介護士のスキル向上

【要注意】働く施設によって介護職のケア(支援)レベルが全然違う理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

【評判、口コミ】介護派遣会社ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しま...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

 

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑公式ページ

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士歴4年目にして2回介護施設に転職した僕が各施設の介護士の技術のレベルについて書いていきます。

この記事で伝えたいこと

  1. 最初に働く施設が大事
  2. 介護レベルが高い施設の特徴
  3. 当たりの施設と巡り合うためには

初めて介護士で勤める施設の介護レベルはとても大事

 

初めて介護士をする人は最初の施設で全てが決まると言っても過言ではないと思っています。

最初に様々な技術を身につけていけば転職した際にどこの施設でも必要としてくれる人材になります。

  • 正しいオムツの当て方
  • シーツ交換の正しいやり方
  • 安全な食事介助
  • 入用介助のやり方
  • 緊急時の対応
  • 認知症対応

これらをしっかり学ぶ事は入居されている高齢者の安全を守ることにも繋がります。

僕の場合は最初特養でガッツリ介護の基礎を叩き込まれたおかげでどこの施設に行っても適応出来るようになりました。

初めて介護をする方は特養で多くの入居者様の対応をした方が現場で使えるスキルを身に付ける事が出来ます。

逆に介護レベルの低い施設で働いてしまうと転職した際に使えない人材になってしまいますし、介護業界で動ける範囲を狭めてしまいます。

それだとどこでも働けるという介護の特性を活かす事が出来ません。

個人的には最初は特養で働くことをお勧めします。

日頃の勤務はとても忙しいのですけどここで一通りのことができればどこの施設でも通用する人材になります。

特養のススメに関しては過去の記事がありますので一緒に読んでみてください。

介護士が最初に勤めたほうがいい施設とその理由を解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護のレベルが高い、最初に入りたい施設の特徴

 

残念ながらすべての施設が新人の教育に力を入れているか?と言われたらそうではありません。

場所によっては人数ギリギリで現場を回している介護施設がありますので、そういう施設でスキルを身につけるのは難しいです。

個人的に特養がオススメとは言っているのですけど、出来れば大規模の場所がいいです。

規模が大きいと教育のシステムが完備されています。

それとは別にレベルの高い施設の特徴もありまして

  • 入居者のプライバシーや尊厳の維持にしっかり勤めている
  • 排泄介助が上手な職員が多い
  • 研修を定期的に開催する

以下より詳しく書いていきます。

各入居者様のプライバシーと尊厳を守ろうとしている

「尊厳の保持」を守って支援する事が基本として介護をすることが大事です。

しかし中にはその尊厳の保持すら守られていない施設も存在します。

  • ベット上で動き回るから4本柵で囲む身体拘束を許可なくする
  • 入居者様に対して怒る
  • その時間帯に必要最低限の人数を配置することができない

「尊厳の保持」といっても完璧に守る事は出来ないかもしれないけど、不便な思いをさせないように試行錯誤する事は大事です。

特に介護のスキルや知識が身についていない施設だと、惰性で悪い介護をし続けてしまう傾向があります。

僕も今まで巡ってきた施設の中でも介護の知識とスキルが足りずにその人に合った対応が出来ない事がありました。

本人たちは頑張って仕事をしているのですけど、施設側の教育が行き届いていないせいでケアの質は上がらずに間違った知識を新人に伝えてしまっています。

小規模の施設に起こりがちな案件です。基本的に大規模な施設ではスタッフの質の高く、尊厳の保持に対する意識も高いです。

そういう施設では教育の機会に恵まれて質の高いケアを教えてもらえます。

排泄介助が上手な職員が多い

 

