介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
自分を高める方法

好きな事を仕事にして食べていくために必要な意識を書いていきます

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

今回は自分の好きなことで食べていくために意識すべきことについて書いていきたいと思います。

「好き」を武器にしていく生き方は結構難しいと思われています。それは単純に自分のことを知っていないだけのような気がする。

自分の事とは自分がどのようなことに喜びを感じ、どういった行動パターンがあるかと言うことです。

人間は毎回自分の頭で考えて行動しているように思いますが、実際は以前との行動パターンに則って行動していることが多いです。

それは別に悪いことではなくて、逆にそれは自分という人間の特徴もしくは強みになることがある。

なぜその自分の特徴を知ることが大事になってくるかと言うと、自分の行動パターンに応じて適切な対処というか役割を与えることができるからだ。

僕の性格の特徴

 

みんなは自分で好きなことや得意なことを探していけばいいとは思うけど、とりあえず僕自身の事を書いていきたいと思う。

面倒くさがり

 

例えば僕の場合は大雑把な部分と面倒くさがりがところがあります。

このように自分の適性を判断するときに自分の性格や行動パターンを把握することが手っ取り早いです。

面倒くさいがりというのは僕が子供の時からの特徴であまり気が勧めないことはやらないかもの凄く簡単してやってしまうところがあった。

僕がミニマリストになったのも面倒くさがりという部分が大きく、面倒なことをしたくなかったからモノを捨てた。

僕がミニマリストになったのも当然な流れだったかもしれない。面倒くさがりな性格について書いた記事もあります。

 

好きなことは幾らでもできる

 

僕の場合好きなことに熱中するといくらでもできる没頭力的なモノがあり、それがブログとうまくマッチしました。

毎日グログを更新しても全く感じないしそれを楽しいと思っています。

あと、自分の身になると思っていることをするのが好きで自分の好きなことが自分の成長の糧にしたいと思っている。

読書や旅もその傾向が現れており、ブログを掛け合わせて自分の好きを発信することが出来いる。

自分の苦手なことは基本避けて好きなことに没頭する人間ですね。

そっちの方が楽しいですね。

自分の行動パターンを把握し最大限活用しよう

 

人として優れている優れていないとかそういう事ではなくて、その人がどういった事が好きか得意かという事である。

人それぞれ考えている事や行動パターンが違うという大前提があってその上で個性というか強みを見つけて生かすべきだと思う。

才能というものは日々の行動パターンであってその行動を把握することが自分の強みを見つけることになるからだ。

 

才能を有効活用しよう

 

何故いきなりこんなことを書いたかというと、僕も自分の事を知っているといっても自分の力を最大限にいかせていないと感じている部分があります。

基本的に自分の力を活かすためには環境が大事だと思っています。

英語が得意の人が普通のサラリーマンで働くのは勿体無いし、マッチョがコンビニバイトをしたところで何のプラスにならないです。

英語が得意な人はそれに関する外資系の仕事をした方がいいし、マッチョはインストラクターとかした方がいいと思う。

このように人の能力や好きなことはあるべき環境に置かれて初めて深化を発揮するのであってその環境へは自分で行動して置いていかなければならないです。

この国で生きていると現状維持をする人が多く環境を変えることのリスクを考えすぎてしまい自由が効かなくなっているようなきがする。

才能を殺さないような教育を

 

親が子どもに教えるときもできるだけリスクを回避する生き方になってしまい、自分の気持ちや得意なことに気付けないまま人生が終わっていくこともある。

それは非常に勿体無いと思います。

一度きりの人生なのにたかが親や上司や先生の言う事ばっか聞いて無難だと思われる生き方をすることの何が幸せなのだろうか??

そもそもテンプレであります。

いい大学行っていい会社に入って、結婚して子どもを産んでマイホームを建てる生き方が絶対であるみたいな雰囲気になっていています。

みんながそうしないといけない感じになっていて変だと感じることがある。

自分の頭で考えずに世間の流れでなんとなく行動していて思考停止している。幸せを人から与えられること前提でいる圧倒的受け身な人があまりにも多いです。

 

自己肯定感を高める目的でも結果を出すという観点においても強みを活かした教育がもっと普及するべきだと思う。

ルールや雰囲気が才能を壊す

 

行き過ぎたルールやマナーや人に迷惑をかけてはいけない強い思いは、完全なる他者依存で自分で考えて行動する力を奪っているようとしか思えない。

みんなで協力するのはいいのかもしれないけど、自分の機嫌や言動まで他人に左右されるなんて窮屈な生き方なんだろうと思ってしまう。

今回記事にしている好きや得意を活かしていく生き方も自分の頭で考えて行動しなければ達成することが出来ないと思っている。

実際に人から成功を与えられている人も実際には選ばれるための行動を起こしている。

人を縛るのは簡単だけど未来的に考えると自立した人間とは程遠い人間が出来上がってしまう

みんなで仲良くすることも大切だけどそれと同じく個人を尊重するということも大事なのだけど集団に偏りすぎているように感じることがある。

そもそも世の中にあることってどうでもいいことが多いのでたまには壁をぶち破って観て欲しい。

もっと自分中心でいいと思う

 

自分に投資するという行為は自己中心的な考えであるけど長期的に考えれば、多くの尋を幸せにすることにもなる

逆に人に合わせすぎて、自分を蔑ろにしていては結局他人に利用されて不幸になってしまうこともある。

会社員で毎月決まった給料が何もしなくても発生していると感覚がおかしくなってしまう。

自己投資したことによって収益を得ることができればモチベーションも上がるし生活も豊かになる。

そういった意味でもできるだけ早く自分の強みを見つけ正しい方向の努力をしていただきたいと思う。

効率良い方法はストレングスファインダー診断を受けてみることだと思う。これは統計学で結構信用がおける。僕も自分の核心を得ていると感じた。

実際に受けてみて感じたことは記事にしていますのでよかったら読んでみてください。

ストレングス・ファインダーを活かし方|自分の適性を把握して生きていこう どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

才能や強みを伸ばすためには勉強の仕方を身につけるといい

 

結局例の本の紹介になりましたけど、自己理解は早いに越したこと無いし、時間は有限なので消耗している暇はないです。

もっと自分の強みを活かした活力ある未来を過ごしてほしいと思います。

これにて終わります。閲覧ありがとうございました。

関連記事