介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護士の悩みの解決

介護士が人間関係に悩まずに心地よく働くためにしておきたいこと

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
今回は人間関係で悩んでいる介護士さんに向けて記事を書いていきたいと思っています。
 
 

女性中心の職場は人間関係の問題が多い

 
 

介護士は女性が多い仕事ということもあって人間関係に悩んで辞めてしまうというケースは何回も見てきました。

僕自身はそこまで職場の人間関係に悩んだことがなく行く先々上司に可愛がってもらうことができています。

このような経験も踏まえて、今回は介護士の人間関係の構築の仕方みたいなことを実際に僕が行っていることを書いていきたいと思っています。

介護士仲間と深い関係にならずに適度な距離感を保つ

 

人間関係が悪化するのは職員同士で深い関係になってその反動で仲違いをしてしまったというケースが多いです。

なので元からそんな深い関係にならないように基本的には1匹狼になっていいと思います。

僕自身もどの職員とも連絡先は交換していませんし、尋ねられたとしても理由を付けて断るようにしています。

仕事は遊びではありませんので、仕事をする上で必要最低限のコミュニケーションを交わし合うぐらいがちょうどいいと思います。

多くの介護士はプライベートで一緒に過ごしています。

仲が良すぎるために仕事中に重大なミスを犯しても友達ということもあってろくに指摘もしない忖度な状態になってしまうことが多いです。

技術職である介護職としは不適切ですし、仕事とプライベートはしっかりと分けたい人は職場の人が自分の内面に入ってくるのに強い抵抗があります。

人間関係の話をしていていきなり深く関わらないって言われて意味わからない部分があるのですけど、適度な距離感を保つことが一番精神的に楽です。

ストレスの方向ができるだけ自分に向かないように基本的に距離を持って薄く人間関係を作っていくことをお勧めします。

他人の目を気にせずに自分のやるべき仕事をする

 

これは先ほどの項で述べたのですけど、できるだけ仕事のことに集中した方がいいということです。

熱心に仕事をしている姿を見れば誰も無下に扱うことはしません。

もしそれになんか突っかかってくる人がいたとしても自分のことを評価してくれる人がしっかり守ってくれます。

とにかく自分の信用をあげることを意識して仕事での立ち振る舞いをすることが、結果的に自分の人間関係によるリスクを下げてくれます。

施設に一人は人を攻撃しないと気が済まないようなタチの悪い人がいるのですけど、その人自体が多くの人から信用されていないので無視していいと思います。

僕の場合は心にもないことを言われたらそのさらに上の人に報告して対処してもらうようにしています。

自分が信用がある人なら、チームでの発言力も高くなってきますのでまずは自分の仕事に集中した方がいいと思っています。

自分のやるべきことをやることをまず第一に考えた方がいいです。

もちろん介護はチームとして行くべきですけど、一人一人が堅実にやるべきことをやっていくことがいいチームを作っていく上で大事だと思います。

自分の仕事に集中できる人は仕事人として信頼してもらえます。

しかし組織自体が腐りきっているときはそこから離脱をしなくちゃいけないです。

自分の努力じゃどうしようもない人間関係もあるので、自分にできることとできないことを見極める必要があります。

人間関係が悪質な職場からはすぐ離れたほうがいい

 

いくらリスクヘッジをして人間関係を築いたところでどうしようもないことはあります。

施設の中が腐りきってしまっていたり、上層部の人間性が悪い場合とかどうしようもないので、早い段階で離脱する必要があります。

正社員だと任されている仕事が多かったり過労によってなかなか環境を変えることが難しくて納得いかない環境で頑張り続けることにもなってしまうかもしれないです。

会社一つ変えるだけで退職届を書いて引き継ぎをして、その他もろもろの手続きをする必要があります。

僕も今まで2回退職届を出したのですけど、本当に労力が必要です。心身ともに余裕がないとなかなかなだせないと感じます。

それは言ってしまえば余計な労力だと思っています。

離脱したいときにすぐ離れることができる環境を作ることは結構大事だと思っています。

派遣になれば簡単に他の施設で働くことができる

僕の場合は派遣という手段を使っていて、いざという時にすぐに離脱できる環境を作っています。

施設からしたら派遣はすぐ出て行ってしまうので使い勝手の悪い存在かもしれませんが、別に働いている側からしたら関係のないことです。

いかに自分が楽に働けるかということを考えれば、人間関係を割り切って働くことができる派遣は魅力的だと思います。

僕の場合は夜勤専従として働いているので派遣の中でも多くもらっているのですけど、それでも都内の派遣の時給は高単価です。

時給は1500円が普通なので20日働けば手取りで20万をいただくことができます(夜勤をすれば夜勤手当分増加する)

福利厚生に関しても

  • 交通費支給
  • 社会保険の加入
  • 厚生年金の加入

という正社員と同じような扱いを受けることができます。

都内での介護派遣の美味しさについては別の記事に書いてありますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたいどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

さすがに現場でのキャリアが長ければ派遣会社も信頼してくれて高単価の案件をどんどん出してくれると思います。

以下よりオススメの介護派遣会社の紹介をしていきたいと思います。

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

現役介護士が「きらケア派遣」の口コミ・評判・感想からメリット・デメリットを徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

さいごに・・・

やっぱり生活するための仕事であるのでそれ以上のことを仕事に求めるもの不毛なのではないかと思っています。

他の職員が家族みたいな感じなってしまうとともに依存してしまうし「こうあるべきだ」論を求められて疲れてしまいます。

介護士は女性の職場ということもあって細かい人間関係におけるトラブルが多いような気がします。

なので一箇所に留まるような働き方ではなくてどんどん動いていいと思います。

介護業界は人手不足が深刻なので簡単に首は切られませんし、簡単に採用してくれます。

これは逆にチャンスだと思います。

労働者の方が圧倒的に強い立場にあるので強みを最大限使って自分の理想の働き方を探して欲しいです。

こちらの記事もおすすめ!