介護派遣の働き方

介護士の正社員(常勤)と派遣の働き方を実践してみて思ったことを書いていきます。

どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。

介護士を初めて3年が経過して4年目の年を迎える僕なのですけど、上京しました。

一月まで正社員で田舎の介護士をしていましたが、現在は東京で夜勤専従の派遣をしています。

介護士で月収30万円を目指すためには夜勤専属になった方がいい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今月末で受け取る給料は田舎の介護職をしていたころより10万以上増えるので、いきいき働くことが出来ています。

「東京は家賃が高いよね」って僕が上京する前に上司に言われたのですけど、そんなことありません!!

そんなことはないと言ってると勘違いされますけど、僕は中野のシェアハウスに月35000円(電気、水道、ガス、ネット代込)という破格の値段でいい立地に住んでいます。

収入が低い介護士が生活の満足度を上げるためには固定費の節約に徹するべきどうも都内で夜勤専属の介護派遣として働いているたんたん(@tantan4423)です。 「介護の仕事は好きなのに給料が低いから他の仕事...

実際に介護職をするなら派遣が良いと僕は周りの友達にも言っているのですけど、「それって全然安定しないじゃん!!」って言われてしまうことが多いです。

「果たしてそうなのだろうか?」と思いこの記事を書いてみました。

正社員(常勤)はシフトがバラバラで生活リズムが崩れやすい

 

夜勤専属をしている僕に多くの人に言われるのが「そんな働き方をしていると体がもたないよ」っていう言葉です。

確かに16時間以上夜勤で職場に拘束されて終わった後はものすごく疲れてしまうのは確かです。

その分夜勤前の午前中は好きなように時間を使えますし、1回夜勤をしたら明けと休みがセットでついてくるのでその間にたくさん休憩すればいいのです。

介護夜勤の仕事内容は別の記事に書きましたのでよかったら読んでみてください。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

しかし、正社員だと夜勤だけでなくて早朝出勤(7時ぐらいから)や遅い出勤も(10時ぐらいから)あるので、その分生活習慣を整えるのが大変になってきます。

やっぱり不規則な勤務をしていると体調も崩しやすいです。

一方夜勤専属だといつも同じ時間にきて同じ時間に帰るようになりますし、夜の睡眠をしっかり取ってから仕事に入ることができるのは大きいですね

ちなみに夜勤の眠気に関する心配もありますけど即時できる眠気覚ましの方法もありますのでぜひ試してみてください。

介護夜勤が眠くてつらいと思う方に読んでほしい快適に夜勤をするための対策 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

あと毎日同じ夜勤をしてると体もだんだんその生活に慣れてきて、負担も軽減されます。

給料の面では派遣が良いことが多い

 

『介護は夜勤で稼げ』って言う言葉があるように介護で稼いでいく上で夜勤を多くこなすことは大事になっていきます。

正社員は立場が安定しているという思い込みがあります。

僕の務めている派遣会社の場合は1回更新されたら派遣会社の社保や厚生年金をかけてくれるようなシステムになっているのでぶっちゃけ変わらないですね。

最近思うのは派遣の待遇に関しては良くなっているところです。

実際にどこの施設も人手不足なのでどんなに能力が低い介護士さんでもきてほしいという状況になっていて、簡単にやめないように待遇がよくなります。

まぁそこは派遣会社によって違いかもしれないですけどね。

もちろん交通費も全額支給になっています。

給料に関しては、やっぱり普通より夜勤を多くこなしているので手取りも全然多いです。

ボーナスがないですけど夜勤専属派遣のほうが多くもらっているか同じぐらいかもしれません。

案件によってはキャンペーンなら月30万の手取りも普通にできるのでやっぱり派遣はいいですね。

もちろん日勤のみになると一気に単価は下がってしまうのであれかもしれないですけど、自分で仕事をコントロールすると行った意味では全然いいですよね。

派遣だと正社員(常勤)より残業が圧倒的に少ない

 

