介護派遣の働き方

電車通勤が大変な介護士に伝えたい「職住近接」を実行する方法を解説

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

現在はフリーランスとして活動をしているのですけど、以前は現場で介護職として働いていました。

普段はそんな介護職の働き方に関する悩みを解決する記事を書いています。

先日に以下のようなツイートをしました。

「通勤を減らしたい」という人は派遣になって労働時間や日数を減らすというのも一つの手です。

「これじゃ生活できないでしょ?」と思われますけど、生活費を下げることで実現可能です

週5勤務が当たり前でしないと生活できないという常識は壊しましょう

 

今回は「時短勤務や労働日数を減らす方法として派遣は最適な手である」という説明をしたいと思います。

この記事を読めば働き方を広く捉える事ができてストレスない働き方を実現できる可能性も高くなります。

実際に僕も介護士をしているときは基本的に月の半分ほどは休みの働き方をしていました。

経験した側の意見からしても「本当快適でストレスが少ない」と思っています。

それでは解説していきたいと思います。

この記事では派遣を使って労働時間を削る方法を解説しています。派遣に関しては【きらケア介護派遣】 がお勧めです。

登録自体は5分ぐらいで無料でする事ができますので、もし良かったら登録して案件を確認してみてください。

 

 

【きらケア介護派遣】口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説する

 

 

まずどんな理由で労働をしていますか?

 

まず最初にこの記事を読んでくださっている方に問いたいのが、「どんな目的で働いているのでしょうか?」ということです。

・家族の生活を守るため

・自分の自己実現のため

・いい生活をしたいから

これらの共通することとして「自らの人生を幸福に過ごしたい」という思いがあります。

しかし現実をみると、本来人を幸せにするはずの労働が人を縛り付けて苦しめているということは多くみます。

で少し話の方向が変わるのですけど、とにかく日本人は働きすぎなんじゃないのか?と思ったりします。

週に5日で40時間働いている人が多いですし、そこに残業も含めるとさらに長い時間働いていることになります。

人生においてそこまで仕事にリソースを注いでしまうと、精神がおかしくなってしまうのも分からなくもありません。

そして個人的にこの記事で言いたいのは「別に0にするのではなくて、少しでも減らせたら楽に働けるようになるのではないか?」ということです。

まずは人生を充実させるための労働という意識を持って働いた方がいいと思っています。

 

派遣を活用した介護士の労働時間を削る方法

 

ここから実際に僕がした労働時間削減をする際に行ったことを書いていきます。

ポイントとしては以下の通りです。

①まずは生活費を徹底的に削る

②生活するに当たって最低限必要な出勤日数を計算する

③派遣会社に労働日数を減らして欲しいと伝える

この方法に関しては再現性はものすごく高いと思います。

単純に数字で考えればいいので、そこまで複雑さはないと思います。

 

①まずは生活費を徹底的に削る

 

生活費を削ることはこの世の中での理不尽から逃れるために大切なことだと思っています。

僕は毎月10万円あれば生活できるので、フルタイムで働いて20万円欲しいとは思わないんですよね。

それなら手取り15万円でもいいから週に3〜4日働きたいみたいな感じです。

生活コストを下げるという行為は労働日数を減らすためには大切にしたい考えです。

具体的にどのようなことをしたら生活費が抑えられるのかというと・・・

・キャリアプラン→格安SIMを使う

・電気会社を変更する

・家賃を抑える(同棲、地方、シェアハウス、実家に住む)

・月額制のサービスを利用する(ネットフリックスなど)

・持ち物を少なくする

僕の場合は上記のことを意識して生活費を下げています。

生活費を削ることで貯金をする事ができます。

また何かあって収入が途絶えた時も生活費が低い事が大きな備えになります。

 

②生活するに当たって最低限必要な出勤日数を計算する

 

生活費を下げるところまで下げれば「自分が生活するに当たって必要なお金」を算出する事ができます。

このお金を「ミニマムライフコスト」というのですけど、この最低限必要なお金を稼ぐ」という考えにシフトする事が大事です。

僕の場合も月10万円あれば十分だったので、余裕を持って15万円稼いだら幸せに暮らせます。

その後は何日出勤すればいいのか?ということを計算します。

僕の場合は月に8回の夜勤でしたが、これらは厚生年金や社保を活用するために必要な出勤日数です。

なので結構最低限働いたら生活は余裕でした。

別にもう無理して週5で働く必要もないですし、工夫次第でなんとかなると思っています。

 

③派遣会社に労働日数を減らして欲しいと伝える

 

あとは介護派遣会社に「週に5回の勤務を4回にして欲しい」などとお願いをしましょう。

基本的にこの要求は飲んでくれる事が多いです。

「それなら派遣切りする」みたいなところは稀にありますけど、派遣切りをする余裕がある施設は意外に少ないです。

代わりはいくらでもいない業界ですし。

「代わりはいくらでもいる」という介護施設側の発言は見当違いである理由 どうもたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 最初の...

なので基本的に労働日数を減らして欲しいという要望は通ります。

僕も最初は10回入っていた夜勤を終えて8回に減らしてもらいました。

この方法を取ると「生活できるのか?」という反応をもらう事が多いですけど、先ほど書いたように僕自身の生活費は普通の人よりも低いので、全然余裕ですね。

その辺のことを書いた記事もありますのでもし良かったら読んでみてください。

【介護派遣あるある】「出勤日数減らして生活できるの?」という余計なお世話を言う人たちに伝えたいこと どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

無理して週に5日通勤する必要は全くないです。

 

世の中テクノロジーが発達して便利になっているのに、人の働く時間は減らないのは普通に意味不明ですよね。

でもよくよく考えてみたら僕たちは働かされているわけではなくて自らの意志で働いているわけです。

なので無理して週5勤務する必要はないですし、自分で労働をコントロールすること自体はできます。

「労働はコントロールできないもの」と思っている人が多いですけど、それはコントロールする意思がないからだと思います。

別にどんな働き方をしていようが他の人に咎める権利はないです。

週5で働くのがきついなら週に4日にすればいいです。

それができるように日頃から低い生活費で暮らせるようにすることは大事ですね。

 

おわりに・・・

 

いかがだったでしょうか?

「週5勤務するのは当たり前」と思っている人が多いですけど、実際には週に4日でも暮らしていけるケースは多いです。

無理して多くのお金を稼ぎに行かなくてもいいと思いますし、副業をするなど収入源を分散するのもいいと思います。

そういう意味では介護派遣は非常に使い勝手が良くて理想の生活をする上で大きな力になってくれると思います。

個人的お勧めは【きらケア介護派遣】 です。

きらケア介護派遣は介護派遣でも非常に大きな会社で高単価の案件を取り揃えています。

時給は高ければ高いほど働く日数が少なくなりますので時給を高めることを意識した方がいいと思っています。

無料で5分ぐらいで登録できますので、是非登録してみてください。

メリットやデメリットなど徹底解説した記事もありますので一緒に読んでみてください。

【まとめ】『きらケア介護派遣』の口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...