ブラック施設について

介護業界の問題は介護職が幸せに働ける環境にならないと一生解決しない理由

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務していましたが、今は出版のために一旦お休みしています。

その辺のことについては別の記事で解説していますのでもし良かったら読んでみてください。

【お知らせ】本を出版することになりました どうもたんたん(@tantan4423)です。 今回はタイトルにあるようにとある出版社から出版をするようになったという報告をします...

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

先日以下のようなツイートをしました。

介護業界の問題に対して「効率を上がればより良くなる」という意見があるけど、より少ない時間で多くのことを詰め込むという考えて良くなるのか?というのは思ったりする

結局中で働いている人が辛い思いをしているというのが大きな問題なのに、その負担を減らすという方向を向かないのかな?とか思う

今回は上記のツイートに関して解説していきたいと思います。

僕自身が来月に「幸せな働き方」という本を出版しますけど、僕自身は幸せな働き方ができない業界に発展はないと思います。

いつまでも「利用者のために・・・」と言って自己犠牲を求めてしまう業界のままだと一生豊かな業界にならないと思います。

この記事で学べる事

・介護職を不幸にする労働環境のままだと一生発展しない

・自己犠牲を当然とする業界には限界があると考える理由

・個人の介護職が幸せに働くために

それでは以下より解説していきます。

 

介護職を不幸にする労働環境のままだと一生発展しない

 

今の「利用者の幸せのためならなんでもできます」みたいな姿勢は素晴らしいと僕は思っています。

しかしその姿勢で介護保険施行から働き続けた結果が、今の労働環境になっている可能性が高いです。

「お金よりやりがい」と言い続けた結果として・・・

・低賃金

・サービス残業

・有給が取れない

・上記のことでストレスがたまり人間関係崩壊

・離職率が高い

この働き方改革が進んでいるなか、この現状は厳しいものがあると思っています。

ブラックな介護施設の15の特徴と対策を現役介護士が徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

この現状も「利用者のために身を呈して働いてきた」結果であるとしたら、限界があるのではないか?と思ったりしています。

もちろん背景としては補助金が少なくて人手が集まらずに各職員への負担が大きくなっている側面があると思います。

でもそれでも職員に過剰な労働をさせることを辞めさせずに精神論でねじ伏せて来た弊害が大きく出ているのではないか?と思っています。

今多くの潜在介護士がいます。

彼らは本来は介護業界に対して希望を持って入って来たはずです。

しかし労働者が守られていない環境で働き続けることに関して疑問を持って離れていきました。

一回いなくなった人材は相当なことがないと帰って来ません。

そろそろ方向性を変えて介護職ファーストを徹底した方がいいのではないか?と思っています。

【怒り】好きで始めた介護職を辞めるまで追い詰める介護施設をぶっ壊す! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

自己犠牲を当然とする業界には限界があると考える理由

 

中には職員のことを一番に考えて運営している施設もありますし、本当にリスペクトしています。

逆にそういう施設はこれからも発展を続けて人材の確保や利益をあげることだと思います。

このように介護施設も二極化して来ます。

逆にこの波に乗り切れずに「自己犠牲があってこその介護職だ」みたいな施設は淘汰されていくと思います。

その理由についてこの項目では解説していきたいと思います。

・自己犠牲を要求する介護施設に働きたい人は少ない

・介護職も普通の労働者と何一つ変わらないから

・ネットの影響で悪い口コミは簡単に拡散される

それでは上記のことについて解説していきます。

自己犠牲を要求する介護施設に働きたい人は少ない

 

そもそも「身を呈して働け!!」みたいな施設で誰が働きたいのか?という話です。

僕が介護士視点になってもそういう施設はお断りですし、給料が高いならまだしも対して給料も払えないのに「たくさん働け」というのはどうなんでしょうか?

