ホワイトな働き方をする

搾取される介護士の原因は低すぎる自己肯定感であると考える理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は搾取される介護士の特徴をまとめたいと思います。

搾取される介護士はとても多い

 

先日以下のようなツイートをしました。

【搾取される介護士の特徴】 ・給与交渉をしない ・転職をチラつかせない ・収入源が労働のみ ・孤独に弱い ・外の機関を頼らない ・「自分はまだまだ」と思っている ・他の施設はもっといい給料でホワイトに働いている事を知らない

上記のツイートに関して搾取される介護士の特徴についてまとめたいと思っています。

搾取される原因は自己肯定感の低さである

施設から都合の良い労働者として搾取される人の大きな特徴は自己肯定感が低いと言う事が挙げられます。

今の職場にいられなくなったら人生終わると思い込んでいる

 

よく退職する職員に対して「お前は転職しても絶対にうまくいかない」と断言して来る人がいますけどそんなことは絶対にありません。

そもそもその言葉を言っている介護士自体が他の施設の経験がなかったりして、他の施設の事なんか分かっていませんので妄想で言っています。

何も分かっていない思いつきの言葉を真に受ける必要もないです。

しかし自己肯定感の低い介護士は「私は他の施設に行ったら通用しない」とか「また一から頑張るのはいや」と言う思いでいやいや今の職場で頑張ろうとします。

そもそも今の職場を転職したくなったのは自分に現在の環境が合っていないだけですし、転職したら自分に合う環境で働きやすくなったみたいなことは結構あります。

経験する施設の数が少ないと自分の今いる職場が介護業界の全てだと思い込んでしまうので。

今の職場で上手くできない=どの職場でも無理

と考えてしまいます。

精神的に施設で働くことに依存したら後は施設は搾取し放題です。

「他の施設に行ったら通用しないぞ」というのは都合のいい施設側の言い分に過ぎないので無視していいです。

ここで納得してしまう自己肯定感の低さが命取りになります。

 

自分は介護士市場から必要ない人材だと思っている

 

今の施設で上手く働けない事で「自分は介護士に向いていない」と考えてしまう人が多いです。

そもそもなんですけど、施設が求める介護士像って優秀か優秀じゃなくて、「言うことをなんでも聞いてくれて辞めなくて安い給料で働いてくれる人材」です。

なので上記の経営側が求める事ができなかったとしても気を落とさなくていいです。

一歩外に目をやってみると、多くの施設が自分のいる施設より高い給料で求人を出している事が多くみられます。

それがどういうことを指すかと言うと、「今の職場より自分の能力を高く買ってくれる施設が存在する」ということです。

なので多くの介護士が「自分はできない介護士だ」と思い込む前に外に目を向けて欲しいです。

ここで「自分は必要ない人材だけどこの施設はそんな私を雇ってくれている」と思った時点でアウトです。

後は都合の良いように搾取されて終わりです。

自分は施設に「働かせてもらっている」と思っている

 

よく経営側や管理者が部下に向かって「利用者のお金で働かせてもらっている。感謝しろ」みたいな事を言われます。

しかし利用者のお金で働かせてもらっているのは僕ら労働者じゃなくて経営側の人間ではないでしょうか?

逆に経営側は介護士がいないと何もできないわけだから「働いてもらって感謝」と思わなくちゃいけないですけどどうなんですかね?

そこを勘違いさせて職員に暗示をかけてしまうのもありますけど、その暗示にかかって「僕たちは働かせてもらっているんだ」と本当に信じてしまうのはどうなんでしょうか?

そもそも労働は労働を対価に賃金をもらうというもので成立しているので、働かせてもらっているという考え方は存在しないです。

僕たちは自らの意思で契約を結んで労働をしているわけで、誰かに生かしてもらっているという考えを持つのはどうなんでしょうか?

しかし自己評価が低い人は暗示にかかりやすく、「自分が働けていることに感謝」みたいなに勘違いして必要以上の労働を提供するので自己評価の低い人は損をしちゃいます。

 

「自分は貴重な人材」という意識が持てれば、搾取されない環境を作る事ができる

介護士は自己評価が低く「私なんて・・・」みたいな人が多いですけど、もうそんな考えは捨てたほうがいいと断言します。

介護施設は人手不足で実務経験のある介護士を求めている

 

多くの施設が求人を出しているように人手不足が深刻な状態です。

普通に求人を出しても介護職員が集まらないので、単価やマージンコストの高い派遣に頼らざるを得ない状況になっています。

なので今あなたが「私は今の職場を辞めたらどうしようもなくなる」と思っていたとしても他の施設ではそんなあなたの力を欲している状態です。

実務経験のある職員は言ってしまえば好きな介護施設を好きなだけ選ぶ権利があるということです。

その状況なので、今の施設を辞めても他に必要とされるところに行く事ができます。

「自分はいつでも転職する事ができる」と言う意識を持てば気になる施設側の言動に対して我慢をしなくてもすみます。

他人の目を気にせずに自己評価を高めていく事が大事

 

搾取されて消耗する介護士の特徴は自己評価が低くて広い視点で自分の置かれた立場がみれていないからだと思います。

世の中はあんなに介護士不足が深刻なのに、たった一つの施設で器用にできなかったくらいで「自分はダメ」となってしまうのは勿体無いです。

それは単に施設の労働環境が悪かっただけであって、あなたの能力でもなんでもありません。

そもそも介護施設自体が職員にオーバーワークをさせがちです。

介護職はもう入職した時点から退職のことを考えて実務を積んでいったほうがいいと思います。

その施設がいつ破綻するかわからないですし、一気に働きにくい環境になるかはわからないです。

だからこそ自分の自己評価を高めつつ、実務を積んである程度業務がこなせるのなら転職を意識していいと思います。

他人の目なんか気にしても自分の給料や労働環境はよくならないです。

自分の人生は自分で責任を持つ考えをもって判断して欲しいと思います。

まとめ・・・

 

それではまとめます。

  • 搾取されるのは自己肯定感が低いから
  • 自己肯定感が低いと施設に依存しやすくなる
  • 多くの施設が人手不足に悩んでいるから施設に依存しなくても仕事はある
  • 転職を常に視野に入れて働く

こんなかんじですね。結構労働って能力関係なくメンタルな部分が大事になってくるのでいかにストレスなく働くか?は大事です。

職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

 

こちらの記事もおすすめ!