キラキラ介護士について

これから介護職で働くあなたに伝えたい信用しないほうがいい介護士の特徴

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は『信用できない介護士の特徴』について書いていきたいです。

信用できない介護士の特徴とは??

 

先日以下のようなツイートをしました。

 

【信用のできない介護士の特徴】

・寄り添うを連呼
・やりがいを連呼
・「金じゃない」って言う
・「カッコいい」「カッコよくない」で判断
・社会貢献を連呼
・資格を強調
・手段に固執する

勝手に一人でするからいいけど誰かを巻き込んで強要した瞬間無能さんへ転落します。

 

上記のツイートを深く掘り下げつつ、信用できない介護士の特徴について解説していきたいと思います。

理想の介護士像を押し付けてくる人は信用できない

基本的に押し付けがましい人は信用されない傾向がありますね。

介護士の場合は人と関わる仕事なので自分のしたい介護に対して強い思いを持っている人も多いです。

なので「自分が絶対に正しい」と思い込んで他人と関わる人は尊敬以前に生理的に無理になってしまいます。

そもそも自分の理想が絶対的に正しいわけではない

 

そもそも自分の理想は理想であってそれが絶対的に正しいと思い込むのはどうなんでしょうか?

その理想というものの正しさが数字で立証されているのならいいのかもしれません。

しかし介護は人と関わる仕事で正解のない仕事だと僕は考えています。

その正解のない仕事に対して「私は正しい」と断言してしまうのは如何なものか?と思います。

もしその方の理想通りの介護をして、もし何かの問題が生じて入居者に不利益を与えてしまったらどうなんでしょうか?

介護をしている以上どのようなケアにしてもリスクはつきものです。

それを考えずに自分の介護を絶対視して、他人に強要する行為は「人として浅い」と感じざるを得ません。

常に自分の介護を客観視して反省して試行錯誤を重ねていく事が大事ではないでしょうか?

そういう姿は他の職員も見ていますし、自分の技術や知識に満足している人は信用しない方がいいです。

何事も強要して責任を取らない人は信頼されない傾向がある

 

これは介護士じゃなくても当てはまるのですけど、自分の立場や年齢関係なく他人に強要する事が多い人は信頼されないです。

その言葉を受けた相手からすると「なんであなたの言う通りにしないといけないのか?」という気持ちになりますからね。

別に指示をしてその行動に関してしっかり責任を取ってくれる方ならいいと思います。

しかし言われてした時に発生した問題に対して責任を取らない人が多いですね。

自分が「やってほしい」と言ったなら任せた相手がどのようなことをしようが命令した側の責任になります。

その責任すら取らない(取ろうとしない)人の言うことは信じる必要もないですし、強要されたらしっかり断ればいいのではないでしょうか?

これは自分が人に物事をお願いする際にも言えるのですけど、人にお願いするならある程度責任を取れる体制は作った方がいいです。

責任を取れそうにないなら誰にも任せない方が安泰です。

介護現場の上司でも言うだけ言って責任は取らずに、強要された人に責任を押し付けて処分すると言う事が多いです。

このようなことをする人は周りからどんどん人がいなくなります。

現実を直視した事実ベースの話ができる人は信用できる

信用できる介護士の特徴として会話の中の言葉のチョイスにあると思っています。

  • 感情論を主体として話さない
  • データ・ソースを持って議論する

特に上記の2つに関して徹底できる人が信頼できます。

感情論で物事を判断するのは非常にリスキーです。

「介護士は感情的」とか言いますけど介護士ほど現実的を見て客観的な議論をしていく必要があります。

感情論になりにくい職員

 

介護士は本当に感情的な人が多いと感じます。

それは別に悪い意味ではなくて、人と実際に関わってる仕事なので相手の感情と触れ合う事が多いので、優しい人が多いんですよね。

しかし人間の感情的な部分を信用するのはとてもリスクで、正しいか正しくないかの判断をする時に邪魔になるんですよね。

特に介護の仕事は人の命を預かっている仕事なので間違った判断はできるだけ避けないと利用者の命に関わってきます。

その大切な判断をする際に感情ベースの判断はとてもリスキーです。

  • 今の職員の人数で可能か?
  • 過去に同じようなケースはなかったか?
  • 他の施設ではどのようなケアをしているのか?

などのデータを集めて客観的に判断できる人は信頼できます。

そもそも感情的な人はその感情が安定している時はいいのですけど、逆にストレスなどによって炎上する事があって自分に理不尽な被害を及ぼしてきます。

介護士関係なく主観的な判断が多い人はできるだけ僕は深く付き合わないようにしています。

その主観に嘘が入っている場合もありますので。

データ・ソースを持ってきて議論できる

 

例えば「腰が痛いからずっとベッドにいたい」という利用者がいるとします。

そこで『○○さんがそう言うならそうしよう』となる人がいます。

それ自体はそこまで悪いことではないのですけど

  • その人がずっとベッドにいることによってベッドから離れられない体にならないか?
  • 本当は人と関わるのが好きな人だから、ベッドごと食堂に出して他の利用者と一緒にご飯を食べるのはどうか?
  • 腰の調子が良い日は離床してみてはどうか?

みたいな感じで、その人がずっとベッドにいることによって生じる不自由さを考えられるのか?についてしっかりデータや記録を見直してできることを考えられる人は信用されます。

会議などの物事を決める場においてデータや記録を用いて話さないのは適切なケアをする気がないと考えられます。

いかに事実をベースにして話せるかが、物事を判断する上で大切ですし、単なる感情論で物事を決めてしまうのは短絡的な気がします。

介護士の会議についてまとめた記事もありますので良かったら読んでみてください。

介護施設での職員会議の質が悪いところが多い問題について どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

まとめ・・・

 

僕自身はそこまで現場で信用を集めなくても良いと思ってはいますけど、人の上に立って仕事するには信用は大切だと思います。

部下がいるわけなので部下の信用がないと自分のしたい仕事ができないです。

そのためにも

  • 感情的にならない
  • 目に見えるもので判断
  • 思いつきや形のないもので発言しない
  • 強要しない
  • 必要以上に自分を大きく見せない

と言うことは最低限守らないといけないような気がします。

 

職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

 

こちらの記事もおすすめ!