今の派遣先は派遣社員が結構いるのですけど、その中にいる正社員はいつも忙しそうにしています。

  • 委員会の仕事
  • 定期的な会議
  • 担当ゲストの記録のまとめ
  • 行事担当

僕は基本的に定時までに業務が終わるのですぐ帰れます。

正社員はそれ以外の施設側の仕事(委員会活動、担当利用者さんに関すること、会議、介護日誌)みたいな仕事が振り当てられてそれは基本的に時間外にこなしています。

もちろんその時の残業代はつかないようです。

介護士はサービス残業がまかり通ってしまう業界なので理不尽だと感じる場面が多いです。

派遣ならそういうときもしっかり残業代がつくので、サービス残業をするようなことは基本的にありません。 

残業がなく定時で帰ることができるので、そのときに好きな事をしたりしていますね。僕の場合はブログを書いてお小遣いを稼いだりしていますね。

ブログをする時間も正社員をしていたときより増えましたし、本も以前より読めるようになったので充実しています。

サービス残業は完全に時間のムダだと思うのでそこを省きやすい派遣はやっぱり良いですね。

派遣のほうが給料も良いしホワイトな働き方ができる

 

介護職ではこの派遣と正社員の働き方や給料などの労働環境が普通の業種に比べて逆転しているように感じる。

派遣切りとかそういう心配をしている人も多いかもしれないけど、みんなご存知のように少子高齢化社会において介護施設と介護職員が圧倒的に足りない状況になっている。

そのような状況で派遣切りもされにくいと思うし、されたとしても都内に住んでいたらすぐに新しい施設で働くこともできる。

介護においていろんな施設での経験は非常に大事だし、重宝されるので派遣切りをデメリットとして捉えるのではなくて経験の一種として考えれば悪くないようなきがする。

特に特養での正社員の経験があればどこの施設でもやっていけると思っている。

介護士が最初に勤めたほうがいい施設とその理由を解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 わざわざ正社員を選んで勝手に消耗して時間もお金も少ないような状況になってしまうのはもったいないと思います。

時間を使って仕事をするわけなんだから、自分の働きを時給換算して割り切って働けるほうが自分の時間を作りやすいです。

自分で仕事やお金をコントロールすることが出来ていいと思います。

派遣で働けば施設との有給の攻防はなくなる

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットまとめ!それぞれの特徴を徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣
  • きらケア介護職

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

きらケア介護職

 
こちらのきらケアは正社員になりたい方にオススメの転職サイトです。
 
派遣をしたい方にもオススメですけど、正社員になりたい方にも手厚いコンサルタントの支援を受ける事ができます。
 
 
 
 

 

きらケア介護職の特徴

  • 経験豊富なコンサルタント
  • 介護業界を熟知している人が多い
  • 各施設との信頼感が厚い
  • 良い案件を沢山紹介できる
  • 介護士の気持ちを理解してくれる
 
 

 

【正社員】『きらケア介護求人』の口コミや評判などを徹底的に解説していきます。 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護派遣を利用して賢く稼いでいこう

 

冒頭に書いたのですけど僕は大手の派遣会社にお世話になっています。

以前は地方の正社員で働いていましたけど、都市部で働いてから給料が10万円近くアップしました。

10万円ってすごいですよね!いくら地方と都市部の家賃が違うといえどさすがに10万円も差はないです。

僕の場合は夜勤専従として働いているので派遣の中でも多くもらっているのですけど、それでも都内の派遣の時給は高単価です。

時給は1500円が普通なので20日働けば手取りで20万をいただくことができます(夜勤をすれば夜勤手当分増加する)

福利厚生に関しても

  • 交通費支給
  • 社会保険の加入
  • 厚生年金の加入

という正社員と同じような扱いを受けることができます。

都内での介護派遣の美味しさについては別の記事に書いてありますので良かったら一緒に読んでみてください。

田舎(地方)の介護士は都市部の施設で働いたほうがいい理由どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

中には特別案件という普通より単価が高い案件があるのですけど、登録会に参加すると非公開案件がメールで送られてきます。

さすがに現場でのキャリアが長ければ派遣会社も信頼してくれて高単価の案件をどんどん出してくれると思います。

あとは人がたくさん入れ替わりする時期に時給が上がったりします。詳しい情報は公式ページで確認してみてください。

実際に利用して感じたことを記事にしていますので一緒に読んでいただけるとリアルを知っていただけると思っています。

今は長年勤めたら毎年安定して昇級できる環境ではないので稼げる環境に身を置くことが大事です。

金銭的な余裕があれば気持ちにも余裕が出てきます。

人間関係もギスギスしづらいですし、残業原則ない(あったとしてもしっかり付けてくれる)ので自分の生活のサポートとしての仕事として機能してくれます。 

実際に派遣と正社員を経験して僕的にはこのまま派遣で勤めてキャリアや資格やお金を重ねていきたいとおもう。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!