別に僕はドMでもないですし、そんな環境で働き続けたらすぐ鬱になってしまいます。

そんな暗い未来が簡単に予想できるところで働いたところで仕方ないです。

僕たちには職業選択の自由があります。

その中でわざわざそういう搾取をしてくる施設で働き続ける意味なんてないです。

自分の人生の主役は自分です。

介護は人のためになる仕事であるのは事実です。

それでもまずは自分を満足した状態でないと良い仕事をすることは不可能です。

働く上で一番大事なのは自分の精神を安定させることです。

この自己犠牲の念は介護職のメンタルを大きく削ってしまいます。

結局そういうのを受け入れられる人は少なくて、入職があったところで短期離職してしまうのがオチです。

この「できる人は選ばれる」というのをブラックな労働でふるいにかけるのはあまり良くない傾向ですよね。

【手に職】介護職は人を選ぶ仕事だと考える理由を現役介護士が解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護職も普通の労働者と何一つ変わらないから

 

介護職も普通の労働者と同じなんですよね。

決まった時間働いて決まった給料をもらうという意味では同じサラリーマン(ウーマン)です。

なので労働基準法も適応されますし、「介護職だから・・・」と言ってサービス残業をさせるのはアウトです。

でもなんかその辺を感じて「社会福祉に従事する人は特例」みたいな雰囲気があるんですよね。

でも実際は別に何も特別な仕事ではないですし、単なる労働形態の違いでしかありません。

なので、他の職業が受けている扱いを介護職も受けるべきですし理不尽なことに関してはしっかりNOを叩きつけてもいいです。

介護職によく言われる「やりがいのある仕事」というのも、別に他の仕事もやりがいはあります。

別に介護職だけ特別ではないです。

結局そういうキラキラワードで洗脳して安くたくさん働かせようとする国や施設の思惑にすぎません。

で同じようなことを他の業界がしたら普通に崩壊しますよね。

介護職だから許されることでもないですし、そういう風潮が残っているところに限界を感じます。

【福祉】介護職は「特別な仕事」ではなくて「普通の仕事」である理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

ネットの影響で悪い口コミは簡単に拡散される

 

あと言ってしまえば今はネット社会です。

介護業界の不道徳的な扱いが出て来たら今は簡単に拡散されます。

中の職員に対して不条理を働いた施設が出たら被害者がネットで暴露したら簡単に経営危機に追い込まれます。

そして最近のニュースで「福祉の仕事をしている人が一斉退職した」みたいな話を聞きますけど、これに影響されてブラックな施設が一気に人手を失うリスクがあります。

はっきり言って個人が発信できるようになってその影響力で一つの施設を潰すことができるような時代です。

恐ろしい話ではありますけど、逆に働く側としては大きな守る力になっているのも事実です。

ネット社会においては企業のクリーンさが求められます。

閉鎖的な世界で搾取するみたいなことが通用しなくなってしまいます。

実際に介護職が施設の名前を出していないのですけど、それが名前を出して避難し始めたらどうなるんですかね?

訴訟とかで対応するかもしれませんが、悪いイメージを払拭するのは難しいと思います。

介護施設がネットでのブランディングに長けている訳ではないですし、逆に脅威になることが多いと思います。

逆にネットでの発信に力を入れている施設はどんどん成長していくと思いますね。

【施設のファン化】信用経済に早乗りした介護施設がこれから生き残っていく どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

個人の介護職が幸せに働くために

 

先ほどまで「介護職が幸せに働けない施設に先はない」みたいなことを書きましたけど、介護職視点でこの項目は書いていきます。

ポイントとしては以下の通りです。

・ストレスが大きい職場からは離れる

・複数の収入源を確保する

・常に変化を続ける

それでは以下より解説していきます。

 

ストレスが大きい職場からは離れる

 

自己犠牲という考え方って基本的に施設の方針であって、本人が本当に支度しているのか?と言われたら疑問です。

自発的に仕事をしている人ってそこまで多くはなくて

・施設の方針であるから

・上司から指示をもらった

・利用者のニーズを全部汲み取ろうとする

という要因が多いです。

介護職はなかなか自分の仕事をコントロールする術を持っていないのでどんどんストレスは溜まる一方です。

あと人に直接サービスを提供する仕事である性質から理不尽なことが多くてストレスが他の仕事よりもたまりやすいです。

人間は理不尽な生き物でなかなか自分の思う通りに物事が進みません。

それが面白いところでもあるのですけど、見通しを作れないというのはなかなかきついものがあります。

介護士はストレスが溜まりやすい環境だと思う理由について解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

でもそれも施設の方針によって様々で自分に合う施設は必ずあると思っています。

基本的に置かれる環境でほとんど決まってしまいます。

「どこにいっても通用しない」みたいなことをいう人は根拠もないマウンティングをしているだけですからね。

なので「ここは合わないな」と思ったら次の職場を探してもいいと思います。

まずは自分のストレスを小さくして精神的余裕を作ることが大事だと思っています。

 

