介護派遣の働き方

介護の行事(イベント)をしたくない人に伝えたい一番簡単な解決方法

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は常勤介護士が毎月のように頭を悩ましている年間行事について書いていきたいと思っています。

介護の行事が面倒臭すぎる問題

僕も以前は常勤介護士の時に年に複数回行事や介護以外の業務に悩まされていました。

担当になった行事に関しては自分で一から計画をして協力者にお願いしたり、多くの職員に行事の説明をしてどのように動いてもらうか指示したりします。

当日は自らが司会をしたり、会の反省を多くの職員から集め記録にまとめて上層部に提出して反省会をする。

「こんなのやってられないよ・・・」って普通になりますね。

普段の勤務から人がいないのに行事に人を割いている暇もないですし・・・

でもしないといけない事なので頑張ってしまうんですよね。

しかし働き方次第でそんな面倒臭い年間行事をなんとか回避する事ができます。

行事の企画などの介護以外の業務をしたくなければ常勤(正社員)にならなければいい

基本的には年間行事の企画実施に関しては正社員の仕事になります。

確かに非正規や派遣にそういう仕事をさせてしまっても施設の事を把握していない場合があるので不適任な事は多いと思います。

僕自身も正社員の時は、「なんでこんな事をしないといけないんだ?」と思いながら励んでいました。

現在派遣になってからは、行事に関しては基本的にノータッチです。

そして僕の場合は介護夜勤専従なので、いつも行事は終わっているので少し話題に出る程度です。

派遣になってからは行事参加はゼロです。夜勤専従の仕事内容などを知りたい方は介護派遣の夜勤専従をする際に知っておきたい仕事内容・メリット・デメリットを読んでいただけると嬉しいです。

介護士は基本現場仕事なので、現場外の行事の企画に関しては夜勤か時間外で行わないといけないです。

その時に残業代が出るところもあれば出ないところ(出ないところのほうが体感多い)があるのですけど、大きな負担になってしまいます。

実際に行事の企画実施をしてみた事は何回もありますけど、多くの場所に気を使う事が多いですし、規模が大きければ大きくなるほど一人にかかる労力は大きくなります。

多くの介護施設が人手不足で悩んでいるのに人手や労力の必要な行事をする必要があるのか介護現場は考えるべきだと思います。

せめて開催するなら複数人の担当を付けて、時間内で完結する事が大事です。

派遣だと給料の水準も高い上に利用者と直接関わらない書類などの仕事がないのでストレス少なく働く事ができます。

行事にしても常勤という働き方を選ばないだけで関わらなくなります。

こういう風に意図的にコントロールできるのでイベントごとが嫌だと感じている人は働き方を再び考えるのもいいと思います。

ストレスを抱えて働いている介護士にはストレスの多い介護士に伝えたい。働き方一つで大幅な改善になりますも一緒に読んでほしいです。

行事の日に有給や夜勤を入れて回避する

 

常勤や日勤派遣の方で行事の担当者ではない場合は、その日に希望休を入れてしまう事をお勧めします。 

だいたい1ヶ月前にシフトの希望休が出されると思いますので、行事もその時にはすでにいつするかはわかっています。

それで他の職員も希望休を入れて休んでいたし、僕自身もたまにそうやっていました。

今では派遣で夜勤専属になって、行事に参加するという事がなくなったので気にしなくなったのですけど、正社員だと絶対に参加しないといけないものだと思い込んでしまいます。

うまく避けつつ、周りの人ともうまくやっていく器用さが必要なので大変だと感じます。

起案も行事参加もしたくない人は夜勤専属の派遣になる

 

以前は正社員で行事の起案から実施までやっていたのですけど、現在はそんな事はありません。

派遣で夜勤専属になったので、そもそも夜に行事をする事は皆無ですし派遣に起案や実施を求められる事は無いです。

その他に正社員がめんどくさいという委員会活動にしても、めんどくさいと思われる事を回避することができます。

派遣の場合だと基本的に利用者と関わる事が多くてその他の業務が皆無なので働く側からすると気が楽かもしれません。

僕も派遣になってめんどくさいと思う業務が減って気持ちに余裕が生まれました。

介護士のメインの仕事は利用者様と関わる事ですし、人手不足から他の業務を占める割合が高くなってしまうのはどうかと思います。

介護夜勤の仕事に関しての記事もありますので良かったら読んでみてください。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

こないだも一緒に夜勤をした正社員が委員会の仕事が全く思っていなかったので夜勤の時間をフルに使って作業をしていました。

そのせいでコンビを組んでいる僕の仕事量が増えてしまいました。

結局その他の仕事を多くする事によって、利用者様と直接関わる時間を削ってしまうのなら、なくてもいいんじゃない?って思ってしまいます。

利用者様と関わる以外の仕事が嫌で派遣になったり、介護士自体をやめてしまう人が結構多いのです。

もう少し正社員の負担を軽くするように業務改善は施設側はしたほうがいいのかな?って思いました。 

自分の望む環境で介護士の仕事がしたい人は派遣で働くことをオススメ

介護士という仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士が一番オススメする派遣会社を紹介していきます。

一番オススメする派遣会社は「きらケア介護派遣」

僕は夜勤専属という仕事をして月9回の出勤で25万以上の給料を得る事ができています。

介護夜勤で介護で稼ぐためには一番大事だと思っています。行事を避けつつ高給を得られるのでしない理由はないと思っています。

冒頭に書いたのですけど僕はきらケア介護派遣という大手の派遣会社にお世話になっています。

以前は地方の正社員で働いていましたけど、都市部で働いてから給料が10万円近くアップしました。

10万円ってすごいですよね!いくら地方と都市部の家賃が違うといえどさすがに10万円も差はないです。

僕の場合は夜勤専従として働いているので派遣の中でも多くもらっているのですけど、それでも都内の派遣の時給は高単価です。

時給は1500円が普通なので20日働けば手取りで20万をいただくことができます(夜勤をすれば夜勤手当分増加する)

福利厚生に関しても

  • 交通費支給
  • 社会保険の加入
  • 厚生年金の加入

という正社員と同じような扱いを受けることができます。

都内での介護派遣の美味しさについては別の記事に書いてありますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

中には特別案件という普通より単価が高い案件があるのですけど、登録会に参加すると非公開案件がメールで送られてきます。

さすがに現場でのキャリアが長ければ派遣会社も信頼してくれて高単価の案件をどんどん出してくれると思います。

あとは人がたくさん入れ替わりする時期に時給が上がったりします。詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

 

きらケア公式ページ

 

実際に利用して感じたことを記事にしていますので一緒に読んでいただけるとリアルを知っていただけると思っています

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護士は「したくない」にいかに向き合っていくかが今後の課題

 

介護士が現在30万人不足している中で業務改善と給料改善は必須の課題でもあるのですけど、個人の働き方の重要性もあると思います。

『介護士はメンタルが強くないとできない』という事が言われるのですけど、メンタルを強くするよりもメンタルに優しい働き方を選択するほうがもっと大事だと思っています。

介護施設の行事は人でも少ない事もあってカツカツの状態にあって、かかるストレスが大きいです。

なので行事に関わらないような働き方の選択は結構大事だと思っています。

そういう方は転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!