介護現場における効率化について

若い介護士が優秀だと思うのはググる(調べる)力があるからだと考える理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

先日以下のようなツイートをしました。

今一番求められる能力って「ググって調べる能力」だと本気で思っている

というのもググって調べられない人が圧倒的に損をしていますし、騙されたりしますからね

だからこそググれる割合が高い若者の方が優秀だと僕は思っている

上記のツイートに関して「ググれる若い介護士は優秀である理由とうまくネットを使う方法」について解説していきます。

これからの時代は調べられる力が大事

 

結論を先に言ってしまうとググる力がないと「知らない」というだけで有力な情報を見逃してさらに騙されやすくなるということです。

特に今はスマホで検索して情報にアクセスできる時代なので「知らない」が通用しないです。

せっかく検索エンジンという便利なシステムをグーグルが提供しているわけですので、これを利用しない手はないです。

 

・ネットは生きる上で有力な情報が多いのは事実

・「知らない」というだけで損をすることがある

・検索するだけで解決する問題は多い

これら3つの事に関して以下より解説していきます。

ネットには生きる上で優良な情報が多い

 

「ネットに書かれている情報は何が正しくて何が違っているかわからない」という声があります。

しかし検索の制度は日々上がってきてあなたの欲しい情報を検索したらすぐたどり着けるようになっています。

僕自身もブログという副業もその検索に適した記事を書いて信ぴょう性の高い記事を書いて収入を得ているのでこの傾向は確かにあるように思えます。

なのでもう少しネットの情報を信用してもいいとは思います。

実際に欲しい情報はネットで手に入る時代なので、いかにググれるか?ということは大事なのではないでしょうか?

僕自身も今の生活の形成にネットは大きく関わっています。

  • 固定費の削減の方法(格安SIMなど)
  • 確定申告の仕方
  • 副業でのブログの始め方
  • 仕事中にわからなかった事を調べる
  • 知識の補充
  • 投資の知識

は人から聞くこともありますけど、ネットで自分で調べたほうが早く理解できるという性質もあります。

それに加えて書籍を使って知識を蓄えていくようにしています。

「知らない」という事で損をすることが多いので、いかに知らないで困る事をかき消していくかが大事だと思います。

 

「知らない」ということで損をすることが多い

 

例えば先日僕が行った確定申告に関しても

  • ネットで確定申告ができる
  • 家で一人で書き込めば当日会場で時間が食われない

ということがあって、何も知らないと人が多い中税務署でたくさんの時間を待たされるということがあります。

実際に先日確定申告期間に税務署に行くことがあったのですけど、多くの人が待っていました。

これネットで自分でできたらそんな時間を過ごすことなく終わることができますよね。

ここが決定的な違いで確定申告に関する知識があることで、自分の時間を無駄にせずに済みます。

そのほかにもスマホ料金が安くなる格安SIMの存在、仕事を探す時の給料の比較とかもネットに情報があふれています。

そして今の若者はスマホを持っているのでこれらの便利な情報にアクセスして得をしています。

なので知らないと損をする状況を避けることができる可能性が高いという優秀な人材であると考えてもいいと思います。

世の中にはググるだけで解決する問題がある

 

検索をするという行為は非常に素早くすぐ行うことができるので疑問に感じたら検索をすれば解決できる可能性も高くなってくるわけです。

なので「知らない」を「知らないまま」で終わられることが少ないですよね。

まぁ仕事や学校の場面ではマイルールみたいなのが存在してそれに適応できないと無能の烙印が押されることがあります。

しかし学校や会社が全ての世界ではないですし、無能だろうと職場に身を置いていれば稼げるわけですので、大人になればそこまで重要視されません。

逆に今求められるのは問題解決能力であって、そのためのググるという行為はとても大事です。

知らないというのはこの情報があふれている世の中においてとても大きなデメリットになります。

実際に情報弱者(調べることができない)人が詐欺の被害にあったりしているのをみると、調べることの重要性は増しているように感じています。

そういう意味では調べることが気軽になったスマホを利用しない手はないです。

介護士も例外ではなくて、調べて問題解決できる人は優秀ですし、スマホ世代である若者は優秀と考えていいと思います。

 