個人的に施設の介護レベルが顕著に出てくるのが排泄介助だと思います。

  • バットの二枚当て
  • トイレに行ける機能を持った人がオムツをつける
  • 横漏れが頻発する

排泄に関しては完全に技術の領域でもあるのでとにかく数をこなしたりユニチャームなどの研修に参加していく事が大事です。

基礎中の基礎でもあるのでこのレベルによって施設全体の教育のレベルが分かってしまいます。

排泄介助がひどい職員は他の施設に行った時に通用しないです。

介護職の経験があるのなら「排泄介助ぐらいできて当然」と思われているので、素早く正確に交換する事が大事です。

僕の場合は夜勤専従なので、特に排泄介助のスピードや正確さが求められます。

比較的介護度が低い施設に行くと排泄介助に入る回数も少ないので実戦での経験がなかなか積めない事があります。

特養の1年が有料老人ホームの3年に匹敵するぐらいの介助量と言われるぐらいです。

何も知らない状態だからこそ良い手本をみて多くのことを教えてもらって数を自分でこなす事が大事です。

そのためにも周りの排泄介助の技術の高さは大事です。

基本排泄介助がうまい人が多い施設は総合的にもレベルの高いケアをする傾向があります。

僕もなんだかんだで一番最初に勤めた施設が一番職員の質が高かったと思っています。

定期的に研修会を開催している

 

研修によって外部からの知識を得る機会を多く設けているかという部分は個人のレベルアップに大きく関わっていきます。

いくら内部で納得いく介護ができていても時代はどんどん進んでいって便利な介護機器や技術が生まれてきています。

これをうまく取り入れることによって効率化を図る事ができますし、新しい機器の扱いを知っていれば他の施設ではヒーローです。

転職者に求められることとして前の施設の良い文化を持ち入れる事ができるか?という部分があります。

研修を積極的に取り入れる施設は職員のレベルアップや業務の効率化をしようとしています。

介護は井の中の蛙になってしまいがちな閉鎖的な職業でもあります。

逆に研修などの機会が少ない施設はいつまで経っても古い方法で時代に取り残されて質の低いケアのみが残ってしまいます。

そう言った意味でも研修の有無については大切な要素だと思います。

質のいい施設に巡り合うために多くの施設で働ける派遣はオススメ

 

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

なので介護士でスキルを積みたい人はできるだけ早く質のいい施設に巡り合う必要があります。

でも何回も転職し続けるのは精神的にも大変ですし、経歴書に傷がついてしまうのはどうかと思っています。

そういう時には派遣で働くことをオススメします。派遣ならダメな施設と巡り合った際に「ここでは成長できない」と他の施設に移ることだってできます。

それで何回も移動して多くのことを学ぶことができる施設に行けばいいと思っています。

その他にも派遣はメリットが多いのですけどまとめると

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能
  • 経歴書に傷がつかない

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護派遣会社

 

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣
  • きらケア介護職

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

きらケア介護職

 
こちらのきらケアは正社員になりたい方にオススメの転職サイトです。
 
派遣をしたい方にもオススメですけど、正社員になりたい方にも手厚いコンサルタントの支援を受ける事ができます。
 
 
 
 

 

きらケア介護職の特徴

  • 経験豊富なコンサルタント
  • 介護業界を熟知している人が多い
  • 各施設との信頼感が厚い
  • 良い案件を沢山紹介できる
  • 介護士の気持ちを理解してくれる
 
 

 

【正社員】『きらケア介護求人』の口コミや評判などを徹底的に解説していきます。 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

質の高いケアを見て学んでスキルを向上させよう

 

介護士で働くにあたってスキルと経験は重要です。

僕はまだ介護士4年目という若手でありながら3つの施設を経験しているのは

  • いろんな形態の施設の勤務を覚える
  • 多くの介護度の利用者と関わる
  • 様々な職員からスキルや知識を身に付ける

ということがしたいからでいくらいいところでも定期的に職場を変えて新しい刺激を受けていきたいと思っているからです。

最初にいた施設のケアの質が悪くてそこに長居し場合に転職した時に経験はあるけどスキルと知識がない介護士になってしまいます。

そうならないためにも質の高いケアを目の前で見る機会を自分で作ってそれを盗んで他の施設に行くみたいな感じにスキルアップしていくことが大事だと思っています。

結局最初の職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!