介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
ブラック施設について

介護業界は優秀な管理職が少ないからブラック化している現状

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護施設には優秀な管理者が少ないという問題について記事を書いていきたいと思っています。

介護施設で深刻な優秀な管理者がいない問題について

 

先日、以下のようなツイートをしました。

介護士不足以上に最近深刻だと思うのは優秀な管理職が少ない教育的な問題だと思う。 ブラックな労働を助長しているのは経営者というよりかは現場にいる雇われの管理職が労働法に対して無知であるからな気もする。 人手不足が深刻な施設はろくな管理職がいない

 

よくよく感じるのは介護業界での優秀な管理職が少ないということです。

こういうことを書くのは頑張っている管理職に失礼かもしれないです。

しかしブラックな労働環境を生んでいてそれを食い止められないのは多くの職員の管理をしている管理者の責任であると考えられます。

ここでいう優秀な管理者というものは別にそこまでものではなくて

  • 労基法を遵守するように働きかける
  • 物理的に出来ないことを強制させない
  • ホワイトな職場にするように働きかける
  • 部下に責任を押し付けない

というものです。多くの介護施設が出来ていないということを考えると管理者の育成の体制が出来ていないのと適正な人事がなされていないのではないか?と考えるのが自然です。

以下から詳しく書いていきます。

人手不足で能力関係なく自動的に管理者になる介護士

 

施設の労働環境は管理者の手腕の有無で変わってくると言っても過言ではないです。

同じ施設で介護の仕事をしていても管理職側の考えと能力によって働きやすさは全然違います。

人手不足のせいで自動的に能力の有無関わらずに責任者になってしまう傾向があって、その人が現場志向から抜け出せない時は大変です。

「私が現場の時はこれくらいしたからお前もしろ」みたいな管理者の横暴が多いのは介護職の特徴かもしれないです。

現場から管理者の心に変えていくためには外部の研修会に参加して管理者に必要な能力や他の管理者との情報共有をする必要があります。

しかし人手不足で時間がなかったり、管理者であるはずの人間が現場に駆り出されたりみたいな事があるとなかなか現場思考から抜け出せなくなってしまいます。

管理者には適性があると思っていて、現場で優秀な介護士が管理者になって良い管理者になれるとは限りません。

特に感情的な人ではなかなか務まらないと思います。

そういう見極めをする分の人材を抱えているか?ということはとても大事です。

人が少ないということはその分管理者選定に時間をかけれないですし、そもそも適任な人がいないという問題が起こってきます。

管理者として必要な知識を身につける暇がない

 

介護士は人手不足に悩まされる業種なので、優秀な管理者を育てる時間がないというのも問題です。

僕の現在の派遣先の介護施設では施設長が定年を余裕で超えています。

世代交代をしないといけないのですけど、管理者の教育的なシステムが構築できないため後継者がおらずに退職できないという問題が起きています。

もしその人が体調を崩してしまったなどの理由で退職してしまうと充分な教育を受けないまま施設長になってしまう人が出てきます。

特に現場上がりの人だと現場で求められる能力と管理者で求められる能力が違うので困ってしまう事が多いです。

本当なら現行の管理者が次の管理者候補を発掘して育てて自分の仕事を任せられる状態にしておく事がベストなのです。

しかし、管理側と現場側ともに業務に追われて教育する暇がないと思います。

そうなってくると優秀な管理者が生まれづらい構図になってしまうのもしょうがないような気がします。

管理者の労働法への意識の低さが施設をブラック化させる

介護現場の労働環境が悪いのは現場の人間や管理者側の労働法への意識が低いのではないか?と思っています。

現在は多くの労働現場で違法な労働をさせて社会的に制裁を受けている会社が多い中で老ど違法を無視することは不可能です。

実際に鹿児島の施設ではそのことに不満を持ってほとんどの職員が退職して事業運営できなくなりました。

介護士が全員退職していた施設で1ヶ月で入居者6人が死亡していた件について書いていく どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

しかし介護現場では日々当たり前にサービス残業をさせたり有給消化をたいした理由もなく拒否したりしています。

そういう問題を野放しにしていると鹿児島の施設みたいに多くの介護士が退職して事業運営ができなくなってしまいます。

そうならないためにも管理者が先陣切って

  • 残業代を申請するようにしっかり伝える
  • 有給消化をさせる
  • これらでシフトを組めなくても職員に無理させない

というのは大事なことだと思います。

そもそもシフトが回せない問題についても有給を取らない想定の人員配置が間違っているのでしっかり人事に伝えるか、できない場合は「もうできません」としっかり上の人間に伝えるのも大事かもしれません。

それぐらいしないと他の施設や他職種に人員が流れてしまいます。

給料が少ないならその分労働環境を整えてあげるぐらいはしてあげたいですよね。

解決策は他職種からヘットハンティングするか、時間をかけて管理者を育てること

 

そもそも介護施設の管理職が育たない(育てない)問題については一回ブラック化した場合は資金を投入しないと改善は難しいと思っています。

ブラックな労働環境に在籍する人は少ないですし、優秀な人材はその場に居続ける理由がないので転職します。

そうなってくると自分の施設で管理者を育てるより他職種や他の施設の優秀な人材をヘットハンティングするのが早いと思います。

そういう人材なら育成の暇がなくてもいいですし、少しいい給料を提示すればきてくれます。

介護業界は以外に優秀な人材が安い給料で働いてる現実があるので、いい人材を発掘したらどんどんヘットハンティングをかければいいと感じています。

さいごに・・・

 

一応対策でヘットハンティングと書いたのですけど、そもそも人手不足で研修すら参加させてもらえない施設で他の施設の情報がわかるはずもないんですよね。

研修会に参加すれば中には安い給料で働いている人がいるのでその人にヘットハンティングを仕掛けるのが現実的ですが、それができないなら結構積んでいるのではないか?と感じます。

介護施設は資金繰りが大変なので一回退職ラッシュになったらもう取り返しがつかなくなってしまうかもしれないですね。

だからこそ優秀な人材が育ちにくい環境にあると思っています。

こちらの記事もおすすめ!