介護夜勤のススメ

介護士で月収30万円を目指すためには夜勤専属になった方がいい

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕は大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士で給料が少ないと嘆いている方に向けて手っ取り早く稼げる夜勤専属についての話をしていきたいです。

実際に僕も夜勤専属をして月収30万円を超えることができました。

この記事で伝えたいこと

  • 介護士は低収入である現実
  • 介護夜勤を多く入れることによって収入アップ
  • 介護夜勤のデメリット

これらについて以下より書いていきたいと思います。

介護士の多くのイメージは低収入であること

いきなりですが介護士と聞くと、どういった想像をしますか?

  • 安月給
  • やりがいの搾取
  • 誰でもできる仕事

だいたいこういったところではないでしょうか?

僕自身も島根で正規職員として介護をしていたときは手取りで15万行くか行かないかぐらいの額しかもらえずに、一生懸命施設に尽くしていました。

その額じゃ物価の安い地方と言ってもどう考えて生活なんてできないですよね。

地方と都市部での介護職の比較をした記事がありますので良かったら読んでみてください。

田舎(地方)の介護士は都市部の施設で働いたほうがいい理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

実際に周りの人はほとんどが実家暮らしで結婚している介護士もどちらかの方の実家にお世話になっているケースが多かったです。

実際に今でも多くの介護士が僕と似たような安月給で働くことを余儀なくされている現実があります。

しかし、働き方次第ではあなたが満足する給料がもらえて余裕に生活をすることだってできます。

そこで今回の記事では僕が上京してから始めた介護派遣の夜勤専属の仕事の美味しさについて書いていきたいと思います。

この記事を読んで介護士だって多くの給料を得ることができるということを知って頂いたら嬉しいなと思います。

介護夜勤は夜勤手当がつくのでその分多く給料がもらえる

 

冒頭に書いたように僕は今夜勤専属として派遣で働いています。

1回の夜勤の単価が27600円〜30000円ぐらいの設定になっていて、時給にしたら1800円ぐらいですね。

夜勤専属は少ない労力で最大限の稼ぎを得ることができます。

何故介護夜勤の単価が高くなるかというと、深夜(22時〜5時)に労働をすると通常の賃金に上乗せして「深夜賃金」を上乗せするよう法律で決められているからです。

基本夜勤は1回で日勤2回分を消化することになるので、少ない出勤回数で普通の日勤帯の人より多く稼ぐことができます。

介護夜勤の業務について詳しく知りたい方は別の記事がありますので一緒に読んでいただけると嬉しいです。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

もっと単価の高い案件ならそれ以上を稼ぐことも十分可能な世界だと思っています。

逆に勤務の回数を減らして時間の余裕を作って自分の好きなことや副業に時間を使うということができます。

僕の場合も時間を減らしてダラダラしたり副業であるアフィリエントに力を入れたりしています。

特にブログやアフィに関しては記事が残るのでやればやるほど、少ない作業量で効率よく収益をあげられるようになるので文章を作るのが好きな人にはいいと思っています。

おかげで現在は本業がなくても生活費が安いので副業の収益だけで生活できる収益まで達成することができました。

東京で夜勤専属をすると30万越えも夢ではない

 

介護職で稼ぎたいのなら都会で働いた方が良いです。

僕が島根から東京に出て働いているのですけど、月給が10万円以上差が出ています。

同じ介護職なのにこんなに差が出るのはどうかと思いますけど、田舎の介護職は本当に稼ぐことができません。

しかし僕が住んでいる東京では時給1500円は普通になっているので日勤で20日入っても24万円を得ることができます。

「時給を1500円にしろ!!」という声を聞きますけど介護という仕事をすれば一発で解決します。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

それに夜勤だと11回入れば簡単に30万を超えることができます。案件次第な部分が多いのですけど、東京なら全然可能な額だと思います。

それに加えてWワーク(掛け持ち)として他の施設と掛け持ちで働くことができればサラン収入アップを狙うことができます。

Wワーク(掛け持ち)に関する注意点もありますのでこちらの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

【要注意】介護士の掛け持ちで働くことを絶対にオススメしない理由とは? どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

夜勤専属のデメリットは正社員になれないこと

 

介護夜勤専属として働くことは給料の面では大幅アップが見込めるのですけど、正社員の道を諦める必要が出てきます。

というのも正社員で夜勤専属を募集している施設はほぼないですので、正社員絶対主義を持っている人からしたらキツイかもしれません。

しかしよくよく考えれば別に正社員であっても夜勤専属の派遣だとそれ以上に稼ぐことができるので全然大丈夫だと思います。

最近は派遣会社の福利厚生も充実してきているので、厚生年金や社会保険の加入もすることができます。

ボーナスは出ないのですけど、自分で働き方を自由に選べて高給を得ることができる派遣はやっぱり美味しいのは間違いないと思います。

後は派遣だと基本残業はないですし、正社員以上の責任を負わされることもないので気軽に働くことができますね。

逆にいろんな施設で働くことができるのでそこらへんの介護職員より知識や経験を素早く積み重ねることもできると思っています。

良い環境で介護士の仕事がしたい人は派遣で働くことをオススメします

介護士という仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 さいごに・・・

 

介護夜勤をする目的が介護士で普通で働いている稼ぐことができない金額にあると思います。

それほど実際に夜勤専属の仕事をして美味しいと感じています。

介護士は稼げない仕事だというのは本当かもしれないですが、働き方次第で自分が満足する額を稼ぐことも充分可能だと思っています。

別にみんなが派遣で夜勤専属をして働けということはないと思うのですけど、選択肢としてもっておくのは良いのかな?って思っています。

こちらの記事もおすすめ!