っています。

もちろん正社員になってがっつり施設の介護に介入をしたい人はいいと思いますけど、僕みたいにお金が入ればいいと思っている人からしたら正社員はキツイです。

一応以前も正社員で特養で働いて正社員ができない事はないんですけど介護派遣の快適さを覚えてしまったら戻れないんですよね。

そこにやりがいの搾取は全くありません。

自分で労働がコントロールできている状態で搾取される事なんて基本ないですからね。

介護派遣も会社によって大きく働き方が変わってくるから注意

 

介護派遣でも案件を多く取り扱っていなかったり、単価が低かったり、福利厚生が充実していない派遣会社が多いです。

そうならないためにはできるだけ大手の派遣会社に登録しておくのが吉だと思います。

僕は実際にベネッセMCM 大企業が運営している派遣会社を利用していますけど

  • 高単価の案件
  • 充実した福利厚生(交通費全負担、厚生年金、社会保険完備
  • 案件の充実さ(首都圏なら住んでいる場所にはだいたいある)

という事が非常に助かっています。

もし引越しをした時も近くにベネッセの案件があるので仕事探しも難航する事がないと思います。

福利厚生に関しても正社員と同じものを受ける事ができるので派遣で働く上でのデメリットを打ち消してくれます(厚生年金、社会保険は働き始めて二ヶ月後に適応される)

実際に利用してみた感想を記事にありますので良かったら読んでみてください。

【評判、口コミ】正社員の介護士だった僕がベネッセMCMの介護派遣で働いてみた感想どうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

派遣会社は複数登録して案件を見比べる事が大事なので、最大手のベネッセMCM は派遣介護をする上で必ず登録しておいたほうがいいです。

登録会に参加すれば非公開の案件も見る事ができるので近くの登録会にいって詳しい話を聞いたほうがいいと思います。

詳しくは公式サイトで確認してみてください。

ベネッセMCMで非公開案件を探す

 
 

介護士の働き方も変わりつつあると感じた

 

介護士は基本的に働き方とかそういう部分に疎い部分があると思っていました。

多くの人が様々な働き方を選択しているのを見ると介護士の働き方も変わってきていると感じます。

今回僕に相談してくれた正職員の介護士さんも自分のライフスタイルに合わせた働き方がしたいと言っていて少しずつ介護業界内での働き方改革を個人が意識をしているかもしれませんね。

僕も派遣介護の生き方みたいなブログを更新している身としてはとても嬉しいですね。

このブログをもし読んでくれた介護士さんも派遣介護という選択を入れてもいいのではないか?と思っています。