介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
自分を高める方法

自己投資で破産しない為にするべきことは貯金をする能力を養うこと

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

 

「若いときこそ自己投資しろ」という言葉を最近よく聞くようになりました。

自己投資といってもお金がかかるものやかからないものとたくさんありますよね。

そして過剰な自己投資によってジリ貧になってしまう人も中にはいます。

この記事では自己投資をするよりお金を貯めることができる能力をまず身につけろということを伝えたいです。

まずはリスクヘッジをしてください。

自己投資は余剰資金で行うという鉄則を忘れない

投資は余剰資金でするという鉄則があります。

それは自分自身への投資でも同じことです。

生活がカツカツな人が自分の身を削りながら自己投資のお金を出すのはストレスが大きいです。

お金がないのにその金を使って自分を高めようとすると「せっかくのお金を払ったんだから成長しなきゃ」とプレッシャーに感じてしまいます。

そうならないためにも自分の生活費や資産とは別の資金で運用したほうがいいと思っています。

目安としては半年〜1年ぐらい無職になっても生きていけるだけの貯金をしてから残ったお金を使って自己投資をして欲しいです。

逆に最低これくらいの資金はしっかり貯めてから自分の能力開発をして欲しいと思っています。

貯金は心のライフポイントです。

貯金がないことによって選択肢が少なくなってしまいますし思い切った挑戦ができません。

まずは最低防衛資金を作ってからコストの低い自己投資から始めたほうが良いと思います。

大した貯金もないのにリスクの大きな事をしてしまうと失敗した際に生活すらできなくなってしまいます。

まずは余剰資金を作るために貯金に勤しんで欲しいと思います。

そもそも自己投資というものにそこまでお金ってかからないんですよね。自分のできる事を伸ばすって言ってしまえば知識を増やすという事なのでたくさんの本を読むのもいいと思っています。

本なんて1週間に1冊分のお金が出せれば十分に元を取れるほどの知識を得ることができます。

僕の場合は1冊の本から得た事を記事にしてその数倍の収益を上げることが可能になりました。

実は自己投資の本質って払ったお金じゃなくて自分の持っている時間をいかに自分の成長のために使えるのか?ってことに限るんですよね。

そういう意味では読書は素晴らしい自己投資だと思っています。

そのほかのオススメの自己投資に関しては大きなリターンが見込める自己投資の特徴とオススメの方法3つ紹介しますに書いてありますので良かったら一緒に読んでみてください。

堅実なお金の運用ができる能力を身につけることは大事

お金は貯めるよりも使うのが難しいです。貯めることができない人が使うことができるのでしょうか?

余剰資金を生み出すことができるお金の貯め方ができる人は有効なお金の使い方を知っています。

節約してお金を貯めるという行為の中に大切なことがたくさん詰まっています。

  • 生活コストを落とし方(生活コストが下がれば余剰資金を作りやすい)
  • マイナスにならない家計管理
  • 自己投資が失敗した時のリスクヘッジができる

「後で貯蓄はできる」というスタンスで自己投資に意識を向け過ぎるのはどうかな?って思います。

そもそも「若い時は自己投資を」とか言って勧めてくるセミナーなどは単にその勧めている人がお金儲けをしたいと思っているものです。

その言葉を鵜呑みにせずに貯められる時はしっかり貯めて安心感を持った上でお金を使うべきです。

最近背水の陣の状態でビジネスを始めようとする人がいますけど、お金の余裕がない人の商品なんてお客のことを考えていないです。

自分の生活を守るためにお客のことよりも自分の利益のことを考えて高額な商品を紹介するわけではっきり言って信用なりません。

そういうことを考えると「若者は自己投資しよう」と言って高額商品を勧めている人もその人の資金周りがよくない証拠ですね。

できる人間は自分の安全を確保した上で正しく知識やスキルを身に付けます。

その最初のスキルは「使う」ではなくて「貯める」ことです。順番が前後しないようにしたいですね。

堅実なお金の運用の方法を知るのは生きていく上で大事なスキルで多くの人が身につけるべきです。

貯蓄が出来る能力は身につけておいて損はない

貯金をする行為はコストがかかるものではないので若いうちに身につけて欲しいです。

最初の項目で説明した読書だって週に1冊を読むだけでも全然違いますし、お金もそこまでかかりません。

別に図書館に行くのもいいと思いますし、定額の読書サービスを利用するのもいいと思っています。

別にお金を使わなくたって自分を高めることはできます。

お金を使わないと成長できないと思い込んでいるのはセミナーとかで生活している人にマインドコントロールされているからです。

お金がない間は読書などの自己投資をしてお金が貯まって自由に使えるお金が出てきたらいろんな方向にお金を使ってみてもいいと思っています。

でもそれをする前にしっかり最低限貯めれる人間になる必要はあると思います。

貯金ができる人間になるための自己投資をまず行うべきです。

そして自己投資自体も出来るだけコストの低い方法を追求するべきだと思います。

  • その高額セミナー本当に行く必要ありますか?本じゃダメですか?
  • 絶対にジムに行かなくちゃいけないですか?自宅で筋トレだとダメですか?
  • 今買おうとしているものは自分にとって必要か考えていますか?

こんな感じですかね。お金のもっている額も違うわけなんだし、持っているリソースでできる自己投資をしましょう。

無理はしなくて良いです。

結局やる気です。そのやる気のなさをお金で解決しようとしたって何も得ることができないです。

してはいけない自己投資の特徴と具体的な方法を説明します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しま...

自己投資破産をしないためには高いお金の教養が必要

 

自分への投資といって湯水のようにお金を使うのは単にお金に対して無頓着でしかないです。お金を使うことは貯めるより難しいです。

まずは貯め方を身につけてから使い方を考えてみていかがでしょうか?

貯め方を身につけてしまえば一生使えます。いい自己投資ではないでしょうか?

貯めることができないと失敗した時に多くの人に迷惑をかけてしまいますし、傷つけてしまうことも出てきます。

お金がない人間のするビジネスは本当に低俗です。そうならないためにも余裕を持ったお金の運用をまず身につけて欲しいと思います。

 

関連記事