キラキラ介護士について

給料の低い介護士にプロ意識は必要なのか徹底解説していきます

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士のプロ意識について思った事を記事にしていきたいと思います。

プロ意識を求められることの多い介護士

 

 先日以下のようなツイートをしました。

介護士は給料が低いからプロ意識を感じないというか感じたくないという人は結構います。 「利用者がかわいそう」という声もありますけど、利用者にいい生活してほしいと本気で思うならその人の生活を支える介護士の待遇ぐらい上げろ!

 

介護士は専門職ということもあってプロとしての自覚とか意識が大事だと言われています。

しかしそれならもっと対価を上げてもらわないとみんな意識高く働く必要はないんじゃね?と考えたりしています。

実際に多くの介護職員が求められることと対価が釣り合ってないことに関して不満を持っています。

僕自身も介護職として働いていて、その気持ちはとてもわかります。

ということで上記したツイートについて掘り下げて解説していきたいと思います。

良い仕事をして欲しいなら待遇を上げるのは当然

 

良い仕事をして欲しいと思いながらしっかり対価を増やさないというのはどうなのか?と個人的には思っています。

当然今まで以上にプロ意識を持っていろんな事を学んだり資格を取って欲しいと思うのならば研修の参加や資格取得にかかるお金を会社は負担すべきです。

それをせずに中の人間のプロ意識を煽って実費で資格や取らせておきながら今までの給料で働いてもらうのはどうなんでしょうか?

資格手当もそこまで高くない現実から分かる事は施設としては資格に対してそこまで価値を感じていないという事です。

多くの介護士は資格がある事を価値がある事だと思っているかもしれないですけど、その分の対価がないという事は現時点に資格に対しての価値はそこまでないという事です。

今の現状で資格を持っている人と持っていない人でそこまで給料の差がないという事実から「別に資格がなくてもよくない?」となってしまうのは当然ではないでしょうか?

以前、介護士は専門学校に行かずに現場で経験を積んだ方が明らかに得だと思う理由に書いたように資格持っていることによるアドバンテージはあまりないです。

あと単純に介護士の給料って資格の有無よりも働く場所によって左右されるので、給料を上げたい人は資格を取るより都市部で働いたほうがいいです。

田舎(地方)の介護士は都市部の施設で働いたほうがいい理由どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

そもそも現在の介護業界は良い仕事に対して良い対価を払うという習慣がないので、頑張りが反映されづらいところがあります。

なので事実としてプロ意識がなくても、普通に稼ぐことができますしプロ意識をもってたくさん働く事は損という構図ができています。

給料を上げないのに良い仕事を求めるなんて虫のいい話

 

何度もこのブログでは書いているのですけど、給料を上げないのに良い仕事を求める介護事業所が多すぎます。

良い仕事を求めるならその分給料を上げるべきだし、労働者だって給料の交渉をする権利だってあります。

給料が低いという事はその程度の仕事という事であり、給料を上げないという事は今までの仕事をして構わないという解釈をしてもいいのではないでしょうか?

もちろん事業所的には安い金額を払ってたくさん働いて欲しいという思いがあるのは分かるのですけど、別に労働者がそれに従う必要があるのか?と疑問になります。

介護の仕事は人の命の預かる仕事で責任感が必要なのは分かるのですけど、その責任に応じた給料を払っているのか?と言われればどうなのでしょうか?

給料の低い仕事はやっぱり責任感を感じにくいのは事実です。

そもそも月に手取り20万もいかないのに人の命を預かって責任やプロ意識を求めるのはどうなんでしょうか?

個人的にはその額は人の命を預かる大きな責任を持つ人がもらう金額ではないと思います。

良い環境で高い給料でノンストレスで働きたい人は派遣がオススメ

介護士という仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

現役介護士が「きらケア派遣」の口コミ・評判・感想からメリット・デメリットを徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

まとめ・・・

そもそもプロ意識のプロとはなんなのでしょうか?

話を聞くところ

  • 利用者の為なら自分の時間やお金を犠牲にするのがプロ
  • 暴力を振るわれたり、セクハラされてもニコニコ笑うのがプロ

みたいなことが言われてそれって単に施設にとって都合のいいだけの人材なのではないのか?って考えてしまいます。

別にそれでいいのならいいかもしれないですけど、個人的にそういった働き方がしたくないので派遣として週に2回しか働かない生活をしています。

正社員でガッツリしてる人からしたらプロ意識の欠如した人間に思われるかもしれないです。

しかし契約に明記された仕事はしっかりこなしていますので、給料分の仕事はしている自負はあります。

プロ意識という得体の知らないものを追い求めるより、目の前の業務を淡々とこなしていく事の方が大事だと最後に伝えたいと思います。

こちらの記事もおすすめ!