介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
地方の介護士について

地方で介護派遣を利用する際に気をつけたい事とは?

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

 

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑公式ページ

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

派遣としての働き方についてこのサイトで発信をして多くの方がこのサイトから派遣会社に登録して働き始めている方の話を聞いて嬉しく思っています。

今回は地方に住んでいる方で派遣を始めたい人に向けて記事を書きたいと思っています。

以前に地方と都市部の仕事の違いみたいな記事を書いたのですけど、今回もそんなテイストで地方で働くのは相当な覚悟が必要だという話をしていきたいです。

田舎の介護士は低賃金なので都市部で働いたほうが良い理由を両方で働いたことがある僕が説明しますどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

地方は派遣に対しての理解が浅い現実

 

地方にはそもそも派遣という文化がないのでどういった働き方をするのかということがわからないという部分があります。

具体的にどういったことが分からないかというと

  • 自分の施設が雇うものだと思っている
  • 面接が禁止のことを知っていない
  • 個人情報の聞き出しが禁止なのを知らない
  • 期間契約で労働者側が自分の都合で切ることが出来ることを知らない

みたいなことですね。派遣って便利なイメージではありますけど多くの場合は人がいなさすぎて苦肉の策みたいに使うものです。

派遣会社に払う金額も普通の社員を雇うより高いですし、施設の都合のいいように言うことを聞かないので結構雇わなくていいものなら雇わない方がいいです。

でもそれを知らない地方の施設の人は都合のいいものだと思っていて、その勘違いがトラブルを生む原因になります。

実際に僕が特養で正社員で働いている時も派遣の職員はいなくて

  • 正社員
  • 非正社員
  • パート

という分け方になっていました。給料も下に行けば行くほど安くなっていって時給換算をすると最低賃金並みになっていることが多かったです。

そういう働き方しか知らないので派遣と聞いても非正規職員と同じようなものだということが多いです。

実際には派遣社員は派遣会社に雇われている人だけど、中には自分の会社で雇っている人として扱ってしまう事で施設内ルールみたいなのを無理やり適応させるケースも多いです。

特に地方の場合は施設の運営者が年配者ということもあって労働市場の新しい働き方を把握せずに派遣の求人を出してしまうのでトラブルが多くあります。

それが都市部の施設の場合は半分以上の職員が派遣社員ということもあって、どのように扱えばいいのか?ということを把握していて働きやすい環境になっています。

都市部で働いていた人が地方で働く時にその文化の違いで悩まされることが多いので個人的には相当な覚悟がない限り介護士は地方で働くことはオススメしません。

桁違いの介護士不足とサービス残業の横行という現実

 

僕が地方の特養に勤めている時にはあまり気にならなかったですけど、東京で介護をするようになってからその可笑しさに気がつきました。

地方の施設には独特な文化みたいなものがあります。

  • サービス残業は当たり前
  • 正社員が一番偉いという勘違い
  • 仕事が遅い人がいたらその人を手伝ったり待たないといけない
  • 個人情報保護に対する意識の低さ

基本的に地方の介護士は同じ施設にずっと働く習性があるので、なかなか介護業界や労働市場を広い視点でみれずにマイルールが社会だと思う節があります。

サービス残業だって普通に考えれば違法ですし、それを愛社精神や同僚(仲間)を理由に正当化していいわけではないですが、それがまかり通るのが地方です。

あと個人的に最近多くの施設を見学して現状を視察しているのですけど、都市部の介護士不足と地方の介護士不足はレベルが違います。

僕が見て驚いたのは30人いる有料老人ホームを日中3人夜間1人で回している地方の施設がありました。

都市部の施設だとそんなことは基本ないですし、人手不足でも30人以上いたら職員が5人以上いますしそれにナースもいます。

地方の場合は管理職である施設長や部長クラスの人が現場で人数埋めをしているのが現実です。

そういう現場ではなかなか労働法や派遣法を把握して守っていくことが出来ません。僕もその中で働いていましたけど、案外やれば出来るものでしたが実質崩壊していました。

結局その崩壊しているものをサービス残業によって補っているのが現実です。

地方で介護士の仕事をするのはオススメ出来ない

 

都市部で働いていた時も人手不足で大変だったことがあったのですけど、崩壊するほどのものではなかったです。

しかし地方では多くの施設が個人のサービス残業によって成り立っていました。

求人も広告やハローワークやネットに出しているがなかなか集まらないようです。

最近は地方にも派遣が入ってきたのでもっと理解が深まって受け入れ態勢がしっかりしてくれればまだなんとかなるかもしれません。

派遣は地方でも普通に働くよりも給料が高いです。なのでサービス残業に巻き込まれたり、立場の違いから人間関係の悪化がなければ多くの人が集まってくるかもしれません。

正社員神話が強い地方ではなかなかそれ以外の働き方を受け入れにくいですし、単純に関わる人間の少なさがあるので、すぐ排除しようとしてくるかもしれません。

そう考えると地方で介護士として働くのは厳しいと思います。

僕自身も地方で3年働いていましたが、給料の低さや人間関係の狭さが嫌になって出て行きました。

逆にそこで働くことができる人って超優秀で都市部の施設に行ったらエース級の活躍ができます。

人手不足の穴を埋めるための現場を回す力はとても高いので都市部に働きに出たほうがいいです。

個人的には修行の場所みたいな感じです。僕も地方での介護の経験があったので都市部での仕事に生きています。

最初はきつい施設でスキルを身につけた方がいいと強く感じました。オススメは特養です。

介護士でこれから働きたい人が一番最初に勤めたほうがいい施設とは? どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

さいごに・・・

 

相当地方の施設を批評してしまって関係者の方には申し訳ないです。

しかし都市部からきた多くの介護士さんが地方の施設の独特なルールに病んでしまうというケースが多いので書かせていただきました。

僕が地方で働いている時も絶対に定時に帰っていましたし、サービス残業を強要された時には労働基準局に報告を随時していました。

それでもこの体質はなかなか直らなかったのでどうしようもないと感じました。

なのでこれから地方で介護士をしようと思っている人は絶対に都市部で働いた方がいいです。

相当能力があるか思ったことをどんどん口に出したり行動したりができないと確実に飲み込まれてしまいます。

もちろんすべての施設がそうではないということも分かっていますけど多くの施設が当てはまることだと思います。

なので多くの形態の施設があっていろんな働き方に対して理解が深い都市部で働いた方がいいと思います。