介護士のお金の問題

介護職のやりがいを一番に追い求めているべきではない理由を解説します

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説しますこのページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

先日以下のようなツイートをしました。

介護職で「お金よりもやりがい」と言っている人がいますけど、稼げないと人生がものすごくハードモードになってしまうので、まずはお金にフォーカスした上で余裕ができた上でやりがいに注力するべき

それを飛び越えていきなりやりがいを取りに行くから人間関係がギスギスしやすくなったりする

今回は上記のツイートに関して解説していきたいと思います。

ツイートした通りですけど、まずはやりがいを捨ててお金を追い求めた方がいいです。

この記事で学べる事

・お金よりやりがいを取りに行くことの弊害とは?

・お金を先に取りに行くべきだと思う理由

・やりがいは幻想である

それでは以下より解説していきます。

お金よりやりがいを取りに行くことの弊害とは?

 

「やりがい」って非常に聞こえのいい言葉ですけど、僕たち雇われの労働者からしたら搾取のための謳い文句でしかないです。

やりがいを求めた弊害についてツイートをしました。

以下の通りです。

・生活基盤が安定しないからストレスが溜まる

・気分に左右されてしまう

・他人に自分の正義を押し付けがちになってしまう

以下より上記の事について解説していきます。

生活基盤が安定しないからストレスが溜まる

 

介護職自体が給料が低い仕事ということもあるので、お金や時間を追い求めない働き方をしていると、生活が不安定になります。

実際に僕が見てきた介護職の人でも生活が苦しい人は結構見ます。

・いつまで経っても実家で生活している

・自分の欲しいものをなかなか買う事ができない

・ワーキングプア化している人

生活の不安定さは他の部分でも大きく悪影響を与えてしまいます。

ブランダイス大学の200名の男女を対象にした1995~2005年の10年間に渡って行った研究があります。

この研究で10年間の顔写真を見比べてみるとお金に困った人は老けてみえるという結果が出ました。

人間関係やストレスが原因もありますけど、お金がないというストレスはその上をいくということも結果として出てきました。

この研究結果からもわかるようにお金よりやりがいを選んでも給料が少ないという問題が思った以上に身体に大きな影響を与えてしまいます。

そういう意味でもまずは生活基盤を安定させる事が大事です。

生活保護費より低い給料をもらっている介護士がいる件について どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

気分に左右されてしまう

 

そもそも「やりがい」という事自体が安定性のない感情ではあるんですよね。

・いつ飽きてしまうのか分からない。

・燃え尽き症候群になってしまう

・現実とのギャップを感じて病んでしまう

上記のような介護職さんは非常に多いように感じます。

もしやりがいを失われた時に苦しい生活だけ残ってしまいます。

そうなってしまうとなかなか立て直すのは難しくなってしまいます。

そういう意味ではお金は裏切らないんですよね。

もし気分が変わったりしてもお金があれば自分の生活基盤は保ってくれますし、そのおかげでメンタルを安定させる事ができます。

あとお金を求めない働きをすると労働環境が悪くなって結果さらに自らを追い込んでしまうことにもなりますね。

介護士がお金を求めない働き方が労働環境を悪くしていると考える理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

他人に自分の正義を押し付けがちになってしまう

 

やりがいを持って働く人はなかなか批判されませんし、批判した人は「なんでそんなこと言うの?」という風に批判が集まってきます。

なのでやりがいを追い求める事が正義になって、やりがいを追い求めずにお金を追い求める事が悪になってしまいます。

介護現場でもそう言う方は結構多くて、やりがいを追い求める働き方を押し付ける人は多いんですよね。

・「この職場をよくしたいと思わないの?」

・「介護職はお金ではないよ」

・「お金に固執する人は介護職向いていない」

これらの言葉は結構僕が情報発信をするにあたって言われてきた言葉です。

個人がやりがいを持って働くのは別にいいのですけど、そのやりがいを他人に押し付けてしまうのはあまり良くないことではないか?と思っています。

実際にやりがいを重視してサービス残業や休むことを強く批判したりして働きにくい職場になっている事が多いように感じます。

実際にブラックな介護施設ではやけに実態の見えない精神論があふれています。

入居者や介護士を幸せにする介護施設は「利益を追求する介護施設」である どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

お金を先に取りに行くべきだと思う理由

 

先ほど書いたようにやりがいを先に求めてしまうとメンタルが安定しなくなってしまうんですよね。

そう言う意味ではお金は正直であって、数字として実態があるものです。

数字を追い求めて働いたりすることによってその仕事にやりがいが持てます。

順番が逆なんですよね。そこらへんは以下のツイートに書いています。

 

この項目では

・お金を求めることによって時間的な余裕が出てくる

・お金を目的にやりがいが出てくると主張するワケ

・お金を意識することによって仕事の質が上がっていく

上記の事について以下に解説していきます。

お金を求めることによって時間的な余裕が出てくる

 

僕自身はお金を追い求めて副業と節約に今でも本腰を入れています。

おかげで副業の収入も上がってきてその事によってたくさん働かなくても生活する事ができるようになりました。

この状態になると介護の仕事も自分の都合のいいぐらい働いてあとは自分の自由の時間を確保することもできます。

僕のケースは特殊かもしれないですけど、お金のことを第一にして働いたり行動を起こすと生活に余裕ができるのは事実です。

・生活費の節約(生活費一人10万円以下)

