介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護士の収入アップ

介護士の給料が低いのは国のせいではあるが諦めていいわけがない!!

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

ベネッセMCM公式ページ

近年、介護士や保育士などの福祉業の給料が低いという事が社会的問題になっています。

僕自身も保育士と介護士を両方経験した人間でもあるので、自分の労働力が国に下に見られていると思っていた時期があります。

しかし現在僕は介護士という仕事をしながら毎月生きていく分には充分な給料をもらう事ができています。

介護士をする上で働く場所が大事という事は多くの記事でも書いています。

東京では時給が1500円が普通になっています。時給1500円なら普通に生活することも可能ではないでしょうか??

介護士で時給1500円を手に入れるために一番簡単なのは都市部の介護派遣で働く事どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

このように一つアクションを起こすだけで生活の質をあげられる可能性がありますけど、多くの人が働く環境を変える事はリスクだと考えてなかなか行動する事ができていません。

今回はそういった低い給料で働かざるをえない方に向けて「諦めないで」という記事を書いていきたいと思っています。

簡単に言ってしまえばこの記事をみたら「速攻行動しろ!!」ということです。

介護士は価値のある仕事をしている自負を持ったほうがいい

介護士の仕事は肉体的、精神的にハードです。

不規則な勤務でもありますし、夜勤もあります。

そして利用者様の最後の住処でもありますので、命に関わる責任重大な仕事でもあります。

利用者様だけでなく、施設の行事や委員会、定期的な研修に参加したり、家族様やその他の業種との連携もあるのでハードな仕事ではあります。

そこまでマルチに仕事をしておきながら低水準の給料でいいわけがないと思っています。

とは言ってもほとんどの介護士が現実搾取されているのが現実です。

介護士の搾取にいかに対抗していくかについての記事がありますので良かったら読んでみてください。

介護士が『やりがいの搾取』をされないためにいかに逃げていくかを書いています。どうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 最近よく耳に聞く「やりがいの搾取」 この言葉は数年前に社...

給料が少ない背景として介護士自体が女性の仕事という印象があり、国からの補助金が少ないという事が証拠付けています。

月に8万円給料がアップするという法案があるのですけど、連続勤務10年という条件が付いていますので多くの介護士がその恩恵を受ける事ができません。

介護士の給料が8万円上がる法律について現役介護士が思っている事どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

しかし現状では全国で介護士が30万人不足している現状から新しく介護士になってもらう人が必要です。

10年働くまで低水準の給料に耐えるかと言われたら、そんなの無理に決まっています。

低水準の給料は自分のライフプランを制限してしまうようなものなのでまずは給料を上げていただくのが介護士不足への一番の対策でもあります。

「自分は頑張っているのに給料が少ない」という状況がこれ以上続くと街に認知症高齢者が溢れ、トラブルになる事も予測されます。

介護士の仕事はもっと給料をもらってもいいと思っています。

介護士自体も給料が少ない事を受け入れるのではなくて、「自分がこんなに低い給料なのはおかしい」と強く思う事が大事だと思います。

僕自身も田舎の施設で介護士で働いている時は、「もっと給料くれないと辞めるぞ」と思っていて実際に退職しました。

自分の仕事ぶりに自信を持つ事が出来れば、自分自身の働きに正当な対価を求めて行動する事ができます。

とは言っても今いる施設で給料をいきなり上げてもらう事はできないのでまずは稼げる環境に身を置く事が大切です。

同じ施設に勤めていても給料が急に上がる見込みはない

 

介護士も一応年功序列になっていますけど、勤務10年と勤務3年の介護士のボーナスの額もほぼ一緒でした。

この事実から分かる事は、同じ施設に勤めている限りは基本大幅な昇給がないということです。

役職がついていたとしてもその分夜勤の回数が削られて普通の介護職員よりも給料が安い場合だってあります。

その低い水準の給料でずっと働き続けることって苦痛でしかありません。

自分のスキルを評価してくれて満足いく給料をもらえる職場で働きたいと思うのが普通の感覚なので、給料払いが悪い施設はすぐ退職したほうがいいです。

ちなみに特養で働いている人は都内の有料老人ホームに行くと技術を評価してくれやすいですし、給料の水準が高いのでオススメです。

なので未経験で介護をしたい人は最初は特養できっちり介護技術を学んでいただきたいと思っています。

介護士志望の人は絶対に最初は特養で働いたほうがいいと断言しますどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

