介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
良い介護施設で働くために

経営が上手くいっている介護施設は職員が働きやすい施設である理由は?

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

 

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑公式ページ

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士が働きやすい職場について話していきたいと思います。

この記事で伝えたいこと

  • 介護施設を作るフェーズからどう運営しするかのフェーズへ移行している事
  • 上手く運営できている施設は働きやすい
  • 運営が上手くいっていない施設の特徴

それではこれらのことについて解説していきます。

介護施設は上手く運営できている施設とできていない施設と二極化している

少し前までは施設に入りたいけど入れない高齢者の人が多いということもあって、多くの介護施設が建設されました。

そのおかげで様々な施設が様々な運営者によって運営されています。

現在はその建設ラッシュも一通り落ち着いたこともあって、「どんどん施設を立てろ」という段階から「どんな運営をして行くのか?」という段階に入ってきたように感じます。

逆にそれがどういうことを意味するかというと

  • 上手く運営できる施設
  • 運営がうまくいかずにジリ貧になっている施設

この二つの施設が如実に出てきたということですね。

僕は今まで4年間で3つの施設を巡って介護士として働いてきたのですけど、いい施設と悪い施設は運営状況に比例すると感じました。

運営がうまくいっているという事を簡単にまとめると

  • 資金繰りがいい(黒字経営)
  • 離職者が少ない(離職者が多いと採用にお金がかかる)
  • 設備投資ができている(設備投資ができていると多く質の高いケアができる)
  • 質の高いケアをして離職率の低い施設には質の高い介護士が集まる

ということがあって運営する側もそこで働く介護士もケアを受ける入居者もみんな幸せになります。

次の項目ではうまく運営できている施設について詳しく書いていきます。

上手く運営できている施設は働きやすいという事実

運営がうまくできている施設は職員に対しても還元をされます。

  • 人員補給
  • 介護機器の購入で効率化
  • ボーナスの増額

これらの部分が充実している施設は離職率が低くて働きやすい職場だといってもいいと思います。

離職率が低いという事は新しい人材の採用にお金をかけなくてもいいということです。

介護士は離職率が高い職業でもあるのですけど、その原因としては職場の環境が悪いからです。

別に女性が多いから出産や妊娠で辞めたりするのではなくて環境が悪いから出産や妊娠で辞めているという事です。

実際に働く環境が良かったらもし出産したとしても復職しますし、広告を打たなくても優秀な人材は集まってきます。

国からの補助金に頼っている介護施設で利益を出すのってなかなか難しいことではあります。

資金繰りが良いとされている高級志向の老人ホームとかは比較的働きやすい環境になっています。

実際に上京して働いた有料老人ホームでは介護職だけでなく看護師や機能訓練士が充実していていました。

これらも資金に余裕があるのでケアの質を高めようと思っている部分からきていると思います。

人員が充実していたり、効率化を図っている施設では離職率も低く比較的働きやすい環境になっています。

簡単に言えば質の高い介護士を集められる環境を作れているか?ということですね。

上手くいっていない施設は負のサイクルに陥っている

逆に経営が上手くいっていない施設は負のサイクルにはまっていきます

  1. 資金繰りが悪いことを理由に設備や教育に投資できない
  2. 質の低い職員が生まれ現場の足を引っ張る
  3. その負担ができる介護士に回る
  4. 良い人材は良い施設に転職する
  5. 人手不足になり採用コストが上がる
  6. 人を選べないので悪い人材が集まってくる
  7. さらに現場の負担が上がりまた人が辞めて行く
  8. 人の入れ替わりの激し行くて採用コストの高さで経営が厳しくなっていく

このサイクルにはまってしまうと給料が低いのに仕事の量は多くて質の低いサービスを提供する施設になってしまいます。

この施設に勤めてしまったら最後あなたはとことん搾取をされてしまいます。

介護士がブラックだと言われているのはこのような上手く運営がいっていない施設があるからです。

ブラックな施設での介護のレベルは低いですし、人間としての質も低い傾向があります。

よく言われている「介護士は底辺職」と言われるのはこういう施設の存在があるからです。

こういう施設に遭遇した時はすぐ転職するのが良いと思います。

実際に採用コストが上がって適切な教育ができずに質の低い職員を量産していては職員が定着しません。

離職率が高いと採用コストが無駄にかかってしまいますし、適正な人員配置が行えず新規の入居者を受け入れることができないので売り上げが落ちてしまいます。

売り上げが落ちれば採用や教育や設備投資にお金を回せなくなるのでどんどん破綻していきます。

そういう施設で働いていても給料は上がらないし、きついだけなので転職を検討しましょう。

介護士は運営が上手くいっている施設に入職すべき

介護士にとって職場選びはとても大事です。

その基準の一つとして施設の経営状況を見ることです。

でも入ってみないとなかなか内情もわからないと思います。

そういう方のために派遣を僕は勧めています。

介護派遣のメリットに関しては介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説しますに書いてあります。

まずは自分が働きやすいという職場を選んで介護士としてのキャリアを形成して欲しいと思っています。

関連記事