・副収入の確保

・定時で帰って節約や副業を頑張る

上記のことを頑張ったら収入が上がって生活費は下がるのでフルタイムで出勤しなくても全然生活する事ができるようになります。

僕の場合はこれで夜勤の回数を減らして厚生年金や社会保険の範囲ギリギリで働いている感じですね。

 

お金を目的にするとやりがいが出てくると主張するワケ

 

お金を求めるとなぜか時間も生まれて心の余裕が出てきて仕事を楽しめるようになるんですよね。

僕自身も今は以前よりかは仕事を楽しくする事ができています。

なぜかというと働く以外のプライベートの部分にストレスが少ないからなんですよね。

・仕事が大変でもプライベートが充実しているからいいや

・給料低くても生活低いし副業があるから別にいいや

・人間関係悪いとしても、自分の方が収入が高いし幸せだからいいや

みたいな精神状態になるので仕事に対するストレスはそこまで大きくないんですよね。

そして副業収入があると仕事の見え方も全然変わってきて、「いろんな経験ができるしブログのネタにできるのに給料入るなんて美味しい」と思うようになりました。

別に嫌な事があればすぐ辞めても大丈夫ですし、その精神的な余裕さが仕事への満足度を上げていきます。

そう言う意味ではまず介護職がするのはお金に関する勉強や稼ぎ方を知って行動することではないか?と思っています。

介護士が今すべき事は、お金の勉強をして考えを深める事であると言い切る理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

お金を意識することによって仕事の質が上がっていく

 

言ってしまったら切羽詰まって働く必要はないのでやりがいのみを追い求めている人よりも仕事楽しめますし、パフォーマンスも高いです。

お金を求めた働き方をする人は合理的に業務改善をして効率化を図ります。

介護職の多くの人が勘違いしていることでもありますけど「手をかければかけるほどいい」みたいな考えを持っている人が多いです。

確かにそれはそうなんですけど、施設にあるリソース(職員の数や時間)は限られているわけです。

その中でいかに最高のパフォーマンスをするのか?ということを考えるべきで、残業時間を増やしたり仕事を増やす行為は非効率的です。

実際に残業時間があると言うことはできないことをしようとしているという可能性が高いです。

なので定時で帰ることを第一に考えている人がいる事によって、定時で帰るための業務改善を行います。

言ってしまえば施設にある程度裁量を持った人で時間やお金を強く意識できる人を置いとかないと現場は崩壊します。

結局「手をかければいい」という考えは思考停止でしかないんですよね。

介護士が介護業務以外を抱えない方がいいと思う理由を解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

やりがいは幻想(現実逃避のやりがいもある)

 

そもそもやりがいという言葉自体が存在しないのではないか?と思っています。

その人がやりがいだと思っていることは実は思い込まされているだけだったり認知の歪みの可能性もあります。

そして「やりがい」と言うのは当事者じゃでは人から搾取するための経営や管理側の都合のいい発言じゃないか?と思います。

あと給料が低い仕事で楽しくない仕事というのは人は受け入れられない苦痛があるので、勝手にやりがいを作り出すこともあります。

社畜の介護士が「給料は安いけど仕事が楽しいからいい」と考えてしまう理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

この事を「認知的不協和」と言います。

この作用が働いて介護職のやりがいは作り出されているのではないか?と思っています。

言ってしまえば現実逃避の一種です。

それならまずお金の部分を満たした上で楽しさを追い求めた方がいいんですよね。

介護職はとにかく行動をした方がいいです。

 

僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。

その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。

特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。

僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。

そして副業や節約や転職をどんどん行ってまずはお金の部分を満たした方がいいと思います。

僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットについて現役派遣介護士が解説しますこのページでは介護派遣を活用して年収をアップさせた経験から、介護派遣のメリット・デメリットや上手に活用する方法を解説しています。...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • マイナビ介護職
  • きらケア介護派遣

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説しますこのページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

マイナビ介護職

マイナビは転職の王道中の王道。
 
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
転職に安定性を求めたい人はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 
 
マイナビ介護職の特徴

  1. 大手で非常に安心できる
  2. キャリアカウンセリングが非常にありがたい
  3. 大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側の信頼が絶大

大手の安心感が欲しい人は「マイナビ介護職」がオススメです。

「マイナビ介護職」について詳しく知りたい方は別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

『マイナビ介護職』の評判・口コミはどうなの?現役介護士が解説します『マイナビ介護職』の「評判」や「口コミ」や「サービス概要」を現役の介護士の視点でまとめた記事です。転職エージェント選びをしている方は参考にしてみてください。...

 

 

 

きらケア介護派遣

 
きらケアは転職の王道中の王道。

 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【まとめ】『きらケア介護派遣』の口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...
 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・お金よりやりがいを取りに行くことの弊害はメンタルが安定しない事

・お金を先に取りに行くべきだと思う理由としてはお金の部分が満たされると余裕ができて仕事が楽しくなる

・「認知的不協和」でやりがいが作り出されているのではないか?

お金とやりがいに関しては深い関わりがあってお金を切り離してやりがいを追い求めるのは限界があります。

最初にめっちゃやる気のあった介護職が急に仕事辞めるみたいなことも多いです。

逆にそういうやりがいよりも「僕はお金のために介護をしている」みたいな人の方が長続きするんですよね。

やりがいで働いているとその分ブレが出てしまいます。

しかしお金は裏切ったりしないので、安定した労働をする事にもつながります。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

 

正社員として働きたい介護職の人は「マイナビ介護職 」をお勧めします。

 

マイナビ介護職に無料登録