介護士のお金の問題

月8000円で生活する田舎暮らしの男性を介護職は参考にすべき理由

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【完全版】『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリット・活用方法をまとめて解説このページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

先日以下のようなツイートをしました。

生活費8000円で生活する男性に見習うところはたくさんあると思っている

生活コストを徹底的に落とすことは「嫌なことをしなくていい」ということにも繋がる

「再現性がない」とか言う前に自分の生活に活かせるノウハウや考え方はどんどん取り入れた方がいいと思う

 

最近トレンドにもなっている「#生活費8000円」という言葉ですけど、僕もこの考え方は全ての人が持っておいた方がいいと思っています。

そして僕の記事を読んでくれている人は介護職の人が多いので、その介護職にこの話を展開していきたいと思います。

 

「#生活費8000円」の概要について

 

この言葉は「東洋経済オンライン」にて取り上げられた、40代男性「生活費8000円」田舎暮らしで得た快感と言う記事が大きく拡散されたことによってトレンド入りした言葉です。

少しこの記事を引用していきます。

老後資金が約2000万円足りなくなるとの金融庁の報告書が波紋を広げた2019年。生活不安は高まりばかり。だが、「1カ月の生活費は約8000円で、4月に引っ越してきて以来、ごみを捨てたことがない」と、さりげなく話す40代の男性のような生活を送る人もいる。

生活費が安いので賃金を稼ぐための仕事に就く必要性はない。「何をやるかの基準は楽しいか、楽しくないか」。こんな生活も今の日本では可能と聞けば、少しは安心できるのではないだろうか。

個人的にはこの記事を読んでワクワクした感じがあったのですけど、ネットでは以下のような声がありました。

 

生活費8000円での反論の声

田舎だけど月の生活8000は無理。田舎なめんなよ。付き合いとか変な会費もあるし 何やかんや搾り取られる

・村社会の人間関係は大変。超監視社会で娯楽が噂話しかない。

・刺激がなければそれはそれで退屈ですよ

・その人の努力もあるけど何よりも周りの環境だよなぁ。

 

 

見ていると「田舎特有の人間関係」についてのことを書いている人が多かった印象です。

ちなみに僕は人口が全国で下から二番目である島根県でずっと生活している人間なんですけど、はっきり言ってそこまで「田舎特有の人間関係」には悩まされていません。

もちろん中にはそういう色が強い地域があるのですけど、大人になってしまえば移動する自由を得るので賃貸とかに住んでしまえばいいです。

この記事の人は田舎すぎて周りに家がなくて、移住者が多いという場所に住んでいるのでこの人間関係に悩まされていない感じでした。

生活費8000円に関してはこの記事の人みたいに色々工夫しないときつい感じです。

とはいえ、地方での生活はお金がかからないというのも事実ではあります。

車とかの話もありますけど、在宅で仕事をしてしまえば車なくてもいいと思いますし、地方でも徒歩圏内で全てのものが揃っているところがあります。

はっきり言って都市部で手取り20万円の生活は地方で手取り10万円ぐらいで出来ます。

それほど家賃が低いと言うのは地方の大きなアドバンテージでもあります。

ただ言ってしまうと地方で労働をするとその分給料がものすごく低いと言うこともあるので僕たちが目指すのは東京水準の給料を地方で稼ぐということです。

田舎(地方)の介護士は都市部の施設で働いたほうがいい理由を解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

これが出来たら結構リッチな生活ができると僕は思っています。

とにかく生活費を落とすという考えは持ち続けた方がいい

 

この「#生活費8000円」というのは本当に努力の結果で本当に素晴らしいと思います。

多分ほとんどの人はこの領域にたどり着くことはないと思います。

しかし彼から見習うことはたくさんあります。

実際に使うお金が少なければ無理して働く必要も無くなります。

例えば月に5万円で生活できる人ならネットとかを使って5万円を稼ぐことは容易いです。

お金を稼ぐ能力と同じようにお金を使わない節約の能力は必要です。

この項目では生活費を低くすることの勧めを書いていきます。

生活費が低いと無理して稼がなくてよくなる

 

僕自身も生活費は毎月10万円以下です(経費は除く)

地方の月6万円の賃貸に彼女と同棲して折半していることもあって、低い水準で保っています。

なので僕も一時期みたいに月に8回だけ夜勤をするという生活でも全然生活することができます。

はっきり言ったら日本人は働きすぎだと思っています。

1日8時間で週五日だけでなく残業までこなしています。

そんなに仕事に時間を捧げていたらそりゃ時間もなくなるし、自分のしたいことができないのも無理ないと思います。

でもよく考えれば「そこまで働かなくても生活できるのではないか?」というのは思っています。

僕自身も生活費を落としているのは貯金をしたいとかそう言う話ではなくて、働く日数を減らしたいという思いがあったからです。

別に綺麗な家でなくてもたくさん時間があれば結構幸せなんですよね。

生活費が高いとその分無理して残業などをして働き続けないといけなくなります。

無理して働き続けた結果幸せな人生が待っているのか?というのは大きな疑問です。

【節約】収入が低い介護士が満足度を上げるためにするべき事を解説する どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

仕事より大事なことは山ほどある

 