複数の収入源を確保する

 

言ってしまえば「副業をしよう」ということです。

今は副業が解禁されて副業ブームが来ています。

僕自身も副業で稼いで今は独立をしたのですけど、この副業が与える安心感は大きかったです。

「これならいつ転職したり退職しても大丈夫」という安心感は精神衛生上に良かったです。

特に介護職の給料が低くて、将来に関して強い不安を持っていた時期とは違って副業である程度稼げたら、仕事を純粋に楽しめるようになりました。

やっぱりお金の不安を持ちながら働いていると、楽しいはずの仕事も楽しく無くなります。

実際に「介護の仕事は好きだけど続けられない」みたいな人は多いです。

そういう人たちは他の収入源があればもっと介護の仕事を楽しめると思っています。

副業に関しての記事もありますのでもし良かったら読んでみてください。

【副業】介護士にオススメの副業(Wワーク)を副業で100万円稼いだ経験から紹介していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

常に変化を続ける

 

介護士であろうとこれから時代は変化して働き方も多様化していくのでその流れに合わせて自分も変化したほうがいいと思います。

僕自身も副業時代の波に乗ってある程度の生活の余裕を作ることに成功しました。

特に変化がここ最近は激しくて、業界内外はどんどん変わって来ています。

介護業界も例外ではなくて、これから間違いなく大きな転換期が来ます。

その時に備えて自分のスキルや知識を磨くのもいいですし、いろいろなことに挑戦したほうがいいと思います。

別に「今のままで満足している」ならいいと思いますけど、「今の自分じゃ不満」という人はどんどんトライするべきです。

別にいきなり「副業しろ」とか「転職しろ」とは言いません。

それでも転職サイトに登録してみるとか読書をするとかの一歩でもいいと思います。

転職をして福利厚生や収入を上げて自由時間を増やしていこう

 

介護職は比較的低賃金で整っていない福利厚生で働いている人が多いのですけど、中にはしっかりした給料と福利厚生がある施設も存在します。

なのでそういう施設に行き着くまで転職を重ねる事をオススメします。

「転職を何回もすると履歴書に傷がつく」という声があるのですけど、その時は派遣を使っていろんな施設で働いてみるのがいいと思います。

中の職員に年収や福利厚生の事を聞いて「ここいいな」と思ったら派遣会社に「ここで正社員で働きたい」

僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。

その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。

特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。

僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。

僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。

 

派遣として働くメリット
  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットについて現役派遣介護士が解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴
  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

マイナビ介護職

マイナビは転職の王道中の王道。
 
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
転職に安定性を求めたい人はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 
 
マイナビ介護職の特徴
  1. 大手で非常に安心できる
  2. キャリアカウンセリングが非常にありがたい
  3. 大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側の信頼が絶大

大手の安心感が欲しい人は「マイナビ介護職」がオススメです。

「マイナビ介護職」について詳しく知りたい方は別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

【転職】マイナビ介護職の求人の評判・口コミはどうなの?現役介護士が解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

 

 

きらケア介護派遣

 
きらケアは転職の王道中の王道。

 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴
  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【まとめ】『きらケア介護派遣』の口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...
 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・自己犠牲の精神が満映しているままだと一生発展しない

・介護士個人が幸せに働けないと未来はない

・業界の変化を待つよりも自分で先に行動して刺激を受けるのもいい

僕自身は結構多動気味で今のようになるまであれこれ手を出して来ましたけど、基本変化することは楽しいと思っています。

別に業界が潤わなくても自分が潤えば満足して働くことはできると思っています。

そして業界が潤うのがこれ先くるのか?来るとしても何年後なのか?知らないまま働き続けるのはきついです。

それで何も変化がなければ「期待を裏切りやがって!!」と逆上しそうです。

それなら主体的に自分を変えていくのがいいと思います。

でも個人的にも介護業界が潤う業界になってほしいというのは思っています。

そのための発信でもあります。でもそれ以上に個人が潤うことのほうが大事だと思っています。

副業や転職は個人が潤う上では必須ではないか?と思っています。

与えられるのを待つのではなくて、自分が掴み取りに行きましょう。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

 

正社員として働きたい介護職の人は「マイナビ介護職 」をお勧めします。

 

マイナビ介護職に無料登録