介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
自分を高める方法

自分の能力を高める上で最初にするべき事は周りの人間に自分がどう見えているか教えてもらう事

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

みなさんは自分の強みを知っていますか??

いきなり自己啓発本の書き出しみたいな事を言いましたけど、自分の強みを知ることは非常に大事な事だと思います。

多くの人は自分の事を知った気になって本当はするべき行動ができていないと思います。

簡単いいうと自己理解が足りないという事ですね。どんな自己理解かというと、自分は何が好きで得意か?という事です。

この疑問を解決するにはストレングスファインダーの診断を受けてもらうことと、第三者に聞くというものがあります。

今回の記事では「自分の事を知るのは友人や家族に聞くのがいいぞ」的な記事を書いてきたいです。

ストレングスファインダーに関しては別の記事でまとめていますのでよかったら読んで見てください。

ストレングス・ファインダーを活かし方|自分の適性を把握して生きていこう どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

自分の強みとは自分の行動パターンで自覚することが大事

 

自分の強みというとなんか難しく考えてしまいそうですけど、自分の性格の特徴と言ってしまったほうが早いですね。

自分の得意なことや好きなことって自分がどういう性格でそういう行動の癖があるか?ということで結構分かるんですよね。

僕の場合は

  • 比較的に多動(落ち着きがない)
  • 環境適応能力はある
  • 飽き性
  • ガチ思考・競争が好き

という特徴があります。これらの特徴っていい面と悪い面があるのですけど、これらは表裏一体です。

この自分の特徴は無意識のうちにしていることが多いので自分で気づけないことが多いのです。

このパターンを把握することによって自分と相性の悪い人との接触を避けることができたり、自分の苦手なことや嫌なことで消耗しなくて済むようになります。

これらを知るために周りの人から自分という人間がどうみえているか?という事を調査することが結構効果があっていいんですよね。

自分のことを把握するということによって、戦略を立てて自分を高めていくことができます。

例えば自分がせっかちな特徴があるのなら、コツコツ数を重ねて時間をかけて成長していく戦略は適さないです。

それならとにかく数をこなすほうがその人にあった強みの伸ばし方ができます。

そのためにはまずは自覚して自分に合った方法を模索していくことが大事です。

友達は程よい距離感で自分を見ていて家族は自分の過去の行動を知っている

 

 友人や家族に聞くことが強みを見つけるのに一役買ってくれると思う。

その訳としては自分という人間を客観的に見てくれているので、自分で気づけないことを教えてくれるということが結構ある。

友達は少し離れたところから自分を見ているので、客観的な意見を求めている時に聞いてみるのが良いと思う。

人の目から自分という人間がどう見えているということは結構気になるし、人の目を無視しまくる生き方は孤立を招いてしまう。

孤立を防ぐ役目や、第三者からの自分という人間を評価してもらって自分を見つめ直すのは大切だと思う。

家族に関しては昔からの自分の姿を知っているので、自分の遺伝的な性質について理解するのに適した存在である。

昔からしている行動のパターンを現在も似たようなことをしていることが多い。

僕自身も昔から落ち着きがなかったですし、勝負することが大好きでずっと誰かと勝負する世界に身を置いていました。

社会人になったらカードゲーム今ではアフィリエントで見えない敵と戦っています。

人の根本の性格ってなかなか変わらないので自分の性格に適した活躍の仕方があります。

過去の自分の傾向を聞いて、大人になって自分の頭でその性質を一番うまく使える方法を考えるのが良いと思う。

自分の方向性を修正する役割もある

 

自分の強みを形成するにあたって、試行錯誤を重ねて方向転換を繰り返すことが大事だと思っている。

その為には自分の行動を時々見返して改善点を見つけていくことが大事だ。

その時に第三者の意見を受けて、これからの方向性を考えていくのが良いと思っている。

自分の強みを見つけるのも方向性を検討するときも、自分一人で全てを判断するよりも他者の目からの意見を取り入れるのは良いと思う。

なかなか自分がおかしなことになっているときに自分で気づくのは難しいと思う。

結構「俺が俺が」となって自分中心に物事を考えてしまっていたり、なかなかうまいこと回ってくれない時は自分を見失ってしまっている時が多いです。

そういう時は自分の周りの友人に相談したりして通常運行に戻せたらいいと思う。

特に自分でこれから自分の特徴を生かしてビジネスをしていきたいと思っている時に結構おかしくなってしまうことがあったりします。

僕もブログがもうビジネスになっているので必死にやっていろんな事を考えて実施して行く時に暴走しそうになるのでどこかで第三者を挟む方がいいなと思っています。

そういったときに周りの人が「お前おかしいぞ」っていう言葉が自分を救ってくれることは結構あります。

だからこそ他人との関係を蔑ろにしてはいけないと思う。

さいごに・・・

 

ストレングスファインダー診断を受けるのもいいですが、実感をしやすいのは人に聞く事ですね。

理想なのはストレングファインダーを受けて出た結果をもとに話を聞く事だと思います。

ストレングス・ファインダーを活かし方|自分の適性を把握して生きていこう どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

普通に生きていると自分で何がしたいかよく分からない事がよく出てきます。その時は、第三者からの視点を定期的に取り込んだほうが良いと思います。

まずは自分の言動の傾向を聞いて、定期的に相談して修正していく事が自分の力を伸ばしていくにあたって大事だと思います。

ちなみに自分の高め方におけるまとめ記事もありますのでよかったら読んで見てください。

好きな事を仕事にして食べていくために必要な意識を書いていきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
関連記事