介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
生活費の節約

生活費10万円以下で暮らすために意識している固定費の削減について

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

 

上京してシェアハウスに住んでいますけど、月の生活は10万円を切るぐらいな感じになっています。

まだ上京していろいろ準備がいて平均的な生活費が出せそうにないのですけど、まぁ分かり次第また記事を書いていきたいと思います。

上京の際にシェアハウスに入れば初期費用が安くていい立地の場所に住めるぞ!!    どうもたんたん(@tantan4423)です。     東京に上京したいと思っている地方の人は多いのではないでしょうか...

今回は、お金を使わないための環境をどのように構築していて、そのことによってどのような恩恵を受けているか書いていきたいと思います。

固定費が少ないと変動費に使えるお金が多い

 

結構知り合いのお金の相談に乗ることがあって、「どうすれば貯金を貯めることができるの?」って聞かれます。

一番手っ取り早いのは引っ越しをして家賃を下げる、格安SIMに変えることだと思っています。

シェアハウスに住んでいるブロガーの通信環境を変えたので記事にまとめます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職し今は東京にて介護派...

何より固定費の削減は家賃ですよね。シェアハウスは本当オススメです!

家賃は35000円(光熱費、水道、ネット代込み)通信費5000円が基本的な固定費になってあとは変動費になっています。

後は税金ですけど、まぁそこはこれからは給料から天引きされるのでありがたいですね。

固定費さえ安くしてしまえば、後は変動費なのでそこで調整していけばいいです。

固定費が高いと自由に使えるお金が少なくなってしまうのでそのまま幸福度が下がってしまいます。

固定費を下げた生活は不測の事態に対応してくれる

 

もし急にリストラされて、毎月振り込まれる給料がなくなってしまったときに高い固定費は確実に生活を圧迫して徐々に心の余裕を奪っていきます。

そうならないように稼げている間も少ない固定費で生活することに慣れておくことが大切です。

収入源がなくなって、失業保険に頼って生活をすることになったとしても全然生きていく事が出来ます。

僕の場合は今10万円あれば生きていくことができるので、失業保険で充分自分の欲求を満たした生活をすることが出来ます。

これがもし、月に20万円無いと生きていけない体になってしまっているとどんどん金銭的に追い込まれてしまいますね。

 稼げているときにミニマムな生活をしていればどんどん貯金をすることができるので不測の事態に備えやすくなりますよね。

貯金は不測の事態に備えるためのリスクヘッジ的な役割があるのである程度はしておく必要があります。

だいたい言われているは自分の手取り1年分らしいのですけど、ぶっちゃけそこまでなくても100万以上の貯金があれば大体なことに対応できますね。

固定費をミニマムにするならシェアハウス+格安SIMがいいと思う

 

僕はシェアハウスや格安SIMによって大幅に固定費を下げて月10万円以内の生活を実現している。

収入は月に手取り20万以上はあるので15万ぐらいを変動費に使っていいと思うと結構余裕があると思う。

貯金をしてもいいし、思い切って旅行に行ってみるのも良いかもしれない。

固定費を高く設定してしまうと生活するだけでカツカツになって自分が自由に使えるお金が少なくなって好きなことができなくなってしまう。

何を生きていく上で大事にするということは人それぞれ違いますし、住む場所にこだわりたいという人なら高い家賃を払って住めばいいと思う。

僕の場合は自由に使えるお金が多いということがすごく大事なことだと思っていて、家も寝てネットができればそれでいいと思っているのでシェアハウスに住んでいる。

シェアハウスなら立地のいい場所に安い家賃で入ることができる事が多いのでお金を持っていない人はシェアハウスの安い固定費で暮らしてお金を貯めていくのは良いと思っている。

通信費も格安SIMにすれば安いし、殆どの人は環境を変えるだけで簡単に固定費を落とすことができる。

うすれば一気に生活に余裕を持つことができるので、自分の理想の生き方に近づけることができるのではないかと思っている。

お金がないことに悩む暇があるならまずは固定費を削ったほうが良い

 

給料を多くもらっている人が貯金ができなかったり、毎月ギリギリの生活を送っている人がいます。

別にその人に浪費癖があったりギャンブルをしているわけではなくて多くの保険に入っていたり高い通信費を払い、高い家賃を払っていたりということがあります。

貯金がないと仕事を辞められないので、思い切って挑戦することが出来ないのは辛い。

まず最低限のお金をミニマム生活一気に貯めてそれから余裕を持った生き方を目指していけばいいかなって思っている。

最低限度のリスクヘッジの意味を持つお金貯めるためには細かな節約術をケチケチしてもそこまで効果はない。

それはただの我慢であるから、ストレスが溜まって来るからオススメしないです。

それなら確実に効果のある固定費の削減をやってそれでもきつかったら生活を見直して細かなお金を作っていったほうが確実ですからね。

毎月減っていく決まったお金が少なくなればお金に関して悩むこともなくなります。

やっぱりお金の管理をガチでしたいと思っているなら、固定費から手を付けて欲しいと思っています。

さいごに・・・

 

同じようなことを何回も言いますけど、固定費を削れば一気に生活が楽になります。

お金の余裕は心の余裕です。それを頭に入れた上で楽しくお金を使って欲しいと思います。

それではこれで終わりたいと思います。

閲覧ありがとうございました。

関連記事