介護派遣の働き方

介護士で扶養控除を受けたい人はパートじゃなくて派遣を選ぶべき理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護職でパートで働ける人は扶養控除を受けたい人でパートよりも派遣で働いた方がいいという事を書いていきたいと思います。

介護職のパートの時給は最低水準である

 

先日以下のような事をツイートしました。

介護士は実力や努力が反映されない職種

一番稼ぐには派遣で高単価の夜勤専従をする事

そして一番してはいけないのは施設にパートで雇われる事

マジ最低水準だからね。パートできるなら派遣がいいぞ。

後人手不足の現場から積極的に良い給料出せるところに転職した方がいい

 

介護士でパートとして働く人も多いのですけど、ほとんどの人がその地域の最低水準の時給で働いています。

いくら扶養控除内とはいえそんな低い給料で働くのはどうかと僕は思っています。

しかし派遣では高単価の時給で働いて少ない出勤時間で扶養控除内に収める事ができます。

上記したことについて詳しく解説していきます。

派遣なら少ない出勤数で扶養控除ギリギリを稼げばいい

 

 

最初にしたツイートの返事として『扶養控除のためにパートをしている』という声を頂きました。

確かに扶養控除の人なら時間の融通が効きやすいパートの方が都合がいい事が多いです。

なので週に数回出勤して後は家のことをする生活をしていると思います。

しかしその働き方って派遣でも可能なんですよね。

派遣の場合だって派遣会社を通して自分の希望の日数や時間を聞いてその条件にあったところに派遣してもらえばいいだけの話です。

そして派遣の場合はパートより時給が高いです(都市部なら1500円は当たり前)

どっちでも似たような業務をする事ができるのなら時給の高い方を選んで少ない稼働時間で扶養控除の限度ギリギリまで稼いだ方がいいのではないでしょうか?

多くのパートの人は生活のための労働をしているわけですから、その生活に支障がないように短い時間で稼ぎ切った方がいいのではないでしょうか?

例えば年間で103万円に収めたい場合月間で8万5000円稼げばいいので

  • 時給900円のバイト〜900×8(1日8時間労働の場合)=7200円          85000円÷7200=11日 (88時間)
  • 時給1500円の場合〜1500×8=12000円                      85000÷12000円=7日(56時間)

時給に関しては大まかに計算したのですけど、都市部の時給は高いので扶養控除内で収めることを考えたら稼働の日数が大きく違います。

日勤の業務に限定すれば週に2回も出勤せずに必要な額を稼ぐ事ができます。

残りの時間を家事に当てる事ができるのは大きいのではないでしょうか??

 

派遣ならパートよりも高単価で自分の望む働き方がしやすい

パートではなくて派遣で働くことによる旨味が多いです。

そもそも時給が高いので扶養控除ギリギリの額を稼ぐための出勤日数や稼働時間が少ないのは嬉しいのではないでしょうか?

そういった働き方も派遣なら可能です。

施設に直接雇われるとパートは低い時給で定期的に勤務時間の変更やシフトを強引に都合の悪いものに変更されることもあります。

しかし派遣の場合は派遣会社なのでそのような事は基本ありません。

派遣として働くメリットをまとめると・・・

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

まとめ・・・

 

扶養控除内で働く人はできるだけ労働時間を少なくしてその中でギリギリの額を稼ぐ必要があります。

その中でパートだと時給が低いので労働時間が長くなります。

施設に雇われるのと派遣で雇われるのでは時給が全然違いますので、派遣で働ける場所があるのなら派遣がいいです。

もちろん派遣だから少ない日数で働くことを断る派遣先や会社がありますけど、どこの施設も人手不足なので雇われるケースがあります。

というのも派遣の場合はWワークも可能なので短時間労働をする枠を設けているので大体は派遣で少ない時間働く事が可能です。

せっかく同じような業務をするのなら派遣の方が旨味が多いのではないか?と思いこの記事を書きました。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!