介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護士の収入アップ

【朗報】来年10月の勤続10年の介護福祉士の月8万円の処遇改善が『業界10年』になった件

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は来年10月に施行される介護福祉士の月8万円の処遇改善について続報がありましたので記事にしました。

介護福祉士が来年の10月に月8万円アップする処遇改善が施行される

 

介護業界で話題の月8万円の処遇改善が来年の10月に施行されます。

その詳しい内容に関しては厚生労働省のページから確認していただけると思いますのでリンクしておきます。

介護人材の処遇改善について|厚生労働省

この事に関しては当ブログでも一度記事にまとめました。

介護士の給料が8万円上がる処遇手当が世の中の介護士を救うのか? どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護福祉士の給料は他職種と比べて大きく下回っていてこれから高齢化社会が進んでいくにあたって介護士の給料は問題視されていました。

今回の処遇改善によって8万円年収にして96万円のアップは相当大きいと思います。

条件としては勤続10年の介護士(同じ施設で)という条件があったのですけどこれは大きな進歩ですよね。

介護士が2025年には38万人不足するデータが出てきて多くの高齢者が施設に入れない現場からも介護士の獲得と離職を防ぐためにも給料を上げるのは有効な手段だと思います。

これで多くの介護士が「給料が低いから辞める」という流れは少なくなってくると思います。

本当厚生労働省さんありがとうございます。

しかし同じ施設という縛りが支給ハードルを上げている指摘もあった

しかしこの処遇改善に関しては同じ施設に10年勤めるという条件があったために支給に対してのハードルが高いのではないか?ということが指摘されていました。

僕の場合も介護現場で4年いるのですけど3年で上京したためにこの8万円の処遇改善を受けるためにはまた10年同じ施設で仕事をしないといけないという状況でした。

そして同じ施設という条件を設ける事によって何個かの問題があると考えていました。

  • ブラックな運営をする施設が生き残ってしまうのではないか?
  • あらゆる施設での経験がないのでスキルや知識が身につきにくい
  • あらゆる施設を経験した有能な介護士が処遇を受けられない
  • 長い年月働いているとケアマネや相談員などの役職を与えられた時にどうしようもなくなってしまう(転職して介護士として働く選択肢がないから支給を受けられない)

実際に介護士で10年働いている人も珍しいのに転職もせずに同じ施設で働き続けている人なんて相当珍しいと思っています。

そしてこの条件が悪質な施設を生き残らせてしまうことを考えると、同じ施設ではなく業界での経験年数でくくってしまった方がいいと考えていました。

そもそも勤続10年=高い専門性ではなく、いかに新しいことを学んで取り組んでいくかということもあるので同じ施設での勤務が10年と言ってもそこまで高い専門性を兼ね備えていないという問題があります。

でも先日発表された改善案でこの問題点は解消されました。

同じ施設ではなくて業界の経験10年に変更になった

 

そう思っていた時に厚生労働省から処遇改善の条件の変更のニュースを聞きました。

来年10月の賃上げ、“業界10年”の介護福祉士も 事業者が判断可能 厚労省方針

現場を長く支えている介護職員らの賃上げに向けて来年10月に創設する新たな加算について、厚生労働省は事業所の判断で“業界10年”の介護福祉士も対象に含められるようにする方針を固めた。
 
新加算の増収分は勤続10年以上の介護福祉士の給与に充当する − 。これを基本的なルールとするが、在籍する「経験・技能のある介護職員」にも等しく配分する柔軟な運用も可能とする考えだ。複数の法人を渡り歩いてきたスキルの高いベテラン介護福祉士なども、事業者が認めれば恩恵を受けられる仕組みとする。詳細は来月に提案する予定。

事業所が判断するということですが、多くの施設を運営する側は処遇改善を受けさせて職員の離職率を下げた方がいいと思っていますので大丈夫だと思います。

これで僕自身もいろんな施設で経験を積んで10年経ったら正社員で雇用されて処遇改善を受けるというルートを確保することができました。

実際僕以外でもこの変更に大きな恩恵を受けた人は多いと思います。

しかし介護処遇の使い方を決めるのは各事業所

これは今までの処遇改善においても大きな問題になっていたのですけど、処遇改善を国から介護士個人ではなくて、事業所に渡しています。

そしてその使い方を事業所に「人件費で使うように」といって一任していました。

そして事業所は

  • 毎月の給料ではなくボーナスに一括で渡す
  • 介護職員以外の人にも支給(施設で働いている人全員)

みたいなことしていたのでそこまで介護職員への恩恵が大きなかったことがあります。

本当は介護士のための処遇改善なのに他の職種の人材が離職しないために

  • 看護師
  • ケアマネ
  • 相談員
  • 調理師
  • 掃除員

などの本当は介護士がもらうはずのお金が行ってしまっていました。

なので本当なら国から10年勤続介護士に直接支給する形が取れればいいんですけど、そうではありません。

なので今回の処遇改善も各事業所が10年経過した職員を大量に囲ってこの人たちに支給される処遇を10年経験していない職員や他職種に支給されるのはあると思います。

制度としてはどうかと思いますけど、介護業界の資金回りがよく職員に還元しやすくなるのはいいのではないでしょうか?

経験と高い技術を持った介護職員になることが大事

もちろん10年という期間のうちに大きな経験をして高い技術を持った介護職員になることが大事です。

厚生労働省でも大原則としては経験年数と技術が高い専門性が高い人に支給するものとしているので個人としてしっかり努力する必要はあると思います。

だからこそこの10年をいかに充実した介護士人生を歩んでいくかがとても重要になるのではないか?と考えています。

関連記事