介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護の問題

介護現場に従事していると安楽死は導入した方がいいと思うようになる

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は安楽死について現役介護士の僕が書いていきたいと思っています。

結論を先に行ってしまいますけど、僕は介護士という仕事をしているのにも関わらず、長生きはするべきだと思っていないです。

つまり安楽死は賛成です。

誰かに介護してもらう生活をするぐらいなら死んだほうが良いと本気で思っています。

介護状態に入って何に幸せを感じることができるのか??

 

自分じゃ何も出来ないのに家族や友人の人生を奪ってまで生きていきたいかって言われたらそうではないですからね。

介護生活ってその人が無くなるまで続きます。

人間の寿命は医療の発達によって一気に上がったのですけど、その分介護者の負担はどんどん上がってきます。

長寿大国ニッポンと前面に押し出して世界に発信しています。

現状は医療によって生かされている状況であって、僕のいる介護施設でも薬がないとすぐ体調を崩したり、胃ろうなどの延命治療を行っている人も多いです。

そういう方のために僕も胃瘻や吸引をする資格を取得しました。その資格に関しての記事もありますので良かったら読んでみてください。

【感想】喀痰吸引研修に行ってきて資格を取得しましたどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

家族の希望があるからそうしているみたいなことがあるけど、家族の意思によって生きたくもないのに生かされているはどうでしょうか?

結局自分の命に対して自分で考えて行動するよりも他人に委ねてしまっていることが原因ではないでしょうか??

自分の意思が無くなってしまう前に自分はどのように死にたいかとかそういう話をしている人は本当に少ないように感じます。

実際に介護生活に入って、その意思を確認できないから家族の意思によってその人の命が左右されます。

そこのところが曖昧にしているからこそ、穏当は望まないケアを受けたり、家族も困ってしまってとりあえずアンパイである延命に踏み切ってしまうと思う。

自分自身の死に向き合う期間が長いと精神的苦痛につながる

僕は介護という仕事をしている事もあるかもしれないけど、人が死ぬということに対して割り切った考えを持っています。

人が死んだからって言って悲しくならないです。それは自然な定理で命は必ず終わりを迎えるのでそういうものだと思っています。

何かこの国では「長寿大国」で世界に対して発信しています。なんで長く生きることが善で早く死ぬことが悪になっていることが疑問に感じてしまいます。

ずっと楽しいことをして生きていけるなら長生きした方がいいかもしれないです。

他人に介護してもらわないと生きていけない人に対して僕は「長生きしましょう」なんて到底言えないです。

実際に長生きしたことによって生じる弊害なんて山のようにあるので、その未来を受け入れてくださいということはなかなか言えないです。

そして自分の介護のために仕事を辞めて金銭面や精神面で追い詰められてしまう家族をみるのは流石にキツイです。

自分の人生の幕引きは自分でしっかり考えるべきで、出来るだけ多くの人を追い詰めないやり方を検討していたら、自然に安楽死っていう結論になりました。

残された家族が辛いとかそれを実行する人が辛いとかそういう話もあるけど、終わりのない介護生活を家族とかに強いてしまうよりかは遥かにマシだと思う。

家族は在宅で介護をするのはよくないので施設にすぐ預けた方がいい

介護士が不足している現状だけど、家族で介護するぐらいならすぐ施設に預けるのが一番平和だと思います。 

子ども介護して欲しいと思うこと自体辞めていただきたいです。

施設に入るまでの間は仕方なく介護しないといけないかもしれないけど、子どもだからって親を介護する必要なんて無いです。

今の世の中家族に対して求められているものが大きすぎて家族が破綻しています。

今まで家族がしていた役割を外に投げられるようにしたほうが良いような気がする。

子どもに介護して欲しいと思うのなら、親を介護したいって子どもに思ってもらえるような人間になるしか無いです。

親と子どもって言っても違う人間なんだし、何か一心同体に思われるけど、もう子どもは親を簡単に捨てると思う。

家族というものは閉塞感がすごくて居心地悪い。死ぬまで親に縛られて生きていくなんてお先真っ暗すぎないか?と思う。

親も親で自分がどうしたいのかをハッキリして、施設に入るならお金を貯めたりするべきだと思う。

自分の命を家族に任せるなんてあまりにも無責任です。

子どもって親の勝手な都合で作るもんだから、勝手に作っておきながら「老後は介護しろよな」って理不尽極まりないような気がする。

お金がない状態で介護状態に入った時にどうするか??

 

実際に老後に備えて貯金している人としてない人がいて、僕は後者なんだけど、働けなくなってお金が稼げなくなってしまったらもう死ぬしか無いって思っています。

介護士としては最悪な考えですけど、貯蓄がない状態だと国や周りの人間にお世話になる機会が増えて不幸になる人が多いです。

その積みルートにはいった場合は無理に抗うよりかは「好きなように生きてきたからしょうがない」ってなったほうが残りの人生も割り切って生きられると思う。

社会保障を充実されるというのは大切なことだと思うけど、ないものをねだるよりは今あるものを大切にして自分の人生を全うするほうが大事なのではないかと思う。

長生きしても自分のやりたいことが出来てなかったらその時間は無に等しいです。

長生きすることに固執するよりかは今を十分に楽しむことにフォーカスし、お金がなくなったりして積みルートに入ったらもう死ぬよう割り切った方がいいと思います。

死にたいと思ったときにさっくり死ねる安楽死は人生の終わり方に関しての選択肢を広げることができるのであまり悪いことではないと思う。

死ぬことは悪いことじゃないんだから。そんなに責任を感じることはないと思う。

さいごに・・・

介護施設に入っている高齢者の方はお金を持っている傾向があるのでいいと思います。

介護生活の先には死しかないのに若い世代のお金をそのところに費やしてしまうのはどうかと思っています。

安楽死の賛成に関して僕の考えをまとめると

  • 貯金がない人が介護生活に入った時に家族の負担を避けるため
  • 介護生活に入った人の精神的負担が大きいため
  • 介護生活は基本苦痛。死ぬより苦しいことはたくさんある 

ということになります。

これらの問題を解決するのが安楽死という制度になります。

自分自身や自分の周りの人間に大変な思いをさせるぐらいなら死んだ方がマシというケースは多いです

実際に介護士としてそういう思いを持った家族や入居者様をみてそういう事を感じたので記事にしました。

関連記事