調べた上で情報を選ぶ力も求められる

 

もちろんググる能力も大事ですけど、その情報を選んで使用していく能力も大切になってきます。ここの項目では

 

・搾取しようとしている人がネットにはたくさんいる

・自分にとって都合のいい情報を選んで実践しよう

ということについて解説していきます。

ネットには搾取しようとする人が多い

 

  • 高額セミナー
  • マルチ商法
  • 情報商材

みたいな情報が溢れかえってあなたのお金を狙っている人はたくさんいます。

ネットの住民である僕でもここら辺の情報は世の中に増えてきているように感じてます。

いくらググる力があったとしても正しくない情報を集めてそこに課金をしてしまうのは意味ないと思います。

「稼ぎ方」を教えると謳った方も多いです。

実際に僕の場合もこのブログで以下のような記事を書いていたりします。

【副業】介護士にオススメの副業(Wワーク)を副業で100万円稼いだ経験から紹介していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

もちろん僕の場合はそこから搾取する気はないですし、できるだけ有力な情報を発信していこうとしていますけど、ここらへんも自己責任で判断して行っていただきたいですね。

ググるにも基礎的な知識は必要な気がします。

大切なのは情報に課金をしないということです。課金をするなら書籍とかがいいような気もします。

書籍化することはそれなりの信頼を集めていますし、その人も自分の名誉もあるので適当なことは発信したりしません。

ある程度の基礎知識を身につけた上でググるのがいいと思います。

 

自分にとって都合のいい情報を選んで実践していく必要がある

 

僕の場合は1日に何十回もググることをしますけど、基本的に自分が使える物を選んでいます。

そうしないと情報を整理することができないですし、いい情報を仕入れても違った情報が邪魔して有効活用できないということがあります。

僕の場合集めている情報としては

  • 節約の方法
  • 個人事業をする上で大切な知識
  • 記事を書くのに必要な介護の情報
  • ブログに関しての知識

です。基本的には情報に関しては書籍以外の課金はしていません。

情報を得てもそこから行動ができないと意味がないので、情報は選ぶようにしています。

逆にテレビとかはあまり見ないですし(NHKぐらいしか見ない)情報収集に時間を使ってしまうと発信にかける時間がないです。

大事なのはアウトプットであってその手段であるインプットに関しては簡潔に行って行く必要があると思います。

ベテラン介護士も若い介護士を見習うところは多い

 

はっきり言って僕は介護現場にスマホを持ってきて分からないことがあればググっていくようにしたほうがいいと思います。

人にいちいち全部聞いても時間が足りないです。

そういう意味でもスマホを使用する若者は介護現場の効率化と質の向上をする素質があると思っています。

結局時代に乗る力がどの業界にも必須であって介護業界は成長産業なので特に求められています。

現状では介護業界は昔のやり方に固執していうとことがあって、アナログな現場が多いように感じています。

介護施設の業務改善・効率化が進まないのは同じ施設でルーチンワークを続けているから どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

人手不足で労働環境の問題を抱えている施設が多い中、調べられる力を持った可能性のある若者の考えは尊重すべきなんじゃないか?と思います。

自分たちの風習や習慣を守るために押しつぶしてしまうのではなくて有効活用したほうがいいです。

 

この記事のまとめ・・・

 

この記事のまとめ

・ググるれる能力はこの時代では必須能力

・騙されたり損をしたくない人は情報の取り扱いにも気をつけるべき

・ぐぐれる若者は優秀である

実際にITに日常から触れている若者に関して寛容な介護施設はどんどん伸びて行くような気がします。

そして若者が多い施設は比較的働きやすいというのは数多くの施設で働いていた経験からして全然ありそうですね。

しかし求人を普通に見ていてもそういう情報は見えてきません。

なのでこれから介護を始める若者はそういう施設を選んでいくべきだと思います。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!