僕自身介護の仕事は好きでしているのですけど、介護の仕事よりも大事なことはたくさんあります。

特に僕は時間に関しては結構シビアな考えを持っていて「時間対効果」というものを強く意識しています。

使った時間に対する発生するお金や満足度が低い方法にはできるだけ時間を使いたくないです。

サービス残業をするなら家でだらだらしている方が時間対効果は高いと思っています。

仕事は好きではありますけど、その仕事も週に5日するというのは少し自分的にはやりすぎではないか?と思ったりしています。

もう少し家族や友人と過ごす時間や趣味に使う時間があってもいいのではないか?と思ったりしています。

もちろん中には仕事を生きがいにしている人もいますけど、個人的にはそういう人ほど自分で起業をする気がしますね。

僕自身もこのブログを書いて収入を得ている「小さな起業」みたいな感じでしているのですけど、ブログに関しては毎日書けますからね。

それは自分でコントロールできる側面が大きいかなと思っています。

仕事に全てを捧げるのもいいですけど、やりすぎは禁物でもっと自由な時間を作ることに注力してもいいと思っています。

そうしないとストレスでダメになってしまうことも多いと思います。

介護士はストレスが溜まりやすい環境だと思う理由について解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

一度上げた生活水準はなかなか元に戻せない

 

僕自身も一応毎月同年代のサラリーマンよりかは多い収入を得ているのですけど、その人たちよりも少ないお金で生活しています。

・格安SIMを使っている

・服はGUかユニクロ

・ブランド物は自分では買わない

・基本自炊をしている

・家賃6万円の家に同棲

この水準を稼げている今でも維持しているのは「生活水準は一度あげると元に戻せない」というのが、あるからです。

実際に今の生活でも満足していることもあるので、別に無理してあげる必要はないと思っています。

逆に今の生活でも結構贅沢しているなと思っているのでもっと下げても良さそうだとは思っています。

まぁ彼女も一緒に住んでいるのでそうは行かないですけど、結構生活水準を高くして給料に近い額にしている人は会社にしがみつくしか無くなってしまいます。

生活費を下げることは自分の選択肢を広げる役割があります。

【お金】介護職の貯金・給料・年収のリアルと節約術を解説していきます どうも毎月10万円以上の貯金をしている現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で4年前に保育士から介護...

介護職の生活費を低く抑えるメリットを多く享受できる

 

介護職もこの話は結構当てはまると思っていて、この記事の人までいかなくても「いかに生活費を抑えるのか?」ということは考えた方がいいと思っています。

というのも介護職と言う働き方は多用的で僕みたいに月に半分以上休むみたいな働き方もできるからです。

シフト性という働き方は非常に時間固定や曜日固定や時短勤務をすることができます。

なので労働時間を減らしやすい仕事でもあります。

【介護派遣あるある】「出勤日数減らして生活できるの?」という余計なお世話を言う人たちに伝えたいこと どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

その中で僕みたいに派遣で働いて時間の調整をすることができるので、生活費を抑えると言うことはその分選択肢が広がるんですよね。

単純に生活費10万円の人と15万円の人が稼ぐべきお金は5万円差があります。

例えば日給1万円の仕事をしている場合だと前者は10日働けばよくて後者は15日働けないといけません。

その開きは5日になってしまいます。

その辺のことを考えると生活費を抑えれば抑えるほど働く日数が減ります。

また資産を作りたいときでも生活費が低いと蓄えができます。

どう考えても生活費が低い方がいいことが多いです。

出費少なくても楽しく生活することはできます。

逆に「お金がないと楽しく生きられない」というのは窮屈だなと言うのは感じますね。

介護士で年収300万円の中で幸せに生きていく為の転職術を徹底解説このページでは年収300万円の介護士が幸せに生きていくための節約術や転職術を紹介する記事です。ぜひご活用ください。...

転職をして福利厚生や収入を上げて自由時間を増やしていこう

 

介護職は比較的低賃金で整っていない福利厚生で働いている人が多いのですけど、中にはしっかりした給料と福利厚生がある施設も存在します。

なのでそういう施設に行き着くまで転職を重ねる事をオススメします。

「転職を何回もすると履歴書に傷がつく」という声があるのですけど、その時は派遣を使っていろんな施設で働いてみるのがいいと思います。

中の職員に年収や福利厚生の事を聞いて「ここいいな」と思ったら派遣会社に「ここで正社員で働きたい」

僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。

その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。

特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。

僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。

僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

【完全解説】介護派遣のメリット・デメリットを実体験から書いていきますこのページでは介護派遣を活用して年収をアップさせた経験から、介護派遣のメリット・デメリットや上手に活用する方法を解説しています。...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

【完全版】『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリット・活用方法をまとめて解説このページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

マイナビ介護職

マイナビは転職の王道中の王道。
 
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
転職に安定性を求めたい人はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 
 
マイナビ介護職の特徴

  1. 大手で非常に安心できる
  2. キャリアカウンセリングが非常にありがたい
  3. 大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側の信頼が絶大

大手の安心感が欲しい人は「マイナビ介護職」がオススメです。

「マイナビ介護職」について詳しく知りたい方は別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

『マイナビ介護職』の評判・口コミはどうなの?現役介護士が解説します『マイナビ介護職』の「評判」や「口コミ」や「サービス概要」を現役の介護士の視点でまとめた記事です。転職エージェント選びをしている方は参考にしてみてください。...

 

 

 

きらケア介護派遣

 

きらケアは転職の王道中の王道。

 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【まとめ】『きらケア介護派遣』の口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...
 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・生活費は押さえておくことは絶対にした方がいい

・生活費が高いと会社に依存する生活をしてしまう

・生活水準は一度あげると元にもどしづらい

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

 

正社員として働きたい介護職の人は「マイナビ介護職 」をお勧めします。

 

マイナビ介護職に無料登録