介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
良い介護施設で働くために

議員が運営する介護施設や保育園はブラックが多いとは事実は本当か?

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

保育の専門学校を卒業して保育所に勤めるも1年もせずに辞めて、介護士に転職しました。

介護士としては4年間の間で3つの施設を渡り歩きました。

現在は地元の島根の介護施設で夜勤専属として働いています。

今回は議員が運営する保育園や介護施設は基本的にブラックだという事を書いていきます。

というのも僕が新卒で入った保育園はある議員が運営している所でした。

保育士を辞めた時に他の人にどんな仕事をしていたかを伝えたら酷すぎてドン引きされたことがあります。

今回はそんな経験も踏まえながら議員が運営している施設の現実について書いていきます

選挙対策と社会貢献しているアピールの為運営している。

 

僕が以前勤めていた保育園は議員が会長をしていたのですけど、基本的には現場に顔を出すことはなかったです。

議員としての活動が忙しかったこともあったかもしれないです。

来るとしたら法人内の忘年会や新年会ぐらいですね。

あとは選挙が始まった時に顔を出して来るぐらいでした。

肩書きとして福祉法人を運営しているといえば多くの人に信頼を集めることができるのも事実です。

実際に選挙の際に福祉法人を運営していることに加えて「世の中の社会保障の仕組みを変えたい」と主張をしています。

一般的な人からすると一生懸命福祉業に従事しているかもしれないですけど、はっきり言ったらズブの素人です。

実際に議員をするのならばこの選択はとても合理的ではあるのですけど素人の下で働くのは大変です。

福祉に関する知見が非常に低い

いくら議員と言っても現場に出て働いている訳ではないので福祉に関する知見は非常に低いです。

もちろん法律をしっかり抑えて適切に運営しているところもあるかもしれないです。

しかし先ほどの項で書いたように自分の肩書きづくりで運営している議員も多いです。

そういう人がわざわざ現場に出てきて働き方や業務改善に積極的に関わってきません。

どちらかというと少ない資源で多くのお金を稼ぎたいので多くの職員を採用しないという流れになってきます。

そもそも福祉業は離職率が非常に高い仕事なので、常に人手不足なので人件費は安く抑えられる背景があります。

福祉に関しての知見が低い人が福祉施設の運営に携わってしまうと、現場への無理な要求が増えてきます。

  • 職員が少ないのに入居の受け入れを増やす
  • 急に地域のイベントや行事に参加するように促す
  • 急に高級路線への方針転換
  • 理想論の振りかざし

もちろん職員もできることなら質を上げたいのですけど、日々の業務を回すことで精一杯です。

福祉施設の運営は現場での実務経験がある方が下で働く側も安心ですね。

職員に選挙の際に応援や投票や政策の署名の強制

これが一番理不尽なことだったですね。

選挙期間になった時だけ施設にお邪魔して挨拶をする。

その目には「お前ら絶対俺に投票しろよ」という文字が・・・

上記したように選挙で有利に進めるために法人を運営している議員なので選挙には本気です。

なので職員への自分の投票を示唆することは結構あります。

その他にも無理やり署名をさせられたりすることもありました。

地方では良くあることなのですけど、議員が運営していたり議員と近い人間が運営している施設ではよくあることです。

朝礼のノートでも署名していない人に署名を促すよう書いてあります。

はっきり言って施設を私物化していて自分の都合しか考えずに行動していないです。

そういう施設に当たったら転職した方がいいです。

議員運営の施設に当たった場合は転職を検討しよう

仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

  • 家族経営
  • 議員運営

これら2つの施設は職員への資金が回らないだけでなく基本業務以外での消耗が激しいと思います。

個人的にはこれらの施設でブラックな労働をさせられることが多いので転職を検討したほうがいいです。

でも転職を何回も繰り返すのはみんな嫌だと思いますので僕は当サイトで派遣を勧めています。

派遣のメリット・デメリットを書いていくと・・・

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能
派遣のデメリット

  • ボーナスがない
  • ローン審査がなかなか通らない
  • 周りから安定していないと思われる
  • 福利厚生(育休、産休、住宅手当)などがない

これらのメリットデメリットを比べてどのように働くか考えて欲しいと思います。

福祉業は人手不足なので求職する期間が少なくすぐ働くことができますし、履歴書に傷はつきません。

なので家族経営や議員運営のやばい施設に当たったら速攻逃げ出すことができます。

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

保育士と介護士の派遣のメリット・デメリットの記事がありますので良かったら読んでみてください。

保育士派遣で働くメリット・デメリット元保育士が徹底的に解説していきます。どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...
介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

議員が運営している施設は避けた方が良い

この記事のまとめ

  1. 選挙対策としての運営なので知見が浅い
  2. 知見が浅いので無茶な要求をしてくる
  3. 理不尽な投票や署名を要求して来る

はっきり言って議員が運営する施設はブラック企業が多いです。

なかには健全に運営している方もいるかもしれないです。

しかし福祉法人の運営って世間からすると素晴らしい人に見えるのでアピール材料としてはいいんですよね。

なので知見が低い人が運営してめちゃくちゃにしてしまうことが多いです。

今回記事で書いたような傾向のある施設に巡り合ったら転職を検討したほうがいいと思っています。

関連記事