介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護の問題

介護士の技術向上によって人手不足は改善されない理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
介護士の仕事は「誰でも始める事ができる仕事でしょ?」というものがあります。
 
 
僕もそう思っていて逆に誰でも始められるという事を前面に押し出して介護業界は新規参入者を増やしていくべきだと思っています。
 
そこを変にプライドを持って「専門職なんですよ」みたいなことを言って、人手不足の業界にハードルを上げてしまうのはどうかと思っています。
 
  

今回の記事では介護士不足の解消に専門性を追求してはいけない理由について書いていきたいと思います。 

人手不足によって介護士の労働量は増えるが給料は増えない現実

 

介護保険の制定以降介護士に専門性を強く求める風潮が高まってきた事もあって、年を重ねるごとに仕事のハードさが増しているように感じています。

以前は食事と排泄と入浴の介助ができればそれで良かったのですけど、高齢化に伴って多くの施設で認知症の方を受け入れるようになりました。

僕が今いる施設では介助が必要はないけど認知症対応をするべき人は数多くいます。

  • 家に帰りたい人(昔住んでいた家に帰りたい)
  • モノを盗まれたという妄想
  • 自分や家族の名前が分からない方

今の介護現場って身体介護というよりかはその人の心に関わる事の方が圧倒的に多い印象です。

もちろん身体障害を兼ね備えている人もいるので介護士が求められるスキルは徐々に高くなっています。

しかし一方でスキル高める事を余儀なくされた介護士の給料は増えないです。

実際に専門性を追求しすぎずに人を集めるところから始めた方がいいと思っています。

都内なら全然生活していけるほどぐらいは貰う事ができるのですけど、地方だと実家で生活する事を余儀なくされる人は多いです。

実際に10年介護の現場経験がある上司が給料が少ないという事で近くの工場に転職してした事がありました。

介護士で給料が少ないので他職種に転職した尊敬していた上司を見て感じたこと どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

実際に前の職場でも職場内結婚をしたカップルもどっちかの実家にお世話にならざるを得ない人もいました。

多くのスキルを求めるならその分の対価を上げたり要求するのが当然なのですが、介護士はそういった事がなくて搾取され続けるという現実があります。

ブラック施設の特徴をまとめた記事もありますので良かったら読んでみてください。

介護士はブラックの温床。あなたを搾取してくる施設の特徴を説明します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

なので自分で働き方を考えて少しでも多くの給料をもらえるように工夫する必要があると思います。

介護士不足だからこそ専門性が低くても手に職をつける事がしやすい時代

現在介護士2025年に全国で38万人以上が不足すると言われています。

多くの高齢者が街の中で溢れかえって事件を起こしてしまうようなケースも少なくありません。

実際に施設が多くて精神的に問題があって生活支援が必要な高齢者のためにも施設と介護職の増加をまずはしていきたいところであります。

介護士は資格独占ではないのでどんどんいろんな人に介護職をしてもらう事が大事なのではないでしょうか?

せっかく参入障壁が少ないのに、給料が低いのに「専門性が・・・」と言っても仕方ないと思います。

その専門性に関しては現場に人手が充実したら教育にも力を入れる事ができるので向上する事ができると思っています。

逆に教育するような人員もお金もない状態で専門性を求める事自体無理な話ではないでしょうか??

今の給料水準じゃ職業選択の時点で介護という仕事は選択肢の中に入らないし、仕事に求められる事が増えてきてハードの仕事のイメージが強くついてしまっています。

なので給料の増加と一緒に介護士の業務と責任を分散してあげる事が大事なのではないかと思っている。

実際に他の業種と違ってマンパワーが重要視されますし、無くなってはいけない業種なので国が力を入れて行くべきだと思っています。

そうしなくてもこれからテクノロジーの発達によって仕事が機械によって奪われる事も増えていく事が予想されるのでその人材が介護や保育に流れる事もあります。

介護は機械に仕事を奪われない仕事です。

手に職を就けたいと思っている人からしたらとても将来性がありますし、全国どこに行っても働き口があるのでいい仕事だと思います。

あとは給料の部分さえ解決すればいいと思いますが、給料に関しても働き方によって一気に300万円の壁を突破する事ができると思っています。

多くの未経験介護士に働いてもらうために専門性を重視しすぎる事は辞めたほうがいい

 

保育にしてもそうなのですけど、専門性を求める割にたいした対価を用意しないということが多いです。

別に変にハードルを上げなくてもどんどん多くの人に参入してもらって働きながら現場のスキルを身につければいいと思っています。

介護士は資格が信用につながっているところもあります。

しかし今はコミュニケーションによる日常支援が多くあるのでどちらかというと介護をするにあたってのマインドの方が大事なんですよね。

実際に介護で稼ぎたい人は有料老人ホームがいいのですけど、ここでは介護技術よりもコミュニケーションやホスピタリティーの心の方が圧倒的に大事にされる傾向があります。

今は介護士の確保をしてその人材を育てていく時期でもあると思っています。

なので仕事を複雑化するのではなくて誰でもできるような仕組みを作って心に余裕を持って利用者様に関わっていくことの方が適切な介護だと僕は思っています。

激務で心身ともに疲れた状況でお客様に直接関わるなんてとても失礼です。

まずは利用者と関わる時間以外の業務改善から始めたほうがいいと思います。

介護の大事なことは心に余裕をもった状態で関わること

 

仕事をしているとやるべきことを増やしてしまいがちなんですけど、今ままでより大変になったら不満や不平がたまっていきます。

なのでやるべきことはシンプルで少なくして一番大事な実際に関わることを重要視するように業務改善を図っていくべきだと思います。

そのためには職員自体の負担を軽くしていくことが大事なのではないかと思っています。

関連記事