ちなみに田舎だと介護士の給料だと一人暮らしができずに実家にいるしかないです。

結婚したとしても親と一緒に住むみたいなことも多いので金銭的に自立ができていない介護士の人が多いです。

給料を上げたければ金払いのいい施設に転職するという事が一番現実的だと思います。

しかし単価の高い地域に住むという事が大事かもしれないですけど、なかなかできないかもしれませんね。

移動ができないのなら他職種でも給料が高い場所に転職したほうが金銭的にも精神的にも余裕ができますので介護は諦めてください。

実際に僕の以前の上司も家族を養うために会星の給料じゃ低すぎて生活する事ができなかたので工場に転職してしまいました。

非常に合理的な判断だと思います。

国も施設の介護士の給料に関して何も大きな対策を取っていないのは大きな問題です。

だからこそ介護でも稼げる場所に身を置く事が大事です。

結局多くの人が仕事をお金を稼ぐための手段として考えているので、もっとそこに徹するべきです。

転職先には困らないので転職して給料の高い施設で働くべし

僕が介護士に積極的な転職を勧めている理由は、介護士不足が深刻化している現代においてどこの施設も欲しいという需要があるからです。

そしてその関係もあって都市部では時給が急騰しています。

介護士は資格さえあれば、どこでも働く事ができます。

僕は当ブログで都市部で派遣介護士として働くことを勧めています。理由としては

  • 時給が高いので自分の欲しい額を稼ぐ事がしやすい
  • シフト制なので自分のライフスタイルにあった働き方が出来る
  • 一つの施設にとどまらないので多くの施設を経験できるのでスキルアップしやすい
  • 引越しする際も最寄りの駅の施設を紹介してくれるので安心

介護士として働く事ができるということはこれからさらに大きなアドバンテージになることは分かります。

なにより介護士自体は不足しているので、基本的に派遣は切られることも比較的少ないです。

介護士の派遣切りはチャンス!?大幅な給料アップのチャンスだぞ!!どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

どこの施設も介護士が喉から出てくるほど欲しいのです。

僕の場合も介護派遣で夜勤専属をしているのですけど、月に9回の夜勤のみで十分満足するような給料をもらうことができています。

冒頭に書いたのですけど僕は今現在ベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっています。

以前は地方の正社員で働いていましたけど、都市部で働いてから給料が10万円近くアップしました。

10万円ってすごいですよね!いくら地方と都市部の家賃が違うといえどさすがに10万円も差はないです。

僕の場合は夜勤専従として働いているので派遣の中でも多くもらっているのですけど、それでも都内の派遣の時給は高単価です。

時給は1500円が普通なので20日働けば手取りで20万をいただくことができます(夜勤をすれば夜勤手当分増加する)

福利厚生に関しても

  • 交通費支給
  • 社会保険の加入
  • 厚生年金の加入

という正社員と同じような扱いを受けることができます。

都内での介護派遣の美味しさについては別の記事に書いてありますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護士で時給1500円を手に入れるために一番簡単なのは都市部の介護派遣で働く事どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

中には特別案件という普通より単価が高い案件があるのですけど、登録会に参加すると非公開案件がメールで送られてきます。

さすがに現場でのキャリアが長ければ派遣会社も信頼してくれて高単価の案件をどんどん出してくれると思います。

あとは人がたくさん入れ替わりする時期に時給が上がったりします。詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

 

実際に利用して感じたことを記事にしていますので一緒に読んでいただけるとリアルを知っていただけると思っています。

【評判、口コミ】正社員の介護士だった僕がベネッセMCMの介護派遣で働いてみた感想どうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

今は長年勤めたら毎年安定して昇級できる環境ではないので稼げる環境に身を置くことが大事です。

金銭的な余裕があれば気持ちにも余裕が出てきます。

人間関係もギスギスしづらいですし、残業原則ない(あったとしてもしっかり付けてくれる)ので自分の生活のサポートとしての仕事として機能してくれます。 

実際に派遣と正社員を経験して僕的にはこのまま派遣で勤めてキャリアや資格やお金を重ねていきたいと思います。

いくら嘆いても急に給料が上がるわけじゃないので、今の現状を変えたいと思う人は環境を変えることが大事だと言いたいです。

介護派遣では能力に見合った給料がもらいやすいので、積極的に活用して欲しいと思っています。

僕自身も以前田舎で正社員をしていましたが、都内で夜勤専属の派遣をして時間もお金も手に入れて心に余裕を持つことができました。

お金の問題は自分でできることはできるだけ早く行動して解決されることが大事だと思っています。

今の時点で稼ぐということに焦点を当てると介護士の最適解は介護派遣であるのは間違いないです。

国に介護士の待遇を良くしてもらうより行動して稼げる環境に身を置くほうが早い

介護士不足の状況は大きな社会問題ではあるのですけど、一気に給料が上がるのはなかなか考えられないです。

そのためにも自分で考えて行動して、いかにも理不尽な働きかたをしないということが大事だと思います。

現状多くの介護士は少ない給料と苛酷な労働条件で頑張っていると思います。

それぐらい頑張って働くことができるのならもっとあなたを評価してくれる場所はたくさんあると思います。

派遣を勧める理由としては自分に合う施設を探すこともできるというメリットがあるからです。もし気に入った場合はそこの正社員になればいいのです。

介護士の場合は仕事はたくさんあるのでどんどん動いていくことが大事です。

離職率の高い職場は新たに職員を確保するためには今までの職員への給料より上乗せしないと人が来なくなります。

多くの人が動くことによって施設自体の給料を少しながら底上げすることだってできると思います。

もちろん国がするべきことはたくさんあると思いますが、それを理由に諦める意味なんかどこにもないと思っています。