良い介護施設で働くために

介護士が働きやすい施設の一番の特徴は経営者の腕が良くて資金繰りをしっかりしているところである理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

今回は介護士が働きやすい職場について話していきたいと思います。

この記事で伝えたいこと

  • 介護施設を作るフェーズからどう運営しするかのフェーズへ移行している事
  • 上手く運営できている施設は働きやすい
  • 運営が上手くいっていない施設の特徴

それではこれらのことについて解説していきます。

介護施設は上手く運営できている施設とできていない施設と二極化している

先日以下のようなツイートをしました。

介護施設は二極化している
【良い施設】
・黒字経営
・離職率低い
・設備投資でケアの質高い
・上記のことで職員が集まる
【悪い施設】
・赤字経営
・離職率高い
・人が辞めるので採用に時間とお金が取られる
・設備や教育に投資できないので質が下がる
【結論】
介護士は絶対に良い施設で勤めるべき

 

上記のツイートを以下より掘り下げて解説します。

さまざまな介護施設が建ってきて様々な環境を作り上げている

 

少し前までは施設に入りたいけど入れない高齢者の人が多いということもあって、多くの介護施設が建設されました。

そのおかげで様々な施設が様々な運営者によって運営されています。

現在はその建設ラッシュも一通り落ち着いたこともあって、「どんどん施設を立てろ」という段階から「どんな運営をして行くのか?」という段階に入ってきたように感じます。

逆にそれがどういうことを意味するかというと

  • 上手く運営できる施設
  • 運営がうまくいかずにジリ貧になっている施設

この二つの施設が如実に出てきたということですね。

僕は今まで4年間で3つの施設を巡って介護士として働いてきたのですけど、いい施設と悪い施設は運営状況に比例すると感じました。

運営がうまくいっているという事を簡単にまとめると

  • 資金繰りがいい(黒字経営)
  • 離職者が少ない(離職者が多いと採用にお金がかかる)
  • 設備投資ができている(設備投資ができていると多く質の高いケアができる)
  • 質の高いケアをして離職率の低い施設には質の高い介護士が集まる

ということがあって運営する側もそこで働く介護士もケアを受ける入居者もみんな幸せになります。

悪質な施設があることによって多くの介護士や利用者を不幸にしてしまいます。

悪質な介護施設が生き残っているのは利用者や介護士を不幸にしている どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

次の項目ではうまく運営できている施設について詳しく書いていきます。

上手く運営できている施設は働きやすいという事実

 

運営がうまくできている施設は職員に対しても還元をされます。

  • 人員補給
  • 介護機器の購入で効率化
  • ボーナスの増額

これらの部分が充実している施設は離職率が低くて働きやすい職場だといってもいいと思います。

離職率が低いという事は新しい人材の採用にお金をかけなくてもいいということです。

介護士は離職率が高い職業でもあるのですけど、その原因としては職場の環境が悪いからです。

別に女性が多いから出産や妊娠で辞めたりするのではなくて環境が悪いから出産や妊娠で辞めているという事です。

実際に働く環境が良かったらもし出産したとしても復職しますし、広告を打たなくても優秀な人材は集まってきます。

国からの補助金に頼っている介護施設で利益を出すのってなかなか難しいことではあります。

資金繰りが良いとされている高級志向の老人ホームとかは比較的働きやすい環境になっています。

実際に上京して働いた有料老人ホームでは介護職だけでなく看護師や機能訓練士が充実していていました。

これらも資金に余裕があるのでケアの質を高めようと思っている部分からきていると思います。

人員が充実していたり、効率化を図っている施設では離職率も低く比較的働きやすい環境になっています。

簡単に言えば質の高い介護士を集められる環境を作れているか?ということですね。

そのためには設備投資や人件費をしっかり割ける経営になります。

人件費・設備投資を渋る介護施設は将来事業運営ができなくなる理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

上手くいっていない施設は負のサイクルに陥っている

 

逆に経営が上手くいっていない施設は負のサイクルにはまっていきます

  1. 資金繰りが悪いことを理由に設備や教育に投資できない
  2. 質の低い職員が生まれ現場の足を引っ張る
  3. その負担ができる介護士に回る
  4. 良い人材は良い施設に転職する
  5. 人手不足になり採用コストが上がる
  6. 人を選べないので悪い人材が集まってくる
  7. さらに現場の負担が上がりまた人が辞めて行く
  8. 人の入れ替わりの激し行くて採用コストの高さで経営が厳しくなっていく

このサイクルにはまってしまうと給料が低いのに仕事の量は多くて質の低いサービスを提供する施設になってしまいます。

介護士不足に悩んでいる施設が陥る負のサイクルと根本的解決策について どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

この施設に勤めてしまったら最後あなたはとことん搾取をされてしまいます。

介護士がブラックだと言われているのはこのような上手く運営がいっていない施設があるからです。

ブラックな施設での介護のレベルは低いですし、人間としての質も低い傾向があります。

よく言われている「介護士は底辺職」と言われるのはこういう施設の存在があるからです。

こういう施設に遭遇した時はすぐ転職するのが良いと思います。

実際に採用コストが上がって適切な教育ができずに質の低い職員を量産していては職員が定着しません。

離職率が高いと採用コストが無駄にかかってしまいますし、適正な人員配置が行えず新規の入居者を受け入れることができないので売り上げが落ちてしまいます。

売り上げが落ちれば採用や教育や設備投資にお金を回せなくなるのでどんどん破綻していきます。

そういう施設で働いていても給料は上がらないし、きついだけなので転職を検討しましょう。

安い給料で介護士が不満を持って働き続けるぐらいなら転職をサクッとした方がいいと思う理由を解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

良い環境で介護士の仕事がしたい人は派遣で働くことをオススメします

 

僕自身派遣として働いて生活しているのですけど、基本的に経営状態が悪い施設は労働環境が悪い傾向があるので契約を更新しないように意識しています。

正社員だと一度間違って経営状態が悪い施設に入ったとしてもなかなか抜け出せないみたいな事が起こってくるので派遣はそういう意味でありがたいと感じています。

それ以外でも派遣には何個かメリットがあります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護士は運営が上手くいっている施設に入職すべき

 

この記事のまとめ

  • 介護施設は良いところと悪いところで二極化している
  • 現状は悪い施設が多い
  • その差は経営者の腕
  • 資金繰りがいい施設は質の高いケアをする

 

介護士にとって職場選びはとても大事です。

その基準の一つとして施設の経営状況を見ることです。

でも入ってみないとなかなか内情もわからないと思います。

そういう方のために派遣を僕は勧めています。

介護派遣のメリットに関しては介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説しますに書いてあります。

まずは自分が働きやすいという職場を選んで介護士としてのキャリアを形成して欲しいと思っています。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

資格無料支援はいつ終わるか分からないので早めに登録して利用して見るほうがいいと思います。

 

 

こちらの記事もおすすめ!