介護士のスキル向上

介護職は神経質だとなかなか続ける事ができない理由を解説します

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

実は仕事に大切なのは技術でもスキルでもなくてスルー力だと思ってる。

どの仕事も神経質だと続かないからな

続く事が正義だから

今回は上記のツイートを掘り下げて解説していきたいと思います。

介護士として働くに当たって「スルー力は大事」ということにですね。

介護士の仕事の性質上神経質になってしまう

 

僕の周りの介護士も神経質な方は多いように思えます。

というのも介護士の仕事の性質上いろんな方向にアンテナを立てないといけないので、そうなってしまうんですよね。

 

介護士は神経質になりやすい理由

・細かな人間観察や洞察力が必要

・ストレスに晒される機会が多い

下記より解説していきたいと思います。

介護士は細かな人間観察や洞察力が必要

 

介護士の仕事はとにかく関わるべき人が多いように感じます。

  • 利用者
  • 利用者の家族
  • 同僚
  • 他職種(医者、相談員、ケアマネ、機能訓練士、看護師)

多くの人と関わるということはその分気を使って関わらないといけないということになります。

それに加えて介護士の仕事は利用者に直接介護サービスを提供するのが主なので顧客からの反応がすぐ帰って来るポジションにいます。

なので介護士の仕事のミスは施設が提供するサービスに直結しますし、責任を求められてしまうんですよね。

だからこそ常に自分の行動や同僚の行動に関して神経を使わないといけないので、神経質な人が増えるのではないか?と考えています。

ストレスに晒されることが多いから、神経質になる

 

先ほど書いたように介護の仕事は目の前の命を預かっていることもあって、ストレスに晒されてしまいます。

そのストレスを避けるためにはミスを絶対にしないように最新の注意を払ってケアをする必要があります。

相手も人間なのでどんな些細なことでも指摘して来るかわからないので完璧にしたいという人は多いように感じます。

神経質というよりかは完璧主義な人が多い印象です。

そしてこの仕事によって形成された完璧主義や神経質な部分は仕事だけでなくてプライベートでも出て来るのかな?と感じています。

僕自身もやっぱり普通の人より神経質な部分があって

  • 部屋の掃除はこまめに行う
  • 待ち合わせは10分以上前には現地に行く

みたいなところはあります。

まぁそこに関しては自分が得をしているのでいいのですけど、もう少し気にしせずに日頃の生活や仕事をこなせたらいいのではないか?と思っています。

神経質な介護士は損をしている

 

介護士だけでなはなくて神経質な人は本当損をしていると感じます。

というのもやっぱり神経質な人がその神経質な部分を他人に出して押し付けてきたらあっという間に周りから人がいなくなってしまいます。

僕自身も少し神経質な部分がありますけど、できるだけ他人に押し付けないようにしています。

逆に他人に神経質な部分を押し付けて「私の心の安堵をくれ」みたいな人はストレスになるので離れるようにしています。

キラキラ系の人は神経質な人は多いように思えます。

【キラキラ系】上司にしたくない介護士の特徴を考察していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

以下より神経質な人が損していることについて書いていきたいと思います。

 

全てを真に受けていたら精神が持たない

 

単純に全てのことに関して神経質になって考えてしまうと自分の精神が持たないです。

他の職員の仕事ぶりが気になって自分の仕事に集中できなくなりますし、自分からストレスを受けにいっているだけです。

全てを真に入れて「ちゃんとしないと」となってしまうのは流石にきついのではないか?と思います。

僕自身も以前はもっと神経質な部分があって自分の周りの人の反応や行動がいちいち気になっていたのですけど、気にしても仕方ないですし、ストレスを溜めて体調を崩してしまうだけなので意識して彼らを意識しないようにしました。

神経質は自分の時間を他人を気にする時間にとられてしまい、自分を追い込んだりすることがあるので意識的に直す必要があるのではないか?と思っています。

他人に寛容になれない

 

これは僕の以前近くにいた人の話ですけど、多様性が認められない人は結構神経質な人が多いんですよね。

「○○でなければいけない」みたいな思いが強いのでその自分の正しいと思っていない人が出てきたら排除しようとするという傾向があります。

言ってしまえば自分中心で世界が回っている自己中心的な考えなんですけど、人間みんなそうなので否定はしません。

しかし、自分の価値観と合わないからといって自分の価値観を押しつける必要もないですし、押し付けが起こると人間関係が崩壊します。

なので神経質な人は周りに人が少ないんですよね。

介護施設に入所している高齢者をみても神経質な方は面会の回数も少ないですし、「みんな離れて行ったんだな」と余計なことを考えてしまいます。

いかに楽な気持ちで働けるのか?を考えたほうがいい

 

僕自身は最近は忙しくない日々を送っていて介護現場から若干距離を置いて関わっている感じです。

フルタイムで働くこともこれから先もないと思います。

フルタイムで働くことによって心身ともに疲労して性格が荒れた経験もあるので、自分にあった仕事量で働けたらいいのかな?と思っています。

結局無理して多くの人と関わったり他人の顔色を伺う生活をしてしまうと人間簡単にこまれてしまうんだと感じています。

僕自身はストレス耐性が低いので最小限の労働をするみたいな感じになりましたけど、結構最近は穏やかになったと感じています。

神経質なままだと仕事は長続きしない

 

今まで多くの介護士が退職するところをよく見てきたのですけど、多くの人は神経質で真面目な方が多かったように思えます。

介護士にとって神経質なのは必要な素質でもあるのですけど、しかしその分ストレスに晒されてしまうのでふとしたことでプツンと切れてしまう可能性があります。

逆に楽観的に介護の仕事をしている人の方が続けていけたり周りとの人間関係も良かったりとすることが多いですね。

仕事柄いろんな人と関わるので神経質になってしまうのですけど、それを以下に抑えて長く続けていけるのか?ということを考えた方がいいです。

やっぱり大事なのは優秀な働きをするよりも継続することであって、継続できるための仕事で消耗しすぎないというのは大事です。

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・介護士は神経質な人が多い

・神経質な人は人間関係をうまく構築できない

・いかにストレスフリーで働けるのか?を考えた方がいい

・神経質だと仕事が長続きせずにダウンしてしまう

性格は遺伝的な部分もあるのですけど、介護の仕事をしていると神経質にならないといけない場面みたいなのが出てきます。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!